読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

3・12全日本プロレス後楽園ホール大会カード&見所。メインは全日本VS大日本!

プロレス 全日本プロレス

さて、いよいよチャンピオンカーニバル開幕間近。全日本プロレスドリームパワー・シリーズ開幕戦の後楽園ホール大会が今週土曜に迫ってきました。多分行くと思うのでカードと見所など書いてみました。なんだかんだで全8試合。選手が抜けたりしましたが、徐々に体勢を立てなおしている感のある全日本プロレス。早くオフィシャルHP再開してください!

 

第一試合 20分1本勝負

  青柳優馬 vs入江茂弘  

 第一試合は青柳VS入江。千葉大会ではひたすら宮原に突っかかっていった青柳が入江にぶつかっていく試合。がむしゃらに、しかししっかりと基本に忠実なレスリングを見たい。私は青柳のアームドラッグが綺麗で好きです。そしてなにげに入江は全日本だと時々ある若手の壁的なマッチメイク、ここはしっかりと貫禄の違いを見せてください。HARASHIMA戦のうさを晴らしてしまえ!

第二試合 30分1本勝負

ウルティモ・ドラゴン&渕正信
vs
SUSHI☆小僧& 西村修

一転して渋いマッチメイク。渕のボディスラム、グーパンチのくだりはいつみても力を抜いて楽しめる。個人的注目はSUSHI☆小僧VSウルティモ校長。校長のガチモード発動するか?  

我が愛しの20世紀全日本プロレス史 ? 馬場さんがいて、鶴田さんがいた ? 【写真付き版】
 

 第三試合 30分1本勝負

佐藤光留&青木篤志
vs
竹田誠志&丸山敦

 そして一転、ジュニア同士のタッグマッチ。ただ竹田、佐藤はハードヒット参戦者なので格闘技の匂いもするこの試合。ジュニアチャンピオンの青木に爪痕を残し、次期挑戦者に名乗りを上げるのは誰か?というテーマもあり、さり気なく注目試合。

第四試合 30分1本勝負

 

ジェイク・リーvs石川修司

 

 この試合も若手の試練ではありますが、ジェイクもそろそろ結果がほしいところ。青柳、野村、ジェイクと全日本の新人とくくられがちではありますが、ジェイクは一度辞めてからの復帰なので27歳。ここで新人からは抜け出すためにも勝ちがほしい。しかし相手はあまりにも高い壁。物理的にも実力的にも本当に高い壁。何とか爪痕を残せるか。石川にもチャンピオン・カーニバルに出て欲しかった・・・。

 第五試合 

Before the 2016 チャンピオン・カーニバルスペシャルシングルマッチ 30分1本勝負

 

宮原健斗vs野村直矢

 

 青柳は入江と、ジェイクは石川と、そして野村は宮原との対決。それぞれの対戦相手とだけではなく、他の新人とも比較されるこのマッチメイク。誰が一歩抜け出るか、誰が爪痕を残すのか。野村が一気に三冠挑戦者に名乗りを上げるのか。注目です。 

f:id:otokoman:20160212215815j:plain

第六試合 GAORA TVチャンピオンシップ 60分1本勝負

【第7代王者】中島洋平vsSUSHI【挑戦者】
※王者中島、3度目の防衛戦

先シリーズのジュニアリーグで「全てを賭ける」と言い放った挙げ句に惨敗、そしていけしゃあしゃあとGAORAへの挑戦を表明したSUSHI。流石「ザ・ワールドワイド」としか言いようが無い感じではありますが、元々チャンピオンだったこともあり気合は感じます。一方の中島も野村、青柳を相手に相手の力を十二分に引き出す闘いをしてきただけに、ここでも勝っておきたい、そしてSUSHIの魅力を引き出せるのか。 

   

第七試合 アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負

【第98代王者組】 宮本裕向& 木髙イサミ
vs
【挑戦者組】 田村和宏& 大森隆男

 セミファイナルはなんとアックスボンバーズ対決!

10年前にサムライTVの企画で結成されたユニットが後楽園のセミで集結!726見に来たりするんだろうか・・・。

3・21で三冠に挑戦する大森は勝って弾みをつけたいところ。しかしなかなかヤンキー二丁拳銃を止めるのは大変だと思いますが。カギを握るのは田村か。これを機に大森とのタッグを定番化させることが出来るのか。Uの遺伝子・・・。

 

第八試合 6人タッグマッチ 60分1本勝負

ボディガー&ゼウス&秋山準
vs
橋本大地& 関本大介& 岡林裕二

 そしてメインは全日本VS大日本の6人タッグマッチ。ここは特に言葉もなく、ただぶつかり合いを楽しみたいところ。ボディガー、ゼウスと秋山が組むのがミソか。ゼウス・ボディガー、関本・岡林の肉弾戦に秋山のどっしりとしたプロレスが対抗するという構図が楽しみです。大地がそこに割り込めるか。全日本ならではの王道プロレスと大日本のストロングBJがぶつかり合うメインイベント。ただ激しく!

 

と、全8試合。去年後半に比べ、明らかに客足が戻ってきている全日本プロレス。意欲的なマッチメイクも目立ち面白くなってきています。何より若いチャンピオン、新人も元気と人が減ったことを逆手に取ったように世代交代が進んで若さ溢れる団体に!渕、ウルティモ等のベテラン勢も元気だしヤンキー二丁拳銃や大日本勢と他団体勢ものびのびと試合をしているのもいい。あとはとりあえずオフィシャルHP復活、過去アーカイブを利用した専門チャンネル開設、そしてなんといっても11・27両国大会を満員にすること!一歩一歩、老舗団体復活への狼煙をあげて突き進んでください!オー!王道!

関連記事 

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com