読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

8・7 新日本プロレス浜松大会。いよいよオカダが単独トップに。そしてガンスタンならぬこけスタン炸裂!

プロレス 新日本プロレス

新日本プロレス浜松大会を観戦しました。今回もジムで走りながらの視聴。正直更新が渋滞しつつあるのでサクサクいきます。サクサク更新。

 

第5試合 「G1 CLIMAX 25」Bブロック公式戦

◯マイケル・エルガン(4勝2敗=8点)
[11分02秒]エルガンボム→エビ固め
✕永田 裕志(1勝5敗=2点)

エルガンがコーナーへのパワーボムからのエルガンボムで4勝目。そして永田は1勝と明暗がわかれたこの試合。アームロックに入り「白目」コールが起こったときにすぐさまエスケープし、白目を許さなかったエルガンの作戦勝ちというべきでしょう。

 

第6試合 「G1 CLIMAX 25」Bブロック公式戦

◯“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン(4勝2敗=8点)
[11分37秒]ガンスタン→片エビ固め
✕本間 朋晃(0勝6敗=0点)

今度こそ勝てるか?本間がアンダーソンを寝かせ、トップロープからのこけしを狙ってコーナーから飛んだ瞬間、アンダーソンが立ち上がって落ちてくる本間を捉えてのガンスタンで3カウント。ガンスタンならぬ「こけスタン」という新技が誕生した瞬間でした。本間は今年どこかで勝てるのか?

 

第7試合 「G1 CLIMAX 25」Bブロック公式戦

◯後藤 洋央紀(4勝2敗=8点)
[12分39秒]昇天・改→片エビ固め
✕小島 聡(2勝4敗=4点)

 後藤が裏昇天からの昇天・改で勝利。それ以外にあんまり話題のない試合ではありました。まあこんなもんでしょう。

   

第8試合 「G1 CLIMAX 25」Bブロック公式戦

◯中邑 真輔(4勝2敗=8点)
[10分36秒]ボマイェ→片エビ固め
✕高橋 裕二郎(2勝4敗=4点)

裕二郎は今回ディーバ同伴なし。そのせいかわかりませんがあっさりボマイェで敗北。やはりディーバなしではテンションが変わってくるんでしょうか。というかどちらかというとこちらのテンションが変わってくるって話ですが、そこらへん新日本プロレス側には考えていただきたい。浜松だからって手を抜かないでいただきたい、切にそう思う次第であります。

 

第9試合 「G1 CLIMAX 25」Bブロック公式戦

◯オカダ・カズチカ(5勝1敗=10点)
[17分07秒]レインメーカー→片エビ固め
✕石井 智宏(4勝2敗=8点)

 石井とのゴツゴツとした熱戦を制し、レインメーカーでオカダが勝利。セミまではあっさり目の試合が続きましたが、さすがにメイン。両者の持ち味の出た試合になりました。最後はオカダのドロップキック⇒ジャーマンスープレックスからグリップを持ち替えてのレインメーカーで3カウント。レインメーカーに入るパターンをいくつも持っているのがオカダの強みかと思います。これで単独トップ。

これで1敗がオカダ、2敗が石井、中邑、アンダーソン、後藤、エルガン。2敗勢が5人と混戦になっていますが、そしてエルガンがなにげに2敗でとどまっているのに今驚きました。

もえプロ?スペシャル オカダ・カズチカ

もえプロ?スペシャル オカダ・カズチカ

 

 オカダの今後の対戦相手は永田、中邑、裕二郎。ここは裕二郎に番狂わせを期待したいところ。そしてなにげにオカダ、中邑との対戦を終えているエルガンが優勝候補に浮上してきました。地方興業も終わり、8・9横浜をはさんで後楽園、両国となだれこむG1クライマックス。まだまだ混戦です。

関連記事

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com