読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

いよいよ今日!9・22 東京女子プロレス新宿FACE大会カードおさらい。謎新人デビュー、清水愛、そしてメインは赤井沙希VS中島翔子!

9・22日は東京女子プロレス新宿FACE大会。正直初観戦なのでわからないところだらけですが、全カード発表(なぜか東京女子公式よりDDT公式のほうが詳細情報が載ってます)されたので軽く予習してみました。

 

○第一試合 15分一本勝負

ハイパーミサヲ vs MIZUHO

「SEXY PANIC」というグループでアーティスト活動もするMIZUHOとジャージ姿で世界を守るハイパーミサオの闘い。第一試合からイヤな予感しかしませんが、第一試合はその団体のある意味象徴。新日本プロレスならヤングライオンによる激しいファイト、全日本プロレスなら地味なグラウンドの攻防からなる基本的なプロレス、とその団体の色が出てくるもの。なので、東京女子プロレスがどんな団体か、この第一試合で判断しようと思います。不安しかありませんが。

 

○第二試合 15分一本勝負

清水愛 vs のの子

「声優なのにプロレスラー」でおなじみの清水愛と、Kカップアイドルのの子のシングル対決。ウエイト的には完全にのの子が上なので、清水愛がテクニックでどこまで対抗できるのかが注目です。注目?

 

○第三試合 15分一本勝負

山下実優 vs 滝川あずさ
※滝川あずさはデビュー戦。

瀧川あずさはこれがデビュー戦。しかしもともと「あずさ(仮) 」だった練習生のリングネームがなぜ「瀧川あずさ」なのかというと、DDT公式HPによると

「私は小さい頃からアナウンサーを夢見ておりまして、大学4年間はアナウンススクールに通って勉強していました。就職活動の際もキー局はもちろん、地方局 を受けたりしたんですけど、すべて落ちました。少し時間が経ってよくよく考えたところ、理由がわかりました。プロレスラーじゃなかったからかなと。というのも、アナウンサー業界で確固たる地位を築いている古舘(伊知郎)さんであったり、徳光(和夫)さんであったり、福澤(朗)さんというのはプロレス実況を 通じて今のすばらしい地位を築いていると思うので、リングに上がって闘うようになったら、そうすると厳しいアナウンサー業界で突出した何かを持てると思うので、私はプロレスラーになったら、イコール、アナウンサーになれると信じています」

んでもって、瀧川クリステルにあやかって「瀧川あずさ」と。正直ヤバい匂いしかしませんが、まあ「がんばって」としか言いようが無いこの感じ。普通にツッコんでも無駄だろうな、と思わせるこの感じ。楽しみっちゃ楽しみですが、どうでもいいっちゃどうでもいい。まあ、生暖かく見守る予定です。

   

○セミファイナル 15分一本勝負

えーりん&ミウラアカネ vs 坂崎ユカ&辰巳リカ

セミファイナルにしてようやくプロレスっぽくなってきたタッグマッチ。ちなみにえーりんは復帰戦。メインは対抗戦なので、所属の4人によるタッグマッチで東京女子プロレスの今のレベルを見せて欲しい。普通に期待してます。

 

○メインイベント 15分一本勝負

赤井沙希 vs 中島翔子

 メインは赤井沙希登場。いつも男子の中である程度リードしてもらっている赤井沙希ですが、女子相手の試合、メインイベントということである程度責任感というか、引っ張っていくファイトが期待されるところ。一方、東京プリンセスカップ優勝の中島ですが、ここで赤井を倒せれば大きな話題になるはず。東京女子が新宿FACE進出でまた一歩踏み出せるのか。この試合もどうなるのか、しっかり見ようと思います。

 

f:id:otokoman:20150922041827j:plain

ということで全5試合。最長でも15分1本勝負、ということで、一時間半くらいで終わりそうな東京女子プロレス新宿FACE大会。陣容が薄くてもゲストを呼ばず(まあ、赤井沙希はゲストっちゃゲストですが)自前で自分たちの世界を作り出してきた彼女らの一旦の集大成となる新宿FACE大会。どのような大会を見せてくれるか楽しみです。

東京女子プロレス【爆音セレナーデ】特別版(CD付き) [DVD]

東京女子プロレス【爆音セレナーデ】特別版(CD付き) [DVD]

 

 関連記事

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com