読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

ダイエット日記はこちらから。ただの記録です。

8月22日 立川流日本橋亭昼席。談四楼、左談次、立川流寄席育ちの底力。

落語

夏の暑い一日でしたが、立川流日本橋亭昼席に行ってきました。

お江戸日本橋亭は他に講談・落語の定席が行われてます。

立川流一門会のスケジュールはこのページから。

 

外観はこんな感じ。コレド室町の近くにあります。

f:id:otokoman:20140822123847j:plain

入り口の前には、主な出演者の看板が。宣材写真が若い!

f:id:otokoman:20140822123822j:plain

今日の番組はこんな感じでした。

立川こはる 道灌

立川らく朝 短命

立川談四楼 もう半分

仲入り

立川吉幸  幇間腹

立川談修  芋俵

立川左談次 八五郎出世

 感想としてはベテラン二人が良かった。(まあ、そこ目当てで行ってるんですが)芸が強いというか、聞き手を引き込む力が強いように感じました。

仲入り前の談四楼「もう半分」寄席の短い時間で老人の財布をくすねる居酒屋夫婦の心情が浮かび上がってくるし、なにより老人が美味しそうに酒を飲む描写がたまらない。さすが酒好き。

そしてトリの左談次。「八五郎出世」を軽やかにやっていて、時事ネタもはさみこみ心地よいリズムで聞けた。軽妙で嫌味が無いので、ずっと聞いていたくなる。流石の貫禄で気負いも無く、淡々とやっているようなんだけど引き付けられる。

 

立川流は寄席が無い、新しい、若く破壊的な人材が多いとか色々言われるけれど、寄席を知っているメンバーがしっかり面白い。個人的には談四楼、左談次、龍志、談幸のためだったらまた足を運ぼうと思う。

談志が死んだ

談志が死んだ

 
増補 談志が死んだ

増補 談志が死んだ

 

関連記事

あけましておめでとうございます。一月一日「こしらの集い」お江戸日本橋亭 - 男マンの日記

立川談春「赤めだか」がドラマ化するので読み直してみました。爽やかでほろ苦い落語青春ストーリー。 - 男マンの日記

2・22 立川談四楼「オールナイトで談四楼7」行ってきました。これがほんとの深夜寄席! - 男マンの日記