男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

いよいよ開幕!G1クライマックス28、Aブロック情報まとめ。オカダ、みのる、棚橋三つ巴?

いよいよ7・14から開幕のG1クライマックス。予習のために情報をまとめ・・・ようと思いましたが参加選手全20人、全19大会と1エントリにまとめるにはかなり膨大なのでブロックごとに分けてみました。参加選手、日程とカードに加え、個人的注目ポイントも入れてみました。というわけで基本情報から。

 

参加選手

オカダ・カズチカ(CHAOS)

鈴木みのる(鈴木軍)

棚橋弘至(本隊)

真壁刀義(本隊)

EVIL(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン)

YOSHI-HASHI(CHAOS)

ジェイ・ホワイト(CHAOS)

ハングマン・ペイジ(BULLET CLUB)

バッドラック・ファレ(BULLET CLUB)

マイケル・エルガン(本隊)

 【展望】ケニー・オメガに敗れてIWGPヘビー級チャンピオンから陥落したオカダ・カズチカですが、やはりまだまだ本命であることは確か。現在無冠の鈴木みのる、膝の負傷からの復帰後まだシングルでの目立った功績のない棚橋弘至、またオカダから勝利したことのあるEVIL、肉体改造成功のマイケル・エルガンあたりが優勝候補か。また、絶賛分裂中のBULLET CLUBからはケニー側に付きそうなハングマン・ペイジとキング・ハク側につきそうなバッドラック・ファレが出場。このへんの軍団抗争もどうなるか。

   

大会日程

7・14 大田区大会

◯真壁刀義【1勝=2点】
(キングコングニー)
✕YOSHI-HASHI【1敗=0点】

 

◯ハングマン・ペイジ【1勝=2点】
(反則)
✕バッドラック・ファレ【1敗=0点】

 

◯マイケル・エルガン【1勝=2点】
(エルガンボム→エビ固め)
✕“キング・オブ・ダークネス”EVIL【1敗=0点】

 

◯棚橋弘至【1勝=2点】
(ハイフライフロー→片エビ固め)
✕鈴木みのる【1敗=0点】

 

◯ジェイ・ホワイト【1勝=2点】
(ブレードランナー→片エビ固め)
✕オカダ・カズチカ【1敗=0点】

 【展望】Aブロック公式戦初日はなんといっても棚橋VSみのる。IWGPインターコンチで徹底的にヒザを攻められて欠場に追い込まれた棚橋があのときの借りを返せるか。そしていきなりのBULLET CLUB対決、ファレVSハングマン・ペイジで何かしらの動きがあるかも注目です。まだオカダVSジェイのCHAOS対決でジェイがどこまで食い下がれるか。

【寸評】細かい感想は以下のリンクから。メインのオカダVSジェイは起伏に飛んだ好勝負でした。また、肉体改造したエルガンの力強さオンリー、ゴリ押しアメプロファイトも好感。しかし棚橋のコンディションの悪さ、そしてある程度優勝争いに絡まなさそうな選手も見えてきてしまったのもまた事実。躓いてしまったものの、オカダ、みのる、そして棚橋、エルガン、ペイジ、EVIL、このあたりが優勝を争いそうな予感です。 

otokoman.hatenablog.com

 7・16 札幌大会

◯マイケル・エルガン【2勝=4点】
(エルガンボム→エビ固め)
✕ハングマン・ペイジ【1勝1敗=2点】

 

◯“キング・オブ・ダークネス”EVIL【1勝1敗=2点】
(EVIL)
✕YOSHI-HASHI【2敗=0点】

 

◯真壁刀義【2勝=4点】
(キングコングニー)
✕鈴木みのる【2敗=0点】

 

◯バッドラック・ファレ【1勝1敗=2点】
(バッドラックフォール)
✕オカダ・カズチカ【2敗=0点】 

 

◯ジェイ・ホワイト【2勝=4点】
(ブレードランナー→片エビ固め)
✕棚橋弘至【1勝1敗=2点】

 【展望】わりと微妙なカードが並ぶ札幌大会。YOSHI-HASHIがEVIL相手に意地を見せるか。真壁もみのるにインターコンチでやられているので失地回復のために一発かましたい。エルガンVSハングマン・ペイジは今のアメリカン・インディ直輸入の好勝負を期待したいところ。
【寸評】今日もエルガンのパワーファイトで掴みはOK、EVILは順調に1勝目を上げてこれからの巻き返しがありそうな雰囲気。しかしYOSHI-HASHIはパワーボムの危険な失敗もあり、ちょっと今後が不安な状態。そして問題作真壁VS鈴木みのる、9割5分攻め込まれてた真壁が勝利するも、説得力に欠ける内容。オカダはBCOG乱入で二連敗。そして大田区大会に続いてメイン抜擢のジェイ・ホワイトは最後は反則を駆使したものの、しっかりと棚橋を攻略しての勝利。地力、引き出しの多さを感じます。一方の棚橋はヒザのケガからのモデルチェンジが上手くいっていないように思います。今日の結果で全勝が真壁、ジェイ、エルガン。全敗がみのる、オカダ、YOSHI-HASHI。星取りは意外な展開で推移してますが先は長い。混戦が予想されるAブロックです。詳細は後ほど更新予定。

   

 7・20 後楽園ホール大会

ジェイ・ホワイト【3勝=6点】
(ブレードランナー)
マイケル・エルガン【2勝1敗=4点】

 

鈴木みのる【1勝2敗=2点】
(ゴッチ式パイルドライバー)
YOSHI-HASHI【3敗=0点】

 

“キング・オブ・ダークネス”EVIL【2勝1敗=4点】
(EVIL)
真壁刀義【2勝1敗=4点】

棚橋弘至【2勝1敗=4点】
(反則)
バッドラック・ファレ【1勝2敗=2点】

 

オカダ・カズチカ【1勝2敗=2点】
(レインメーカー)
ハングマン・ペイジ【1勝2敗=2点】 

 【展望】オカダVSハングマン・ペイジが個人的注目カード。なんとなく手が合いそうな気がするので、ハングマン・ペイジの力をオカダに引き出して欲しいところ。なにげに真壁VSEVILで真壁が先輩の意地を見せられるかにも注目です。

【雑感】ダイジェスト視聴なので簡単に。ジェイは相変わらずの反則絡みで3連勝。そして安定のYOSHI-HASHI3連敗。みのるとオカダが初白星。まだまだこれから、といった感じのAブロック。乱入したBCOGにファックポーズする海野レフェリーの顔が頭にこびりついて離れないのでなんとかしてください。

f:id:otokoman:20180807220035p:plain

 7・22 八王子大会

YOSHI-HASHI【1勝3敗=2点】
(カルマ)
マイケル・エルガン【2勝2敗=4点】

 

“キング・オブ・ダークネス”EVIL【3勝1敗=6点】
(反則)
バッドラック・ファレ【1勝3敗=2点】

 

鈴木みのる【2勝2敗=4点】
(ゴッチ式パイルドライバー)
ジェイ・ホワイト【3勝1敗=6点】


棚橋弘至【3勝1敗=6点】
(ハイフライフロー)
ハングマン・ペイジ【1勝3敗=2点】

 

オカダ・カズチカ【2勝2敗=4点】
(レインメーカー)
真壁刀義【2勝2敗=4点】

【展望】EVILvsファレは迫力の大型レスラー対決が見れそうですが、さすがにファレ相手だと小さいEVIL、どのように攻略していくか。その他はわりと勝ち負け予想ができそうなカードが並んでいるため、どこかで番狂わせが起きるのか。予想がつかないのがG1なので、こういう時に何かが起こりそう。

【雑感】こちらもダイジェスト視聴なのであっさりと。しかし動画に雑音が入ってると思ったらほんとにベタに本間の声だったんでビックリ。あーとかおーとかが濁って雑音に聞こえるんですな。リーグ戦はジェイが初黒星でEVIL、棚橋と並んでトップに。YOSHI-HASHIは初勝利。いっそ全敗のほうが面白かったのに、と思ったのは私だけか。

7・27 浜松大会

鈴木みのる【3勝2敗=6点】
(ゴッチ式パイルドライバー)
マイケル・エルガン【2勝3敗=4点】

 

“キング・オブ・ダークネス”EVIL【4勝1敗=8点】
(EVIL)
ハングマン・ペイジ【1勝4敗=2点】

 

バッドラック・ファレ【2勝3敗=4点】
(バッドラックフォール)
ジェイ・ホワイト【3勝2敗=6点】

 

棚橋弘至【4勝1敗=8点】
(ハイフライフロー)
真壁刀義【2勝3敗=4点】

 

オカダ・カズチカ【3勝2敗=6点】
(レインメーカー)
YOSHI-HASHI【1勝4敗=2点】 

【展望】ここはエルガンVSみのる、棚橋VS真壁と好勝負が期待できそうなカードが並ぶ中、オカダとYOSHI-HASHIのCHAOS対決にも注目。関係性の深いカードが並ぶ浜松大会、となってます。味のあるマッチメイク。

【雑感】今回も安定のダイジェスト観戦。EVIL、棚橋が4勝、オカダ、みのる、ジェイが3勝。ここらへんが優勝戦線、という感じ。ハングマン・ペイジ好きだし試合も面白いのに結果が出てないのが残念。決め手に欠けるのかもしれません。また、オカダがYOSHI-HASHI相手に不機嫌さをあらわにしたりと表面に感情を出していたのが新鮮。

   

7・30 高松大会

バッドラック・ファレ【3勝3敗=6点】
(ラリアット)
真壁刀義【2勝4敗=4点】

 

ジェイ・ホワイト【4勝2敗=8点】
(ブレードランナー)
ハングマン・ペイジ【1勝5敗=2点】

 

鈴木みのる【4勝2敗=8点】
(ゴッチ式パイルドライバー)
EVIL【4勝2敗=8点】

 

棚橋弘至【5勝1敗=10点】
(エビ固め)
YOSHI-HASHI【1勝5敗=2点】

 

オカダ・カズチカ【4勝2敗=8点】
(レインメーカー)
マイケル・エルガン【2勝4敗=4点】

【展望】EVILVSみのる、棚橋VSYOSHI-HASHIと日本人対決に注目。YOSHI-HASHIは連日のオカダと棚橋との対決で何かしら爪痕を残したいところ。そしてエルガンがオカダをパワーでねじ伏せるのか?と意外に好カードの並ぶ高松大会。

【雑感】なんかもう最後までダイジェスト視聴になりそうなAブロックですが今回も。真壁VSファレ、マーティー浅見レフェリーは海野レフェリーより対BCOG抵抗力が少なそうで今回も散々乱入されてからファレの勝利。なんだかんだで3勝3敗と五分の星なところが意外。ジェイVSペイジでもジェイの金的を見逃すマーティー浅見。しかしジェイは金的→ブレードランナーの流れで勝ち続けてるのが強い。ペイジも上手いレスラーなんですが、まだ新日本の中での格が足りないか。もうひとインパクト残してほしいところです。

鈴木の逆落とし久々に見た気が。あのパイルドライバーとEVILのやりとり何回やんねん、ってところに裏切りの逆落とし。さすが鈴木みのる。観客の予想を軽く裏切って見せるところが上手い。

棚橋はYOSHI-HASHIを丸め込んで勝利。序盤は相手にペースを握られることが多かった棚橋ですが、最後に決める所を決めてあれよあれよといううちにAブロックのトップに。ベテランらしいいやらしさを見せてきました。

YOSHI-HASHI、とりあえず蒼魔刀をつなぎ技に使うのはいかがなものか。さすがにHARASHIMAを知らないはずは無いと思うし、現役選手ののフィニッシュをパクってつなぎに使うのはちょっと頂けないかと思います。まあ渡辺桃も使ってますが。

オカダはエルガンを下して2敗をキープ。肉体改造も結果自体がなかなか付いてこないエルガン、新日本に参加するパワーファイターのダメなルートに乗ってしまっている気も。難しいところです。

これで棚橋1敗、2敗がオカダ、ジェイ、EVIL、みのるの4選手。この中でトップが決まっていきそう。最初の2戦をみるかぎり厳しそうだった棚橋がトップに。勝ちにこだわり、割り切ったファイトを続ける棚橋、全盛期とは違う闘いが見れそうです。

   

 

8・2 福岡大会

マイケル・エルガン【3勝4敗=6点】
(反則)
バッドラック・ファレ【3勝4敗=6点】

 

ハングマン・ペイジ【2勝5敗=4点】
(ライト・オブ・パッセージ)
真壁刀義【2勝5敗=4点】


ジェイ・ホワイト【5勝2敗=10点】
(ブレードランナー)
YOSHI-HASHI【1勝6敗=2点】

 

棚橋弘至【5勝2敗=10点】
(ハイフライフロー)
EVIL【4勝3敗=8点】

 

オカダ・カズチカ【5勝2敗=10点】
(レインメーカー)
鈴木みのる【4勝3敗=8点】

【展望】この日はなんといってもオカダVS鈴木みのる。大海賊祭では時間切れ引き分けに終わっているだけにこの日は決着したいところ。ここまでの星取りにもよりますが、Aブロックの優勝を左右する一戦になることはほぼ確実。注目です。ジェイvsYOSHI-HASHIのCHAOS対決も白熱しそう。

【雑感】安定のダイジェスト観戦。エルガンファレは反則でまあいつもの。さすがに定着してきたのかブーイングも凄かったしちょっと安定感が出てきた気も。しかしマーティー浅見もタイヘンです。ペイジはようやく2勝目。真壁はさすがに苦しくなってきました。もうG1で果たせる役割があまりないのかも、と思わせてしまうのが辛い。

ジェイに金的なしのブレードランナーで取られたYOSHI-HASHIもちょっと辛い。ペイジが勝ったため単独最下位の1勝。う~ん、頑張れ。なんというか頑張れ。

EVILはEVILを切り返されて負ける、というパターンに陥っているのがしんどいので、なにかフィニッシュ級の絞め技を作ってそこからEVIL、とかのパターンを作れると一つ抜けるかも。棚橋の圧勝、という感じでもなかったので、そういう幅がほしいところです。

そして大海賊祭の引き分けをうけてのみのるVSオカダ戦はオカダの勝利。結果知ってしまいましたが、これは後でフルで見たい試合。最近のオカダは何かから開放されたようで感情が見えやすくなったし、前より若返ったように見えます。応援したくなる!

 8・5 大阪大会

YOSHI-HASHI【2勝6敗=2点】
(反則)
バッドラック・ファレ【3勝5敗=6点】

 

ハングマン・ペイジ【3勝5敗=6点】
(ライト・オブ・パッセージ)
鈴木みのる【4勝4敗=8点】

 

ジェイ・ホワイト【6勝2敗=12点】
(ブレードランナー)
真壁刀義【2勝6敗=2点】

 

棚橋弘至【7勝1敗=10点】
(首固め)
マイケル・エルガン【7勝1敗=10点】

 

オカダ・カズチカvsEVIL

 

【展望】オカダはみのる戦のあとにすぐEVIL戦、という過酷なスケジュール。棚橋VSエルガンも見応えの有りそうなカードです。ここまでくると星取表からの注目カードが出てきそう。優勝候補の意外な脱落などがあるかどうか。

【雑感】今回もしっかりダイジェスト視聴。YOSHI-HASHIファレはもう面倒くさくなったか、超ストレートにタマ・トンガ乱入で反則裁定。しかしペイジもみのるに勝利したため単独最下位は変わらず、と思ったら真壁が負けたので真壁とYOSHI-HASHIが暫定最下位に。しかしペイジにとってこの勝利は大きい。「鈴木みのるに勝った」って称号はアメリカ帰っても結構効くのではないでしょうか。

ジェイのブレードランナーはまだレスラーによって受け方が定まってない感じ。顔から落ちて潰れるレスラーと頭から落ちて一回転するレスラーがいるようで、今回の真壁なんかはわりと脳天から落ちてたので危なっかしく見えました。一回転するほうが技が大きく見えそうですが、低空で落とすので危ないかも。なにげに2敗をキープしているジェイ。オカダと棚橋に勝っているので、最後に並ぶと一番有利なのはこの人。10日のEVIL戦、注目です。

そして棚橋。正直首固め失敗したっぽいですがムリヤリ丸め込んで3カウント。フィニッシュでこういう失敗するのはどうなのか・・・。成績はトップですが、クオリティはけしてトップではない気がします。

オカダはレインメーカー連発、という最近の流れでしっかり勝利。定番になりつつあるオカダのマイクですが、正直そんなに上手くない気が。

これでトップは棚橋で1敗、2敗がジェイ、オカダの二人となりました。直接対決の棚橋とオカダですが、もし10日ジェイが勝ってしまうと、棚橋VSオカダは「棚橋が勝ったら棚橋が決勝進出、オカダが勝ったらジェイが決勝進出、引き分けると棚橋が決勝進出」となると思うんですが。まあ、ジェイの相手もEVILなので決して勝つのが約束された感じでもなく。なんとなくジェイが負け、オカダが勝ってオカダが決勝行きそうな気もします。泣いても笑っても10日に全てが決まる。いよいよです!

   

 8・10 日本武道館大会

・棚橋弘至vsオカダ・カズチカ

・真壁刀義vsマイケル・エルガン

・ジェイ・ホワイトvsEVIL

・YOSHI-HASHIvsハングマン・ペイジ

・バッドラック・ファレvs鈴木みのる

 【展望】そしてAブロック公式戦最終日。この日はなんといっても棚橋VSオカダ。何度も東京ドームのメインを飾った黄金カードですが、オカダがチャンピオン陥落、棚橋がヒザの怪我などで以前とは趣が変わってきました。棚橋が踏みとどまれるか、オカダが違いを見せれるか。多分メインのこの試合。公式戦最終日に相応しい試合になりそうです。そして最終日のファレとか意外に仕事をしそう。みのるがファレに負けて脱落、とかありそうな・・・。 

週刊プロレス 2018年 7/25 号 [特別付録:新日本プロレス「G1 CLIMAX28」完全ガイドブック]

週刊プロレス 2018年 7/25 号 [特別付録:新日本プロレス「G1 CLIMAX28」完全ガイドブック]

 

 そして優勝決定戦は8・12日本武道館大会。一体誰が決勝進出するのか。私の予想はAブロックがオカダ、Bブロックが飯伏、そして決勝は飯伏がオカダを下して優勝、というものですが、まあこういうのが当たらないのがG1クライマックス。果たしてどういう結末を迎えるか。泣いても笑っても明日開幕!夏の代名詞として定着したG1クライマックス。刮目せよ!

f:id:otokoman:20180713023052p:plain

NEW WORLD 2 新日本プロレス公式ブック (新潮ムック)

NEW WORLD 2 新日本プロレス公式ブック (新潮ムック)