読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

『KAMINOGE vol 46』読みました。村上と柴田の9年ぶりの再会、期待膨らむ飯伏自伝話など。魔界倶楽部ファンは読むべし!

プロレス 読書

 『KAMINOGE vol 46』読みました。目次はこちら。

今回、公式のFacebookに目次が載ってませんでした。やはり忙しいんだろうか・・・。

 

[INTERVIEW]

■鈴木みのる×中村あゆみ

■村上和成×柴田勝頼

■飯伏幸太

■苫米地英人

■ケンドー・カシン×青木真也×澤田敦士

■長州力

■マッスル坂井

変態座談会

■玉袋筋太郎“ミスターデンジャー”松永光弘変態座談会

伝説のバルコニーダイブ!ピラニア!火だるま!
学生時代から破天荒だった男はいかにして
W★INGのデスマッチ最前線に立ったのか!

連載記事
★『鈴木みのるのふたり言』
★『カシン&アサシンズの三者三様AKB』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記~できれば強くなりたかった~』
★岡倫之『オカロード番外編』
★兵庫慎司『プロレスとまったく関係なくはない話』
★いつみおママの『徳川15代を学び直そう』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』

 今回の目玉はやはり村上和成と柴田勝頼対談。ビッグマウスラウド、魔界倶楽部と、今の柴田を構成する要素を作り上げてきた村上。その時の裏事情、上井氏の人間性、会社の経営事情等。柴田がその時知らなかった事もたくさんあり、何故知らなかったかの理由も明かされる、という号泣モノインタビュー。村上の親分感が凄い。そして魔界倶楽部巡業話。デタラメな内幕にほっこりします。詳細を単行本とかにして語って欲しいくらいの濃い対談でした。

 

そして飯伏インタビュー。自伝を執筆する小島和宏氏と井上崇宏氏。そして担当編集の澤田氏も参加しての対談形式。自伝は「最強編」,「最狂編」の2篇に別れ、最強編を小島氏、最狂編を井上氏が執筆。その中に登場するエピソードと共に色々語っていたのですが、ありえない離乳食の話、首から突き刺さる描写の多さ、お母さんが◯◯◯◯、など、色々と期待の膨らむエピソード。自伝の発売は10月28日。

   

その他にも鈴木みのる×中村あゆみ対談、松永光弘対談が良かったです。しかしシン×青木真也×澤田敦士対談ですが、びっくりするほどIGF絡みの話にはほんとに全然興味わかない。澤田とか青木とかが何言っても「まあIGFだしな・・・。」と思ってしまいます。正直カシンは面白いのに他の2人のせいでつまんない対談になってるしな・・・。正直DDTに継続参戦とかしてくれないかなと。

 

ともかく今回もコクのあるインタビュー満載のKAMINOGE。これからも人間のコクの部分にフォーカスを当てていって欲しい、その限りは買い続けよう、と思ってます。

f:id:otokoman:20150920150540j:plain

関連記事

otokoman.hatenablog.com otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com