男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

新日本プロレス

1・4 新日本メインイベント感想&雑感。ケニー・オメガにとっての東京ドーム。

メインイベント IWGPヘビー級選手権試合 ◯棚橋弘至39分13秒 ハイフライフロー→片エビ固め✕ケニー・オメガ※ケニーが4度目の防衛に失敗。棚橋が第67代王者となる 棚橋とケニーのイデオロギー闘争が試合前は全面に押し出されていたIWGPヘビー級タイトルマッチ。…

1・4 新日本プロレスネット観戦記後半戦。クリス・ジェリコのマッチョポーズ炸裂!「フユキサーン!」

というわけで冬休み最終日なんですが、私は絶賛インフルエンザ中なので後2日ほど休まざるを得ないというか。というわけで粛々と1・4東京ドーム見ていきます。前半戦はこちらから。 今回はメイン前までです。 otokoman.hatenablog.com // 第六試合 IWGPジ…

1・4 新日本プロレスネット観戦記前半戦。飯伏幸太VSウィル・オスプレイ、衝撃からの衝撃。

あけましておめでとうございます。私事ですが、私ガッツリインフルエンザに罹患しまして絶賛自宅療養中です。予定としては1・3全日本後楽園、1・4東京女子後楽園には行く予定だったのですがどちらも叶わず。特に1・4東京女子に関しては当日キャンセル…

RollingStoneサイトでのケニー・オメガ、棚橋弘至インタビュー比較感想。1・4,2人の対立軸について

// 新日本プロレス、2018年の興行は終了し、1・4東京ドームまであと10日ほどとなりました。 その状況の中、1・4でIWGPヘビー級選手権を闘うチャンピオン、ケニー・オメガとチャレンジャー・棚橋弘至のインタビューがカルチャー系情報サイトの「ROL…

2018年 東京スポーツ・プロレス大賞MVPは棚橋弘至!プロレス大賞のシステム、問題点について書きました。

今年も毎年恒例、東京スポーツが選定するプロレス大賞が発表されました。ラインナップは以下の通りとなっております。 // 最優秀選手賞(MVP):棚橋弘至(新日本) 年間最高試合賞(ベストバウト):オカダ・カズチカ×ケニー・オメガ(6月9日/新日本・大阪…

11月19日 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で内藤哲也登場。プロレス少年の顔とプロレスラーと。

11月19日、NHKで放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀▽少年の夢、リングの上へ~プロレスラー内藤哲也」を見ました。 基本的に今年、レスラーが取り上げられるTV番組は極力見るようにしていて、棚橋出演の情熱大陸、映画ですが「パパはわるものチ…

ダイナマイト・キッド死去で脳裏に蘇る。あのときの全日本プロレス。

プロレスラーのダイナマイト・キッド(本名トーマス・ビリントン)が2018年12月5日、60歳の誕生日を迎えたその日に亡くなった、と報道されました。 www.nikkansports.com ダイナマイト・キッドといえば有名なのはなんといっても有名なのは藤波辰巳…

ケガとスタイル。スポーツ報知のケニーVS棚橋舌戦記事で感じた違和感。

10・8新日本プロレス両国大会の感想は前日書きましたが、その翌日会見を扱ったスポーツ報知の記事を読んでだいぶ違和感を感じた部分があったので、今回はそのことについて書きます。記事はこちら。これを書いた記者は中村健吾氏、とあります。 www.hochi.…

10・8 新日本プロレス両国国技館大会雑感。ベクトルは1・4へ。ケニー・オメガVS棚橋弘至、イデオロギー闘争!

10・8両国国技館大会、新日本プロレスワールドで観戦しました。恒例の両国国技館。今回の目玉はなんといってもIWGP、3WAYタイトルマッチ。他にもパレハ発表、Jrヘビー級王者決定トーナメント決勝、権利書防衛戦など色んな要素が詰まった大会となりました…

映画「パパはわるものチャンピオン」感想。ただただ木村佳乃だけ見てました!完璧!(木村佳乃は)

もうすぐ公開終了、ということで「パパはわるものチャンピオン」を見にTOHOシネマズ新宿に行ってきました。この映画は2011年に発売された絵本「パパのしごとはわるものです」とその続編「パパはわるものチャンピオン」を原作として、主演は新日本プロレ…

10・1 新日本プロレスカリフォルニア大会振り返り。海外戦略進行中!

新日本プロレス10・1アメリカ・ロングビーチで行われた『FIGHTING SPIRIT UNLEASHED』はかなりの盛り上がりを見せました。チケットはソールドアウトには及ばなかったようで客席にはぽつぽつ空席がありましたが(観客動員は3000人。満員で4000人ほ…

情熱大陸「棚橋弘至」感想。棚橋は新日本プロレス初のアイドルだった。

9月30日深夜0:20から(本来23:30からのはずでしたが、バレーボールで延長になったためこの時間に。「プロレス総選挙」といい、延長に泣かされる宿命のプロレス番組・・・。)放送された情熱大陸。棚橋弘至の回を見たので感想をつらつらと書いて…

9・15を終えて。新日本プロレスの世界メディア戦略のキーはケニー・オメガVS飯伏幸太!

先程ケニー・オメガVS石井智宏を見終えました。石井のタフネス、そこにケニーがありったけの技を撃ち込んでいく、という30分超えの試合で最後はケニーが石井を片翼の天使で仕留めた、いわゆるいい試合でした。 石井智宏という不思議な選手。たまにクローズ…

8・13 G1クライマックス28決勝戦徹底検証。棚橋弘至VS飯伏幸太戦全攻防書き起こし!

一月に渡って開催されたG1クライマックス28は棚橋弘至の勝利で幕を閉じました。しかしその道程は苦しいもの。初戦の7・14鈴木みのる戦では勝利したものの試合全編に渡って足攻めをされて悶絶、逆回転のドラゴンスクリューという危険な技からなんとか勝…

棚橋通過!G1クライマックス28 大人の闘い、Aブロック振り返り。

8・12に終わったG1クライマックス。結局棚橋弘至優勝、という結果に終わりました。しかし以前の棚橋ではなく、満身創痍の中で自分と折り合いをつけた上での勝利。時の流れと人間らしさを感じる優勝でした。というわけでAブロックの振り返りを行っていきま…

飯伏幸太トップ通過!G1クライマックス28 激戦のBブロック振り返り。

8・12日本武道館大会で幕を閉じたG1クライマックス28。棚橋弘至の優勝で幕を閉じました。というわけで、今回のG1クライマックス28を振り返るべくこのエントリを作成してみました。まあ、感想載せてた所を整理してダイジェストへのリンクを張り、目次…

2018・8・11新日本プロレスでの再戦に向け、2012・8・18 DDTでの飯伏幸太VSケニー・オメガを振り返る。

いよいよ本日!新日本プロレス日本武道館大会で飯伏幸太VSケニー・オメガが実現!6年ぶりの一騎打ちとなるわけですが、実際飯伏が新日本とDDT二団体所属になってからフェイドアウトしたときにはまさか再び二人のシングルが見れるとは思わなかったわけで。し…

7・19 NHK「クローズアップ現代プラス」プロレス特集実況まとめ。新日本プロレス&プロレスリング紫焔特集。

7月19日、NHKのクローズアップ現代+で午後10:00から、プロレス特集が放送されました。ちょっと録画ができない状況だったのでツイートしながら見てましたので、ツイートベースで振り返っていこうと思います。 www.nhk.or.jp クローズアップ現代視聴…

7・15 新日本プロレス大田区体育館大会。Bブロック初日、飯伏VSザック、ケニーVS内藤!

とりいそぎBブロック初日を新日本プロレスワールドで見たのでレポートと観戦記を。なんかとりとめもなく長くなってしまったので忙しい方はそれぞれの試合の最後のところだけお読み下さい。 第6試合 30分1本勝負「G1 CLIMAX 28」Bブロック公式戦 石井 智宏【1…

7・16新日本プロレス札幌大会雑感。Aブロックのメインは2日連続でジェイ・ホワイト!

というわけでAブロック2日目。初日はオカダ、みのる、YOSHI-HASHIが揃って負けるという意外過ぎる結果。巻き返せるか!というわけでいってみましょう。 ちなみにAブロック基本情報はこちらから。 otokoman.hatenablog.com // 第6試合 30分1本勝負 「G1 CLIM…

G1クライマックス開幕!7・14大田区大会公式戦観戦記。今日はジェイ・ホワイトの日。

リアルタイムでは見れませんでしたが、新日本プロレスワールドで7・14大田区体育館大会の公式戦部分のみ観戦しました。この日はAブロック公式戦。詳細情報はこちらから。 otokoman.hatenablog.com では公式戦感想はこちらから。全5試合。最後に波乱が待…

絶賛開催中!G1クライマックス28,Bブロック情報まとめ。ケニー、内藤、飯伏、ザック、大混戦の予感!

ついに7・14に開幕したG1クライマックス。Aブロックはいきなりオカダが敗北を喫するなど波乱の幕開けとなっていますが本日はいよいよBブロック公式戦。こちらも情報をまとめてみました。Aブロックとともに参加選手、日程とカードに加え、個人的注目ポイン…

いよいよ開幕!G1クライマックス28、Aブロック情報まとめ。オカダ、みのる、棚橋三つ巴?

いよいよ7・14から開幕のG1クライマックス。予習のために情報をまとめ・・・ようと思いましたが参加選手全20人、全19大会と1エントリにまとめるにはかなり膨大なのでブロックごとに分けてみました。参加選手、日程とカードに加え、個人的注目ポイン…

2018年6月18日死去。ビッグ・バン・ベイダーを振り返る。

ビッグ・バン・ベイダーことレオン・ホワイト氏が亡くなりました。享年63歳。私自身が四十路を迎えている今、憧れのプロレスラーが引退し、亡くなり、というニュースにも慣れてきてしまいましたが、それでもベイダーがいなくなった、というのは結構なニュ…

「相席食堂」で長州力の散歩ロケに千鳥がツッコむ!長州クソぶっかけられる!

5月20日、5月27日にABC系列で放送された「相席食堂」で、長州力の散歩ロケというレアなものが見れたので紹介します。 ちなみに、「相席食堂」とは、毎回2人のゲストが田舎町を旅して、地元の食堂で地元民と相席してご飯を食べながら話を聞く、という…

5・15新日本プロレス「LION'S GATE」ネット観戦記。超あっさり興行爆誕!

そうだ!新日見よう!というわけで、LION'S GATEの5・15大会を新日本プロレスワールドで観戦。というわけでざっくり感想です。 第1試合 10分1本勝負 辻 陽太 (10分00秒 時間切れ引き分け)上村 優也 両者とも先月のLION’S GATEでデビューした2人のシン…

4・29新日本プロレス熊本大会 鈴木みのるVS内藤哲也、ヒールとしての凄みを見た。

試合前の舌戦で話題を集めたこの一戦。両者ともいつも通りの入場。会場人気は少し内藤が上か、という声援の中ゴング。静かに試合が始まります。 まずみのるを場外に投げた内藤が恒例の寝そべりポーズ。そしてリングインした鈴木から避けるため内藤が場外に逃…

中邑真輔ヒールターン!フェイスペイント案を真剣に考える。

というわけで熱狂(途中まで)のうちに終ったレッスルマニア34。日本人的にはASUKAがタイトル奪取失敗。中邑もAJに敗北してタイトル奪取失敗と残念な結果になってしまいましたが、しかし衝撃的だったのが中邑真輔のヒールターン。AJとの激闘を終えた中邑が…

いよいよあと9時間!WWE レッスルマニア34!中邑真輔!ASUKA!

明日の朝8:00からレッスルマニア34が放送されます。そこに出場する中邑真輔、ASUKA。日本人レスラーとしてレッスルマニアに出場した選手は今まで何人もいますが、シングルでWWEのタイトルマッチで、というのは初めて。しかも男女二人共タイトルマッチ…

4・2 オカダカズチカVSザック・セイバーJr. ほろ苦い勝利。薄氷の防衛。

4・2新日本プロレス両国大会で行われたオカダカズチカVSザック・セイバーJrのIWGP選手権試合を先程新日本プロレスワールドで見ました。生で見たかったんですが、会社の草野球大会があったのと、どうしてもオールスター後夜祭のことを記しておきたかったの…