読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

天津 向「芸人ディスティネーション」を読んで。お笑い芸人の描くお笑いラノベは面白いのか。

お笑いラノベ」ということで気になってた「芸人ディスティネーション」を読みました。作者の天津 向は吉本興業所属の芸人で、本名は向清太郎。「天津」は向と、数年前に「エロ詩吟」でブレイクした木村卓寛との漫才コンビで、向がボケで木村がツッコミの二人組。

芸人ディスティネーション (ガガガ文庫)

芸人ディスティネーション (ガガガ文庫)

 

 また、向は「天津向の4コマトーク」というイベントを阿佐ヶ谷ロフトプラスワンで定期的に行っていた時期があり、私も小坂俊史先生の回に行ったことがあります。好きな事をアツく語るタイプの人だな、という印象でした。ただ、正直広い層に向けて丁寧に魅力を伝えるのにはあまり向いてないというか、得意ではないなとも思いました。少々空回り系というか、上滑りしている時間も多かった記憶があります。

 

この「芸人ディスティネーション」、話の内容としては、売れない芸人のところに芸人志望の女の子が転がり込んですったもんだ、というお話。主人公は漫才コンビを解散した後は食うために芸人をやっているだけという状態、そこに芸人を目指し、なおかつ主人公が以前やっていたコンビのファンの子が転がり込んで共同生活が始まることで情熱を取り戻していく。

 

吉本芸人が書いているだけあって、営業や舞台、芸人同士の呑み会など、芸人生活のリアリティがあって読ませます。また、ヒロインの女の子がNSC的な芸人養成学校に通いますが、そこの描写も細かくてなるほど、と思わせるものがありました。

   

ただ、初ラノベということで欠点の方が目についてしまいました。

まず、文章が読み辛い

「○○にオファーしたのに○○がNGだから来てもらったけどありゃだめだな」とか、言葉が重なったりする文章が多いので読み進む度に引っかかって辛かった。話し言葉が全体的に説明的なので、台詞が長くなりがちなのもしんどい。ラノベなんだしスラっと読みたかった。普通に生活している時の会話まで漫才口調で進んでいくので、いや、普段は普通に話してるだろ、とも思いました。

 それと、主人公の面白さが伝わってこない

これだとそもそもの物語の軸が弱くなってしまう。パっとしない今と素晴らしかった昔の落差が弱いのと、そもそも「お笑いって凄い!」と思わせるエピソードに欠けてるんですな。これだと、ヒロインの子がお笑いを目指した動機にも共感し辛い。先輩がお笑いをやめるくだりとかはリアリティがあって読ませる展開だったので惜しいところです。

しかし天津は結構TVにも出ているし、売れている若手、というポジションのはず。なので、もう少しリアルな面白エピソード、お笑いの力、的なエピソードを入れて行ったらよかったのでは、と余計なことを言いたくなりました。

最後に、話があまり進まない。

主人公と分かれた彼女や解散した相方、ヒロインのクラスメートも割とほったらかしたまま終わるので結構途中感があります。二巻が決まってるとかだったらアレですが、もうちょっと展開が欲しかった気がします。

あいまいみー~妄想カタストロフ~ Blu-ray特装版

あいまいみー~妄想カタストロフ~ Blu-ray特装版

 

 しかし、お笑いネタの小説、漫画はいくつかありますが、ラノベは無かったと思うんで新鮮に読めました。また続きとか出たらチラ見はしようと思うくらいには期待してます。

お笑い漫画とか描いてみたいけど難しそうなので、作品に出来るのは凄いと思います。願わくばもう少し面白ければいいんですが・・・。という感じでした。

 関連記事

蒼樹うめ「ひだまりスケッチ」8巻読みました。ついに沙英、ヒロ卒業。新入生茉里入学。 - 男マンの日記

こもともこ「ごほうびごはん」読みました。OLさんのねぎらい飯!エビカレー、栗ごはん、筍の天ぷら!ラーメン! - 男マンの日記