読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

2・11新日本プロレス大阪大会のメインを見てエンタメについて考えた。

プロレス

新日本プロレスワールドで「新日本プロレス大阪大会」のメインだけ見ました。後藤がアレでアレだったでおなじみのこの大会。個人的には今までの乱入を繰り返し、ブーイングを浴びる後藤に関しては好ましく思ってました。内藤も最初はそんな感じだったし、続けたらひっくり返る時もあり、そうなったらキャラになるなーとおもってたんですがこういう斜め上なことになるとは。

f:id:otokoman:20160214045802j:plain

 

http://battle-news.com/article/wp-content/uploads/2015/03/2015-3-29DDT%E5%BE%8C%E6%A5%BD%E5%9C%92%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%A4%A7%E4%BC%9A.jpg

battle-news.com

これがこのディーノ&ササダンゴ。このときの2人は確か試合前に一度登場したときは普通の髪型、試合の入場時は2人ともマスク姿で、マスクを取ったらスキンヘッド、という完璧な流れ。この時の客はまさに「おおおおお!」となってました。一方後藤は

[https://twitter.com/otokoman/status/698400732567842817:embed#

入場のときの見せ方も中途半端。ゲートから入ってくるときには全身ガウン、フードを深々と被って入場、リング上ですべてを脱ぎ捨ててオォォォォ!っていうのがセオリーではないのか。下半身が白いハーフパンツなのもいまいち。全身塗って文字描くならショートタイツのほうがインパクト強かった。]

f:id:otokoman:20160214045922j:plain

なんというか、入場時にチラ見せするという半端さ。ここは隠しておいて欲しかった。こういうところどころ中途半端なところがドカンとハネない原因じゃないかと思うんです。

これ書いた後思ったのは、あれだけ「恥男」とか言われてたんだから逆手に取って背中に大きく「恥」と書いて入場、闘いが進むに連れて恥が消えていく、という演出もありなんじゃないかと。闘いで今までの恥をかき消すぞ!みたいな。

 

で結局結果としては

オカダ・カズチカ (第63代チャンピオン) 
.[25分27秒]レインメーカー→片エビ固め
✕後藤 洋央紀  (チャレンジャー) 
※オカダが3度目の防衛に成功。 

試合自体はさほど悪くはなかったと思いますが(良くもないけど)、なりふり構わないガムシャラさのようなものに欠けていた気はします。後藤が「このペイントでずっといく」という継続性を持っているのかも微妙な感じだったし、これを機に「変わった」とアピール出来るほど試合内容に変化が見えなかったのも酷評される原因かと思います。

   

今回のような変化を見せるのなら、もう隙あれば蹴りまくって負けてもオカダをボコボコにするとか、昇天・改をどこからも狙いまくるとか、短期決着を狙っていくなど色々アピールの方法はあったとは思うんですがいつもの後藤を見せてしまった。それはやはり入場から見えていたことなんじゃないかと。一つ一つを突き詰めて、完成度を上げていく作業が後藤には必要なんじゃないか。試合も入場も、と感じた2・11新日本プロレス大阪大会(のメイン)でした。頑張れ後藤! 

関連記事

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com