読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

5周年記念!今までの太田プロ総選挙を振り返る(後半)強さを見せる上島竜兵。前田敦子、大島優子は?そしてアルコ&ピース平子に事件が!

お笑い イベント ラジオ

さて後編は2014年から。順位は前回と同じくオリコンスタイルから引用してます。

 

www.oricon.co.jp

  • 第四回太田プロ総選挙(2014)

1位 大島優子(AKB48)
2位 前田敦子
3位 有吉弘行
4位 上島竜兵(ダチョウ倶楽部)
5位 劇団ひとり
6位 具志堅用高
7位 山田邦子
8位 神奈月
9位 片岡鶴太郎
10位 土田晃之
11位 指原莉乃(HKT48)
12位 笑福亭笑瓶
13位 柳原可奈子
14位 ナジャ・グランディーバ
15位 横山由依(AKB48)
16位 つるの剛士
17位 平子祐希(アルコ&ピース)
18位 入山杏奈(AKB48)
19位 吉川正洋(ダーリンハニー)、北原里英(AKB48)
20位 川島なお美

 ここらへんからネットニュースに取り上げられることが増え、大きい話題になり始めた第四回。オリコンスタイルに乗り始めたのもこの年からになります。

1位の大島優子はこの年でAKB卒業。2位はAKBOBの前田敦子と、元AKB勢へのエールともとれる順位となっています。1位、1位、2位と遷移してきた上島竜兵はついにベスト3から陥落。肥後、寺門もランク外と、ダチョウ倶楽部には逆風が吹くランキング。そして新鋭としては14位にはナジャ・グランディーバ、17位にアルコ&ピース平子、19位にダーリンハニー吉川。

   

 

ちなみにナジャ・グランディーバは2014年から太田プロ所属になっています。そして気がつけばターザン山本、川田利明の名前も消え、かなり芸人が増えてきた選挙結果となっています。今までで一番ガチ度が高いというか、現実に則した結果になっているという印象です。そして神無月の安定感。

  • 第五回太田プロ総選挙(2015)

1位 上島竜兵(ダチョウ倶楽部)
2位 有吉弘行
3位 前田敦子
4位 片岡鶴太郎
5位 神奈月
6位 劇団ひとり
7位 寺門ジモン(ダチョウ倶楽部)
8位 平子祐希(アルコ&ピース)
9位 指原莉乃(HKT48)
10位 松村邦洋
11位 土田晃之
12位 川田利明
13位 大島優子
14位 具志堅用高
15位 川島なお美
16位 横山由依(AKB48)
17位 柳原可奈子
18位 つるの剛士
19位 吉川正洋(ダーリンハニー)、笑福亭笑瓶
20位北原里英(AKB48)

 そしていよいよ今年です。上島竜兵が首位返り咲き、寺門ジモンが7位とダチョウ倶楽部が盛り返す(肥後は選挙辞退)中、大島優子がまさかの13位と波乱のランキングになっていますが、注目は有吉弘行の2位。今まで5位→4位→3位→3位と遷移してきた有吉がとうとう2位に食い込んできました。来年はいよいよ念願の1位に輝くのか?そして意外なところとしてはまさかの川田利明が12位に再登場。14位の具志堅用高とともに格闘技勢が盛り返してきました。

しかしここでトラブルが。去年から一気にランクアップして8位に食い込んだアルコ&ピース平子に何と賄賂疑惑が発生します。

それに対して平子も弁明するが

選挙結果発表後にはこんなトラブルに。

そしてこんなことに・・・。

 

と、このように今年も幕を閉じた太田プロ総選挙。確かに悪ふざけだった(今もですが)第一回などから見ると影響力もついてしまい、わりとリアルタイムの状況を反映してきたりして色々やりにくいことも出てきていると思います。ただ今年はそれを逆手に取って選挙違反ネタを仕込むあたりがさすが。そろそろ辞めるかも、みたいなニュアンスの発言も本人ラジオでしていましたが、来年も是非自作自演ツイッターコントで私を楽しませてください!楽しみにしてます、わりと本気で!

お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)

お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)

 

  関連記事

otokoman.hatenablog.com