読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

5周年記念!今までの太田プロ総選挙を振り返る(前半)。上島竜兵、前田敦子、神無月、ターザン山本、川田利明!

さて、今年も行われたAKB総選挙。私もフジテレビで見ていましたが、副音声だと会場音声のみで見れるという情報を手に入れていたために結構快適に見れました。

 

そしてAKB総選挙といえば、既に風物詩となっている太田プロ総選挙。まあ正直有吉弘行が勝手に太田プロのタレント(文化人枠・スポーツ枠の人たち含む)をランキングしてAKB総選挙と同時期にぶつけるという企画。最初は有吉のツイッターでひっそりと始まり、その周のラジオ「有吉弘行のSunday Night Dreamer」で大イベントであるかのように結果発表、「何を架空のランキングを延々と発表してんだ!頭おかしいのか!」というリスナーからのハガキで突っ込まれる、という流れが定番でした。

しかし、有吉再ブレイクによりツイッターフォロワー数が400万人(!!)に達したこともあり、今年はヤフーニュースのトップになるなどかなりの影響力を及ぼすものになってしまいました。来年はやらないかもみたいな発言を本人もしていることですし、ここでこれまでの太田プロ総選挙を個人的に振り返ってみます。ちなみに順位はオリコンスタイルに載っていたものを引用しています。真面目か!

www.oricon.co.jp

  • 第一回太田プロ総選挙(2011)

1位 上島竜兵(ダチョウ倶楽部)
2位 前田敦子(AKB48)、山田邦子
3位 大島優子(AKB48)
4位 神奈月
5位 有吉弘行
6位 ターザン山本
7位 高島礼子
8位 松村邦洋
9位 片岡鶴太郎、つるの剛士
10位 ナオミ・キャンベル
11位 指原莉乃(AKB48)
12位 土田晃之
13位 渡嘉敷勝男、川田利明
14位 山本寛斎
15位 北原里英(AKB48)
16位 寺門ジモン(ダチョウ倶楽部)
17位 劇団ひとり
18位 柳原加奈子
19位 ノッチ(デンジャラス)
20位 肥後克洋(ダチョウ倶楽部)

 有吉のツイッター上でひっそりと始まった太田プロ総選挙。開始当時はなかなかカオスなランキングになっています。上島に続くのは山田邦子、お笑いのベテランの次にはAKBのツートップ前田、大島(ちなみにこの年のAKB総選挙では前田一位、大島二位)とここまでは順調ですが4位が神無月。有吉に続き6位ターザン山本。10位ナオミ・キャンベル、13位には同率で元ボクサーの渡嘉敷勝男とプロレスラー、川田利明、14位山本寛斎と、タレント以外のランクインが目立ちます。ちなみに土田が12位、劇団ひとりが17位、柳原可奈子が18位と今活躍しているお笑い芸人は低め。かなりネタ度の強いランクになっています。

  • 第二回太田プロ総選挙(2012)

1位 上島竜兵(ダチョウ倶楽部)
2位 山田邦子
3位 前田敦子(AKB48)
4位 有吉弘行
5位 片岡鶴太郎
6位 大島優子(AKB48)、劇団ひとり
7位 松村邦洋
8位 山本寛斎、土田晃之
9位 笑福亭笑瓶
10位 指原莉乃(AKB48)
11位 ターザン山本
12位 彦摩呂、柳原可奈子
13位 寺門ジモン(ダチョウ倶楽部)
14位 川島なおみ
15位 デンジャラス
16位 肥後克広(ダチョウ倶楽部)
17位 ヤマザキモータース
18位 横山由依(AKB48)
19位 北原里英(AKB48)
20位 神奈月

続いて開催された第二回。一位・二位は上島、山田邦子と変わらず。前回に比べて劇団ひとり、土田晃之、柳原可奈子など、芸人が軒並みランクアップしているのが目立ちます。AKBでは横山由依が初登場。ちなみにこの年、前田敦子がAKB卒業を表明。総選挙を辞退したため大島優子が1位になっています。そしてターザン山本が11位、川田利明、渡嘉敷勝男が圏外と苦しい闘いを繰り広げる文化人枠の中で山本寛斎が8位。笑福亭笑瓶、ヤマザキモータース、デンジャラスが初登場。

   
  • 第三回太田プロ総選挙(2013)

1位 大島優子(AKB48)
2位 上島竜兵(ダチョウ倶楽部)
3位 有吉弘行
4位 前田敦子
5位 片岡鶴太郎
6位 中村橋之助
7位 劇団ひとり
8位 土田晃之、松村邦洋
9位 神奈月
10位 指原莉乃(HKT48)
11位 山田邦子
12位 ターザン山本
13位 つるの剛士
14位 横山由依(AKB48)
15位 川田利明
16位 ノッチ(デンジャラス)
17位 川島なお美、渡嘉敷勝男
18位 酒井健太(アルコ&ピース)
19位 入山杏奈(AKB48)
20位 山本寛斎

 ついにトップ交代!大島優子が一位になっています(ちなみにAKB総選挙では2位。1位は指原でした)上島はしぶとく2位でしたが、山田邦子は一気に11位に転落。そしてここで中村橋之助が突然6位にランクイン。ターザン山本12位、川田利明15位とプロレス勢健闘の中、アルコ&ピース酒井、AKB入山が初登場。アルコ&ピースは前年のTHE MANZAIで「忍者」のネタをやりプチブレイク、入山はめちゃイケの学力テストで一位となりこちらも名前を売っていました。このように現実の情勢が少しづつランキングに反映されているのも興味深いところ。去年20位とがけっぷちだった神無月が9位と一桁順位に。意地を見せています。意地?

オレは絶対性格悪くない!

オレは絶対性格悪くない!

 

 ここらへんから一気に知名度が上がってきた印象がある太田プロ総選挙。続きは次回!

関連記事

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com