男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

読書

TAJIRI「プロレスラーは観客に何を見せているのか」極上のプロレス教科書に覚えた一筋の違和感

色々あったってほど色々あったわけでもないんですがなんとなく一ヶ月ぶりの更新になってしまいました。一月開けるとブログの書き方も忘れてるというか。非常事態宣言も5月末まで延期され、プロレス界も少しずつ無観客試合を中心に動き始めている昨今。今月は…

プロレスという鏡から見る世界。ディック東郷「東郷見聞録」に感じるプロレスの豊かさ。

先日、2020年1月末に発売されていたディック東郷の著書「東郷見聞録」を読みました。一気に読んだ、というより出先とか通勤中にちょいちょい読んでようやく読み終わったのでその感想を書いていこうと思います。 スポンサードリンク // // このブログを…

「男マンの日記」オススメ格闘技・プロレス本まとめ。こんな時だからこそ読書三昧!

当ブログで取り上げた格闘技・プロレス関連書籍をまとめました。下から上へと新しくなっていきます。当該エントリの内容を抜き書きしたもの&Amazonリンクを貼ってあるのでここからご購入いただけると幸いです。どさくさで自分が出した本も入れてありますの…

吉田豪「書評の星座 」に格闘技の歴史と「キラー吉田豪」を見た!

吉田豪「書評の星座 吉田豪の格闘技本メッタ斬り 2005-2019」を読みました。この本は「ゴング格闘技」名物吉田豪の格闘技本書評コーナーをまとめたもの。なんと14年。ゴング格闘技自身も出版社の不祥事から廃刊、版元、雑誌名をを変えて復活など紆余曲折あ…

KAMINOGE.97 「MONSTER IDOL」大特集!クロちゃん!藤井健太郎&渡辺淳之介!

今月発売された「KAMINOGE」の最新号を購入しました。プロレス・格闘技雑誌のKAMINOGEですが、今回は「水曜日のダウンタウン」で話題になった「MONSTER IDOL」大特集。演者のクロちゃん、豆柴の大群メンバー(カエデ以外)そして「水曜日のダウンタウン」プ…

高木三四郎「年商500万円の(中略)グループ入りするまで」一般向けDDTプレゼン本!

高木三四郎「年商500万円の弱小プロレス団体が上場企業のグループ入りするまで」を読みました。タイトル長い!川田のラーメン屋本もそうですが、最近のこの手の本は死ぬほどタイトルが長い。 年商500万円の弱小プロレス団体が上場企業のグループ入りする…

川田利明の「麺ジャラスK」本読みました。失敗談、ボヤキ、まさに川田ワールド!

川田利明のタイトル長めのビジネス書を読みました。 最近では知らないファンの方も増えていると思いますが、90年代に全日本プロレスで三沢光晴、小橋建太、田上明とともに「全日本プロレス四天王」として活躍した川田利明。現在では「タイチの師匠」として…

ロッシー小川「昭和・平成女子プロレス秘史」感想。バブル・ホームレス・スキャンダル!激動の女子プロレス人生劇場!

今色々話題のスターダム。自分もあの一件をツイッターで知り、たまたま「書泉グランデ」の近くにいたのであわてて戻って購入したのがこの一冊。ちなみにその前に買ってたのがこの二冊。コクのある本ばっかり買って帰宅しました。 書泉グランデで購入。「ミッ…

「KAMINOGE vol 90」を読みました。連載最終回!ヨシタツ3万字インタビューであの!首の骨折事件を語る。生死紙一重!

本日発売、「KAMINOGE vol 90」を読みました。とりあえず表紙のインパクト、そして表紙のキャッチコピー「令和で飛ぶぞ。」 KAMINOGEは相変わらず表紙がかっこいい。目を引くデザインと配色です。背景が吹き出すマグマ!WJプロレスのシングル王座、「World M…

おおかみ書房発行、白取千夏雄「全身編集者」を読んで。ガロという雑誌、クーデターを巡るミステリー。最後鳥肌!

おおかみ書房が発行している白取千夏雄「全身編集者」を読みました。 この本は、エロ劇画のヒドいシーンをひたすら紹介する「このマンガがひどい!」などでおなじみ、「なめくじ長屋奇考録」の劇画狼氏がやっているおおかみ書房から発行された一冊。伝説の漫…

「プロレス界vs別冊宝島 スキャンダル15年戦争の全内幕」金!欲!暴露!エゴ剥き出し!リング外での闘いを楽しむ。

別冊宝島編集部から先月発売された「プロレス界VS別冊宝島」面白い、という評判だったので買って読んでみたところ、これが面白い。 面白かったんだけど、色々と勧める方面に悩む本でした。ただ、このタイトルを見てピンと来た人や、人間の揉め事、プロレス界…

尾崎ムギ子「最強レスラー数珠つなぎ」それでも人は生きていく。

先日、ライターの尾崎ムギ子さんが初の単行本を出され、こじんまりと囲む会が行われたので数回呑んだ程度の知り合いの私もしれっと紛れ込んで本を購入。それがこちらとなっております。「最強レスラー数珠つなぎ」イースト・プレスから絶賛発売中です。 最強…

「KAMINOGE vol 86」を読みました。RIZIN14からあのころの全日本プロレスまで!

リニューアルしてから取り上げるのは初めてだと思いますが、KAMINOGE vol 86を読みました。定価は1200円に上がりましたが、カバー付きになり、写真もカラーに。そのかわり文字が大きくなっていて読み応えは多少減った印象です。高級感が増した代わりに無…

まんがライフMOMO休刊によせて。8年前の挑戦を振り返る。

今日ツイッターを見てたら、コミックナタリーのツイートで、まんがライフMOMOの休刊が発表されていました。 natalie.mu 11月28日発売の2019年1月号で休刊。ということで現在発売中の12月号を入れて後2号での休刊。2003年に創刊され、竹書房…

施川ユウキ「バーナード嬢曰く」4巻感想。文系ギャグマンガから勝手に見出す百合とノスタルジー。

ワン・アンド・オンリーの輝きを放つ読書ギャグ漫画「バーナード嬢曰く」の4巻が発売されていたので買って読みました。今回も相変わらず面白い。 バーナード嬢曰く。 (4) (REXコミックス) 作者: 施川ユウキ 出版社/メーカー: 一迅社 発売日: 2018/07/27 メ…

井上純一「キミのお金はどこに消えるのか」読みました。新しい経済教科書のかたち?

お金=レインメーカー、って思いついちゃったんだからしょうがない。描きたかっただけです。失礼。 「中国嫁日記」でおなじみの井上純一氏の最新単行本「キミのお金はどこに消えるのか」を読みました。「文芸カドカワ」で連載されていたこの作品、現在でもno…

秋山準「巨星を継ぐもの」読了。全日本プロレス社長、どん底からの復活へ。

巨星を継ぐもの 作者: 秋山準 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2018/03/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 現・全日本プロレス社長、秋山準の自伝「巨星を継ぐもの」を読みました。著書、というよりインタビュー形式での語りおろし、といっ…

背川昇「キャッチャー・イン・ザ・ライム」一巻。ラップバトルと青春と。

背川昇「キャッチャー・イン・ザ・ライム」(小学館)一巻を読んだので感想を。この漫画はスピリッツ連載ですが、私が知ったのはビッグコミックの作品サイト ビッグコミックBROS.から。現在も第一話が試し読み出来ますので、四の五の言わずに読む、面白かっ…

とよ田みのる「金剛寺さんは面倒臭い」一巻。超硬派熱血ラブコメ誕生!

とよ田みのる「金剛寺さんは面倒臭い」一巻(小学館)を読みました。 金剛寺さんは面倒臭い 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 作者: とよ田みのる 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2018/03/12 メディア: コミック この商品を含むブログを見る とよ田みの…

Number Plus 2017プロレス総選挙についてその1。11位~20位はチャンピオン多し。

話題の中発売されたNumber Plusのプロレス増刊号。私ももちろん購入し、ケニー・オメガの飯伏への想いを読んで号泣したわけですが、しかしながら10位までに入った選手は記事になりますが、100位まで公開されているそれ以下の選手は記事にならないわけで…

吉田豪「吉田豪の”最狂”全女伝説」感想。全女=管理の杜撰なサファリパーク!

遅ればせながら、吉田豪「吉田豪の最狂全女伝説」を読みました。 これは、「BUBKA」で連載していた全日本女子プロレスのレスラーへのインタビュー集をまとめたもので、ミミ萩原インタビューは初出となります。インタビューの人選はこちら。 // 【登場レスラ…

「2017年の女子プロレス入門(仮)」Kindle版販売開始したので内容紹介!

先日無事審査通りまして、「2017年の女子プロレス入門(仮)」がKindleで購入可能になっていましたのでここで紹介させていただきます。手前味噌。 2017年の女子プロレス入門(仮) 作者: 男マン 発売日: 2017/08/24 メディア: Kindle版 この商品を含…

読書日記。「ダンジョン飯」4巻、「それでも町は廻っている」16巻、「でぃす×こみ」2巻。

最近通院などで時間が合ったので流行りのマンガなど読んでました。というわけでざっと感想でも。ほんとにざっとだし有名なやつばかりなんで特にアレですが。まあアレな感じで行きます。 九井諒子「ダンジョン飯」4巻 ダンジョンの中でのグルメもの、という…

柳澤健「1984年のUWF」を読みました。プロレス団体としてのUWFに迫った力作!

今話題の柳澤健「1984年のUWF」を読みました。一気に読みました。面白かった! 1984年のUWF 作者: 柳澤健 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/01/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (7件) を見る 目次はこちら 序章 北海道の少年 第1章 リ…

『KAMINOGE vol 62』読みました。前田日明vs乙武洋匡!スイングする性欲対談!

『KAMINOGE vol 62』読みました。目次はこちら。 今回はなかなかにインパクトのある表紙。タイミング的にも離婚スキャンダルが発覚したあとの乙武氏を持ってくるあたり、野心を感じます。しかし二人共いい笑顔! KAMINOGE vol.62 作者: KAMINOGE編集部 出版…

「田舎のプロレス」発言をプロレス界はフル活用すべし!今こそローカル・オールスター大会開催を!

先日、萩生田官房副長官が「田舎のプロレス」発言をして波紋を呼び、その後発言を撤回する、という事件(?)がありました。ニュースでもおおむね批判的なニュアンスで取り上げられていましたし、プロレスファン内でもざわっとしていました。 www.excite.co.…

ロマン優光「間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに 」を読んで。プロレスはサブカルか?

ロマン優光「間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに 」を読みました。twitterでの水道橋博士と町山智浩とのやりとりでいろいろ話題をふりまいているロマン優光ですが、非常に誠実に書かれた良書でした。 間違ったサブカルで「マウ…

『KAMINOGE vol 58』読みました。マサ北宮登場!泣けるマサ斎藤話。

『KAMINOGE vol 47』読みました。目次はこちら。 最近は安定してAMAZONで書影があるので安心です。 KAMINOGE vol.58 作者: KAMINOGE編集部 出版社/メーカー: 東邦出版 発売日: 2016/09/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る [IN…

藤井健太郎「悪意とこだわりの演出術」意外と堅実な仕事論。製作者として、サラリーマンとして。

今をときめく「水曜日のダウンタウン」、「芸人キャノンボール」でおなじみ。秋からは「クイズ、スター★名鑑」が始まることでお馴染み、TBSプロデューサー藤井健太郎氏の出版した「悪意とこだわりの演出術」を読みました。 悪意とこだわりの演出術 作者: …

話題のデスマッチ写真集「DEATH MATCH EXTREME BOOK 戦々狂兇」血!傷!乳首!

インパクトが凄すぎる表紙でおなじみ。話題のデスマッチ写真集「DEATH MATCH EXTREME BOOK 戦々狂兇」を購入しました。 DEATH MATCH EXTREME BOOK 戦々狂兇 作者: アブドーラ小林,伊東竜二,葛西純,“黒天使"沼澤邪鬼,佐々木貴,竹田誠志,バラモン兄弟,松永光弘…