男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

伊藤リスペクト軍追いかけ観戦記 9・16横浜、9・30大阪。闘いを通じて深まる絆!

なかなか東京女子を生観戦できない日々ですが、最近はDDT UNIVERSEという便利なアレがあるのでしっかりと試合を追いかけられるわけです。試合ごとに観戦できるのでどうしても伊藤リスペクト軍を追いかけてしまうわけですが・・・。というわけで近々の伊藤リスペクト軍リポートを。


9・16 「Yokohamaでバコーン」横浜ラジアントホール大会

メインイベント 初代TOKYOプリンセスタッグ王座決定トーナメント準決勝

◯坂崎ユカ&中島翔子
(14分42秒 マジカル魔法少女スプラッシュ→片エビ固め)
✕伊藤麻希&瑞希

試合より何より「坂崎ユカのテーマ曲が流れてるときにコーナーで2人、曲に合わせて楽しそうに歌ってるところ」が素晴らしかったので思わずマンガにしてしまいました。

試合も今までの勢いを活かして坂崎・中島を攻め込みます。この試合も基本的には伊藤が攻め込まれてから根性で反撃して瑞希に繋ぎ、瑞希が多彩な技で攻め込んでいく、という展開でした。ただ、この試合では1回戦より伊藤の出番が多く、より試合を任される場面が増えた、という印象でした。

合体技からのヘッドバットから抱え込み式逆エビ固めに捉える場面もありあわやという場面も見せますが、最後は坂崎のローリングエルボー(少し打点がズレたのが残念)からの旋回式魔法少女スプラッシュで3カウントを奪われて敗退。伊藤リスペクト軍のタッグトーナメントはこれにて終了してしまいました。う~ん、残念。

敗因としては、やはり伊藤麻希の技の少なさ。ヘッドバットからのDDT、抱え込み式逆エビ固めで尽きてしまうので、もう2~3つしっかりとした技がほしいところです。スタイルとしては肉弾系が似合うと思うので、三田英津子のやっていたダブルチョップやダイビングヘッドバットなどマスターして頂けるといいところにいくんじゃないでしょうか。まだまだ発展途上なのにこんなに燃えさせてくれるので、今後が本当に楽しみなのです。このトーナメントで2人のタッグとしての練度、そして試合後コメントからも絆のようなものも出来てきたように見えるので、パートナーとして継続していってくれることを願います。

(DDTオフィシャルサイトより)

伊藤:今までで一番、協力できたんじゃないかと思いますね。負けたけど、べつに。気づいたら3秒たってただけで、今日はすがすがしい気持ちしかないんだよ。負けてた?
瑞希:(小声で「負けてました」と言いつつ)負けてないですよ! かわいさは勝ってるから。
伊藤:それはずっとわかってた。今日はあそこでなんでコブラツイストやったの?
瑞希:伊藤さんが頼もしすぎて、伊藤さん絶対取れると思って。
伊藤:思った!
瑞希:こないだはめっちゃサポートしてくれたじゃないですか。
伊藤:した!
瑞希:今回は絶対決めてくれって思ったんです。
伊藤:ありがとう。みなさん、います? ここまでして守ってくれる人、親以外に。いないでしょ。たぶん、瑞希は伊藤が借金地獄になったとして、そのときにお金を貸してくれるんじゃなく「この野郎!」ってバーンってして(殴って)「働いて返せ!」って言ってくれる人だと思うんだよ。人生でなかなかないよ、こういう人に出会うのは。だから勝ったね、人生的には。

f:id:otokoman:20171005020849j:plain

   

9・30 「Osakaでバコーン」大阪市都島区民センター大会

メインイベント TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス選手権試合

◯才木玲佳<王者>
(14分36秒 ジャックハマー→片エビ固め)
✕瑞希<挑戦者>

そしてタッグではないですが、伊藤がセコンドに付いた瑞希のタイトルマッチ。パワーで押してくる才木、切り返し、テクニックで対抗する瑞希の攻防が続きますが押され気味だった瑞希が後半逆襲。クロスフェースで締め上げ、そして伊藤の得意技ヘッドバットを連発するなど気合を見せます。持ち前のプロレスの巧さ、テクニックに加え、気合を込めたファイトでしたが最後はシャイニングウィザードからのジャックハマーが決まり、才木が勝利。セコンドに付いた伊藤とともに帰っていった瑞希はこのようなコメントを残しています。

(DDTオフィシャルサイトより)

瑞希:もともとシングルが苦手で。リングの中に味方がいない状況が凄い不安なんですけど。(今回は)今までと違う相手で不安だったんですけど、伊藤さんがセコンドついてくれて、出る前も頑張れって言ってくれて、シングルでもセコンドに味方がいるとこんなに強くなれるんだなって思いました。

ー試合では頭突きも出しました。

瑞希:もう立てないと思いながらやってたんですけど、凄い声が聞こえたし、伊藤さんの。体が勝手に動いて頭突きしてました。慣れてないから自分も凄く痛くて、頭突きってこんな痛いんだって思いながらやりました。

―東京女子でタッグトーナメント、シングル王座戦を経験。これからの目標は?

瑞希:みんながみんな何かを持っていて、個性だったりベルトだったり。その中で自分は何もないんだなって気が付いて。だからベルトと思ったんですけど獲れなくて。それでも自分っていう存在をたくさんの人に見てもらいたいし、せっかくタッグのベルトもできたし、シングルのベルトもこれで終わりじゃないって思ってるし。タッグのベルトも存在する限りは狙えるし。また伊藤リスペクト軍団で臨みたいと思います。
―何も持ってないということでしたが、今日、何かを持っていると思えたのでは?
瑞希:応援してくれる人がたくさんいました。伊藤さんもいたし。負けちゃったけど、強くなれた気がします。負けたけど次がんばるって言えるくらい。悔しいけど、応援してくれた人に「ごめんね」より「ありがとう」と伝えられる気がします。

 f:id:otokoman:20171005020907j:plain

 このように絆をみせてくれている伊藤リスペクト軍。瑞希のシングルタイトル奪取はなりませんでしたが、「ベルトがあるかぎりタッグタイトルを狙う」との瑞希のコメントもあり、2人での活動が継続しそうなのが嬉しいところです。これからも2人で頑張ってください!東京女子には伊藤リスペクト軍 が必要なんです!絶対! 

2017年の女子プロレス入門(仮)

2017年の女子プロレス入門(仮)

 

 私の書いた女子プロレス紹介本発売中です!Kindleなので観戦のお供にぜひipad,iphone 等に入れて頂けると幸いです。わかりやすく試合に入っていけると思います。よろしくお願いします! 

 関連記事

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com