男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

いよいよシーズン4開始!「有田と週刊プロレスと」必見の過去回ベスト3はこれ!

 ついに!ついに全国1000万人のプロレスファン待望の番組が帰ってきた!有田と週刊プロレスとが再開!シーズン4が開始することが告知されました。

Amazonプライムでシーズン1からシーズン3まで公開中。プロレスファンも「ちょっと興味あるかも」くらいのファンも、有田哲平ファンも満足させるこの番組。正直、知人にプロレスに興味を持ってもらいたいときに何を勧めるか、と言われるとこの番組をあげたいくらい。それだけ有田の話術でプロレスの魅力をわかりやすく説明している番組になっています。Amazonプライムに入っていたら見てソンはない!

 

Amazon.co.jp: 有田と週刊プロレスと シーズン 1を観る | Prime Video

Amazon.co.jp: 有田と週刊プロレスと シーズン 2を観る | Prime Video

Amazon.co.jp: 有田と週刊プロレスと シーズン 3を観る | Prime Video

 

かく言う私もシリーズ全話見ているわけで、このエントリに過去作を一通りまとめましたので、視聴の参考になれば幸いです。

otokoman.hatenablog.com

 

 というわけで、これを機に「有田と週刊プロレスと」を見てみたい、という方におすすめベスト5を上げたいと思います。5つの中で特に順位はつけてないですが、自分が見て面白かった回と思ってもらえばいいかと思います。

もちろん時間があればシーズン1のアタマから見ていってもいいですが、続き物ではないんでどこから見てもOK。興味のあるタイトルから見てみるのもいいのでは。シーズン3までで日本マット回だいたいの事件は網羅していると思うんで、「この事件ってなんだろう?」みたいなきっかけでも面白く見れるはず。

 

シーズン1
No.002 有田痛恨のミス!「キレてないですよ」の真相とは!?

有田哲平といえば長州力のものまね「キレてないですよ」ですが、実はこのモノマネ、原点となった長州力の発言はちょっと違うものでした。

元々は1995年、10・9東京ドーム。安生洋二戦を終えた後の長州のコメント。有田ももちろんそれを聞いた上でモノマネをしてたわけですが、 どうやって元発言から変わっていったのかをフックにしつつ、日本マット界の大事件である新日本プロレスとUWFインターナショナル、2団体の抗争からの東京ドーム興行というプロレス界でもエポックメイキングだったあの10・9を語っていく面白さ。若き日の永田、桜庭、高山らも出場していたこの大会。有田安定の健介イジリなど。聞き手がピース綾部なのも今となっては注目です。

 

シーズン2
No.019 「最強」をめぐる葛藤!髙田延彦vsヒクソン・グレイシー!≪前編≫
No.020 プライド"をかけて!髙田延彦vsヒクソン・グレイシー!≪後編≫

ゲストにビビる大木を迎えたこの回。 日本のプロレスと総合格闘技が交わりPRIDEが生まれるという歴史的な邂逅。今RIZINでボンヤリ解説を続けている高田延彦がなんであの位置にいるのかがわかるこの回。日本のいわゆる「U系」の歴史が一気にひっくり返されるくらいの衝撃が走ったこの試合、今のRIZINがあるのはまさにこの試合があるから。UFCの記念映像に使われたくらいのこの試合について有田が思い入れたっぷりに語っていくこの回。

自分も当時この結果には衝撃を受けたものですが、その感情が蘇ってくるくらいの生々しさで有田と大木が話していくこのトーンに思わず引き込まれてしまう。思わず2話分にまたがったのもうなずける面白さでした。

ちなみにこの回の序章としてシーズン1の

No.020 衝撃の道場破り事件!プロレス界を揺るがした「最強の男」とは!?

この回の続編としてシーズン3の

No.006 プライドを取り戻せ!「髙田延彦vsヒクソン・グレイシー」再戦!

もあるので、4話にまたがる大巨編となっています。それだけ大きな事件だった、と言って過言じゃないと思います。

シーズン3
No.015 伝説のマイク合戦!有田命名の『踊る猪木御殿』とは!?

 2つ高田絡みになってしまったので最後はこれを。有田がお笑い芸人なこともあり、お笑いの構図にプロレスをなぞらえていく語り方をこの番組ではちょいちょい見せてくれてプヲタの自分などには新鮮に聞けるんですが、その最高峰がこの回。

新日本プロレス2002年の札幌大会。武藤、小島らが脱退して全日本プロレスに移籍、長州力も脱退した新日本プロレス。全試合後に蝶野の呼びかけに応じてリングに猪木が上がり、所属選手たちもリングに上がって猪木に次々と直訴していくという状態を「さんま御殿」に例え、カオス状態に陥っていく「猪木御殿」を有田のモノマネを駆使して描写していくこの面白さ。面白いと同時に、当時はわりとクソ真面目に見ていた自分も「確かに!と膝を打つ的確さ。お笑いのメソッドを取り入れることで腑に落ちる解説になっているこの回こそ、「有田と週刊プロレスと」ならではのものになっているのかもしれません。

お笑いの手法でプロレスの事件を語っているといえば、シーズン2の

No.016 藤波辰巳、涙の『飛龍革命』!驚愕の"髪切り"事件とは!?

もオススメ。有田のモノマネ含んだ語り口に大爆笑必至です。

 

 

 

 

と、3つあげましたが、他にも武井壮ゲストの1・4橋本vs小川回とか、先日亡くなられましたが北尾光司をイジリ倒す回とか現状での最新回になっている桜庭回とか色々と面白い回はたくさんあるので、ぜひシーズン4開始を機に一見をオススメします。プロレスファンにもオススメですが、地上波で有田の話芸をこれだけ長尺で見れる機会はほぼないのでお笑い好きにもオススメ。ヘタしたら題材としているプロレスの試合を追いかけてる時より面白かったりする「有田と週刊プロレスと」全Amazonプライム会員必見です! 

f:id:otokoman:20190709013425p:plain

ちなみにこのたび前シーズンのDVD発売が決定!Amazonプライム会員以外の人もこれで見れる永久保存版!まあ明らかに会員になったほうが安上がりではありますが、まあ有田がなにかしら事件起こさないとも限りませんし、どうしても手元に置いておきたい、何かしらの事情でAmazonプライムに入会できない、という方にはオススメです。

ちなみにシーズン1BOXの特典には

『有田とデラックスプロレスと』長州力の“かませ犬"発言を語る! (約30分)

シーズン2BOXの特典には

『有田と月刊プロレスと』「好きな外国人レスラーベスト3」を語る! (約30分)

がついてくるので好事家は両方購入もありかもしれません。 

有田と週刊プロレスと シーズン1DVD-BOX

有田と週刊プロレスと シーズン1DVD-BOX

 
有田と週刊プロレスと シーズン2DVD-BOX

有田と週刊プロレスと シーズン2DVD-BOX