読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

1月9日「オードリーのオールナイトニッポン」より。若林正恭1・4東京ドーム観戦時のヤジについての話

プロレス ラジオ お笑い

どうも。男マンです。最近は年末年始のプロレス観戦の感想を書いても書いても終わらないので四苦八苦してますが。とりあえず東京女子の後楽園についてはしっかり書きたい!と思ってどんどん後回しになってる今日この頃です。

んでもって、先日軽い気持ちで「オードリーのオールナイトニッポン」聴いたら若林が1・4東京ドーム行ってたという話をしていたのでこういうツイートをしたのですが

思いの外反響があったのと、ここだけ書きだすのもニュアンス違うかなーと 思ったので一通り書き起こしてみました。この前には「春日が西武ファンだけど若いころはすごくヒドく野次ってた」という話してましたwww

 

若林:いやそれで、私プロレスほんと好きで、選手一人一人にね、いろんな思い描いていくことも多くなってくるじゃないですか見てる期間もちょっとずつ伸びてくると。

春日:うん

若林:プロレスファンの人もいろんなスタンスで見てるじゃないですか。で・・ヤジのセンスがない人はしょうがないんですか?

春日:例えばどんな感じの・・・今プロレスのヤジってどういうのがあるの?

若林:チケットを買った時点で、結構前の方のチケットを買ったのでね、まあ安くないチケットを買われてる方が周りにいるので・・・。その権利はあるとするんでしょうね、ヤジの権利は。

春日:まあ誰が言ってもいいんだろうね、ヤジは

若林:その線引きもおのおのの価値観で違うから、別に俺が正しいわけではもちろんないし。ね、いるよね野球場でもいきなりヤジる人とか

春日:いるね、隣で観てて急に大声出す人とかいるじゃん

若林:で、オカダカズチカ選手と棚橋選手の試合、ものすごかったのよ。まー、すごい試合だったのね!

春日:うんうん

若林:で、オカダカズチカ選手はね、試合後マイクパフォーマンスしてて、まあ神々しいのよ

春日:うん

若林:でね、なんかこう・・・。やりたいことがいくつかあります、みたいなこと言ってるときに「具体的にー!?」とか言ってる人がいるんですよ。「具体的に何!?」って言って隣の人がヘラヘラ笑ってるの。

春日:うん

若林:いやホントにねー。レインメーカーしてやりたくなるんだよね。

春日:ンムフフフ

若林:で、しょうがないの?それは。

春日:それでも止められないからねー

若林:で、止める権利もないんだけど、そういう事言うタイミングでもない・・・。でも、そういう楽しみ方もあるんだもんね。俺が違うだけであってね!

春日:ん~

若林:で、今の例え悪かったけど、 そんな頑張ってる選手にあんなこと言うっていう・・・いや、面白い人もいるのよ!ヤジが!めちゃくちゃ!大日本プロレスとか見に行ったときにはコミカルな人も居て、絶妙なコンビみたいなやりとりして面白い時もあるんだけど、あんだけ闘ってる選手にそれ言う?っていうヤジ連発してる人がいて後ろで

春日:うーん、だからもうそりゃしょうがない

若林:しょうがないんだよねー

春日:自分の発してるヤジがハマってる!って思ってるわけだからね。止められない、それがなんか応援してるとかだったら言い合いみたいになるかもしれないけど

   

若林:そりゃもう、しょうがない・・・。しょうがないよ。

若林:こらえるしかないよね

春日:しょうがないよな

若林:そういうタイプじゃん、春日って

春日:いやいやいや、その勇気はないよ

若林:いや、その言葉につながる、っていう去年の1・4からの流れがあったのよ。去年は言うと棚橋選手勝ったのね、で、今年はオカダ選手勝ってようやく、っていうのもあるし。俺は棚橋選手の大ファンだから、複雑な気持ちで観てたのに・・・。「具体的にー!?」とか言うから、もうブッ・・。・・・辛かった俺!

春日:うーん

若林:その前に号泣してるわけだし、水口ちゃん(TVディレクター)に横でガンガン写メ撮られて。もう写メ撮るのやめてほしい、何かに使おうと思ってんのかもしれないけど

春日:それはTVの人だから、素材をね

若林:有り難いよ水口ちゃんの気持ちも。でもカシャカシャ音するから・・・。

春日:フフフフフフ

若林:水口ちゃんとヤジの人、もうほんと来ないでほしいなって

春日:ハハハハッハ

若林:フフフフフフ

 とここまで。この後のブロックで若林が選手用通路で天山の息子さんに写真をお願いされ、レインメーカードルを沢山持ってたことをいじって「いいなー、オレ全然取れなかったんだよねー」って軽く言ったら「お礼に全部受け取ってください」って差し出されたっていうほのぼのエピソードを話してました。天山の息子さんいい子!

 

ヤジ・・・。たまにちょっとしんどい時もありますが、それ聞く度に自分は言わないように・・・・。と心がけるのみ。ヤジってる人には「あなたがこの団体のファンを1人減らしてる可能性もあるんですよ」と言いたい。観客席も公共の場。節度のある声援、ヤジを心がけたいものです。と綺麗にまとめてみました。

ダ・ヴィンチ 2016年2月号
 

 関連記事

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com