読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

あけましておめでとうございます。一月一日「こしらの集い」お江戸日本橋亭

落語

あけましておめでとうございます。

年も明けましたが、今年も去年とあまり変わらずにやっていけたらと思います。

f:id:otokoman:20150101201854j:plain

 というわけで正月からいきなり落語会。

 

2014年にいきなり休業→復帰、というお騒がせっぷりを見せた立川こしら独演会に行ってきました。結局復帰記事書いてからこれが初めての生こしら。

祝!立川こしら復帰! - 男マンの日記

場所はお江戸日本橋亭。少し遅れて入りましたがほぼ満員。正直、これだけ大入りの日本橋亭初めて見ました。さすがの集客力。

 演目は

  • こしら  前説
  • こしら 「厩火事」

仲入り

  • こしら「てんとう虫」※新作
  • こしら「厩火事 序」

とにかく前説が長くて面白い。早速1月1日からいきなり来年の展望を話したあと、休業中にやっていた農業話からレモングラス販売・田植えツアー・グッズ販売と、後から後から怪しげな儲け話を通販番組のように紹介していくうさんくささがさすがこしら師。他にもブログのアフィリエイト話(「ブログは本文読んで最後に広告をクリックするまでがワンセット!」という名言も飛び出してました)占い師を始めた話などとにかくいろんな話が飛び出し、結局一時間くらい話してたのか、後半は聞きながら笑いっぱなしでした。とにかく真打になってからも怪しげな儲け話に乗る気マンマンのこの貪欲さ、軽さ。やはり変わってないなとホっとしました。

 

落語部分に関してはネタバレになるんであまり触れないようにしますが、とにかく最後の「厩火事 序」が凄かった。芝浜かと思いきや鼠穴、千両みかん、文七元結、さまざまな古典の名作をめぐって最後にそこか!っていうオチ。落語を編集するだけじゃなく、ちゃんと爆笑部分を沢山作ってるところが凄い。客を引っ張っていく話術とあいまって、本当に観客が爆笑の渦に包まれてました。いや~、面白かった。

去年は色々お騒がせだったこしら師、今年は落語7、お騒がせ3くらいの割合で活躍を期待してます。色々予定入ってるみたいなので、近いうちまた行こうかと思ってます。

 

関連記事

8月22日 立川流日本橋亭昼席。談四楼、左談次、立川流寄席育ちの底力。 - 男マンの日記

2・22 立川談四楼「オールナイトで談四楼7」行ってきました。これがほんとの深夜寄席! - 男マンの日記

来年志の輔らくご、先行抽選はじまってます。 - 男マンの日記