読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

「赤めだか」メインキャスト発表。鶴瓶、薬師丸ひろ子、宮川大輔・・・。志らく役は誰が?

落語 TV

TBSの年末ドラマ「赤めだか」の放送日、メインキャストが発表されていました。

www.tbs.co.jp

  • 立川談春役・二宮和也
  • 立川談志役・ビートたけし

に関しては以前から発表されていましたが、その他に

  • 番組ナビゲーターに笑福亭鶴瓶
  • ナレーションに薬師丸ひろ子
  • 立川関西役に宮川大輔
  • 立川談かん役に柄本時生
  • 立川ダンボール役に新井浩文
  • 立川談々役に北村有起哉

が今回発表されました。

「番組ナビゲーター」、「ナレーション」と、番組説明の役割を二人おいていることについては、「赤めだか」本編でも落語界のしくみや立川流のルールについての説明部分に多くの紙幅をさいていることもあり、ドラマ本編での説明部分を極力減らしてわかりやすくしよう、という配慮でしょう。

単発のドラマで「赤めだか」をやるのであればこれは的確な判断かと思います。ところどころ説明が多く入ってくるとストーリーが入ってこない時があるので。

 

笑福亭鶴瓶がナビゲーター、というのは知名度&ビートたけしとの関係性からのチョイスかと思います。「赤めだか」自体は東京の話であり、東京と大阪の落語界では微妙なルールの違い(前座・二つ目・という階級は東京にしかなかったりします)があったりするのも考えると、例えば立川志の輔、春風亭昇太、林家木久翁などがナビゲーターになってもいい(ゲストで出るのかもしれませんが)ところを鶴瓶というのは、細かいところより大枠の「落語」をお茶の間に説明するというところを重視したのではないでしょうか。視聴率獲るぞ!という気合を感じます。

 

そして薬師丸ひろ子と落語の関係は自分はよく知りませんが、「お母さん」っぽいナレーションはよさそうな感じです。

 

ただ、今回発表された立川談かん(現ダンカン)、立川ダンボール(原作に出てきたか・・・?ちょっと記憶に無いのでオリジナルキャラでしょうか?それとも誰かの前座名だったのか?)に関してはあまり談春と絡みのないキャラクターなはずなので、チョイ役的なところだと思います。

そして、立川関西(のちの立川文都)が宮川大輔。典型的な「おしゃべりな関西人」キャラクターなのでこれは合っていそう。個人的にはもう少しものごしのやわらかな感じを想像してましたが、作中だとかなり喋るシーンが多そうなので、勢いが有る方がいいのかとも思います。

立川談々(のちの朝寝坊のらく)が北村有起哉。ぼんやりとした酒飲みキャラですが、こちらも似合いそう。「赤めだか」内で一番の「愛されキャラ」でもあります。宮川大輔とのかけあいで笑いも生まれそうで楽しみです。

   

今回のキャスト発表ではありませんでした(第二弾で発表されるのか?)が、このドラマで鍵を握るのはなんといっても立川志らく役が誰なのかということ。ライバルであり、嫉妬の対象でもあり、友人でもある。談春と一番濃い人間関係を過ごした志らく師匠役を誰がやるのかで、このドラマの色が変わってくるかと思います。

赤めだか

赤めだか

 

そして他にも前座の一番つらい時期を一緒に過ごした立川談秋役、厳しい&理不尽な先輩として登場する桂文字助役、優しい先輩役の立川志の輔役、そして何と言っても談春・志らくに希望を与えてくれた高田文夫役が誰なのか。番外編になりそうですが、柳家小さんは出てくるのか。まだまだ注目すべきポイントは沢山ありますが、放送日は12月28日。年末にコタツに入りながら見たい、そんな「赤めだか」を楽しみにしています。 

関連記事

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com