読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

溢れる全女愛!オアシズ光浦靖子「真夜中のハーリー&レイス」出演時のプロレストーク!

最近噂のめちゃイケ。私も三ちゃんのみちプロ入門、その流れからのニコニコ超会議プロレスについて色々書いた手前見ようかと思ったんですが、4時間という長尺にちょっと心が折れたのと、次の日に千葉BLUE FIELDでのハードヒット(昼)&全日本プロレス(夜)というハシゴをしてしまったためにまだ見てません。ああいう番組って生で見ないともう見ないような予感がビンビンするわけですが・・・。

 

 噂ではみちプロ新崎人生社長が出演して名言を残したとか、視聴者投票の結果発表のタイミングが怪しいとかどうでもいいとかまあ色々情報が飛び交っているわけですが、そこに関しては見てないのでなんとも言えません。

ただ、私が一瞬だけチャンネルを合わせた時に見た場面では、たまたまオアシズ光浦がみちのくプロレスに謝罪に行っていたという話をしている場面が映し出されていました。

正直、プロレスにさほど興味のない(ように見えた)三中さんをムリヤリ入門させておいて脱走、そのストーリーのために収録したニコニコ超会議プロレスリングもお蔵入りさせてしまっためちゃイケのスタッフが真っ先に謝罪すべきだと思いますが、番組に内緒で謝罪に行った光浦、それを見て「そういえば、真夜中のハーリー&レイスに出てたな」と思いだしたわけです。 

真夜中のハーリー&レイス (大人のプロレス入門)

真夜中のハーリー&レイス (大人のプロレス入門)

 

 光浦靖子が「真夜中のハーリー&レイス」に出演したのは2015年9月1日。

1971年生まれの彼女は学生時代はクラッシュ時代。そこから離れて上京してから深夜のフジテレビで全日本女子プロレスを見始めたそう。

その後、人力舎に入ってしばらくしてから新しいマネージャーが入社。その人が以前藤波辰爾のマネージャーだったという経緯でチケットを貰ったりするようになり、ますます全日本女子プロレスにハマっていったとか。そのハマり具合はかなり深いところまでいっているようで、こんな会話も。

清野:男性はわりと後先考えて試合してますが、女子は結構後先考えないというか・・・。

光浦:そこで多分私しびれちゃって泣いちゃうんすよね、自分は何やってんだろと毎回思っちゃうんすよ。

光浦:この人達はこの試合でなんかこう死んでもいい、ってとこまで出すのに自分は大したこともしてねーのに、っていつも泣いて帰るんすよ女子プロ見ると

 

清野:ちょっと光浦さんの目から涙が・・・。

光浦:いい試合色々思い出しちゃったハハハ

清野:でも当時だって光浦さんTVでバリバリお仕事なさってたじゃないですか

光浦:してましたけど・・・大したこともできずでずーっとなんやかんやで44になったけど・・・。また女子プロ見て心入れ替えなきゃいかんな・・・。

清野:自分の生き方を振り返るような、そういう存在なんですね

光浦:だって、女の人が命削ってさぁ、普通やらんよ、お嫁さんだよ女がやることは

と、人生を賭して闘う彼女らへの尊敬の念が伝わってきます。確かにあの頃の全日本女子プロレスは狂気じみていたというか。危険な技バンバンやってたし、感情ムキ出しで闘う姿がファンの心を掴んでいました。全日本女子プロレス自体があの頃強烈な光を放っていた、という印象でした。

 

ちなみに、光浦靖子が好きなプロレスラーベスト3は

1位:豊田真奈美

2位:北斗晶

3位:アジャ・コング

だそうです。

それぞれの選手について語っていましたが、それぞれが納得。アジャの受けの巧さや北斗のマイクの巧さ、頭の回転の速さ。そして豊田の天才性、天然なところについてハイテンションで話していました。最近はあまりプロレスを見ていない、という光浦ですが、今のプロレスを見てどう思うかも聞いてみたいところです。

   

他にもこの回の中では「めちゃ日本女子プロレス」についても細かく語っていて、数日間でプロレスを知らないアイドルと試合を組み立てる大変さ、台本の存在などにも触れており、バラエティ番組的にもTVプロレス的にも貴重な資料なのではないでしょうか。 

その当時ポッドキャストで落としていた人は聴けますが、今からポッドキャストで新たにダウンロードするのは不可能。このへんの濃い話をまとめて書籍化してくれればある程度のニーズはあるんじゃないでしょうか!ラジオ日本さん!

それか、例えばめちゃ女にフォーカスしてゴングやKAMINOGEなどで深く聞いてくれればまたいろんな話を掘り起こせるのではないか。正直私はめちゃ女がコンスタントに続いてくれたら女子プロレスの歴史が変わったと思っているので、業界が今後のヒントにするためにもお願いしたい。

 プロレスの他にも「松本キックが若手芸人を率いて空手合宿をしていた」、「ユリオカ超特急の解説付きで無我の試合を会場で見た」など当時のお笑いちょっといい話も満載だった「真夜中のハーリー&レイス」出演回。ポッドキャスト落としたり、録音している人は聴き直して欲しいし、ラジオ日本も例えば書籍化とかも考えて欲しい。光浦靖子のプロレス愛、というよりプロレスラー達や共演者、仲間達への尊敬の念が感じられるし、人の良さが滲み出ているようないい回でした。

今回のめちゃイケを見て、この回を思い出したのもプロレス絡みだから、というわけだけではなくて彼女の誠実さ、人の良さが感じられたから。光浦さん、ほんといい人なんです!

関連記事 

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com