男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

NXT TAKEOVER:DALLAS。飯伏幸太観戦!中邑真輔全米デビュー!ASUKA戴冠!

まさに今日!WWEネットワークで「NXT TAKEOVER」を観戦。飯伏幸太が写り、中邑真輔がNXTデビューを果たし、そして華名ことASUKAがNXT女子王者を戴冠するという、日本ファンには見どころの多い大会となりました。簡単に感想だけ記しておきます。

 

中邑真輔vsサミ・ゼイン

中邑のNXTデビュー戦。一時期はいきなりRAWに行くとか言う噂の流れた中邑ですが、NXTでサミ・ゼインとの試合で初登場。サミ・ゼイン(元エル・ジェネリコ)といえばDDTでの飯伏との闘い、竹下幸之助のデビュー戦を務めたことなどが印象に残ります。日本人選手との試合経験が豊富なサミ・ゼインは中邑デビュー戦にはうってつけの相手。髭をたくわえ、愛されるキャラクターになってます。

そして中邑。リングネームは「SHINSUKE NAKAMURA」のまま。少し哀しげなテーマ曲で入場し、いつもの入場パフォーマンス。本当にアメリカにそのまま輸出した状態。いきなり「Holy Shit!」で迎えられ、アナウンサーも「Big Star In Japan」とかなりのVIP待遇。

試合自体も中邑の日本でのスタイルをそのまま。定番のムーブを織り交ぜて最後はボマイェで締め。かえって日本よりじっくりと試合していた印象すらありました。

観客もこの日一番くらいの盛り上がりを見せて大歓迎ムードで終わった中邑NXTデビュー戦。これからどんなストーリーラインに絡んでいくのか。ベルト挑戦はいつか。ベルト挑戦となると現チャンピオンはフィン・ベイラー(プリンス・デヴィッド)なわけで。これも熱いカード。デビュー戦でこれからのハードルが上がりきった印象の有る中邑。テンションを落とさずに今後も走って行って欲しい。そしてレッスルマニアのメインにたどり着いてください!

f:id:otokoman:20160207050118j:plain

   

ASUKAvsベイリー(NXT女子選手権試合)

そして次は華名ことASUKAとベイリーのNXT女子タイトルマッチ。ベイリーは突出した部分はないけれど元気でポジティブな王者、という感じ。ASUKAはミステリアスだけど強い。不気味に笑ったり、黙って相手を見つめたりと「アジアの神秘」的なキャラクター付けがされています。

この試合はなんと中邑の試合のあと、イベントの中でもセミファイナルで行われました。以前はサーシャ・バンクスとベイリーのアイアンマンマッチがメインになったこともあり、かなりいい位置で女子の試合が行われるのがこのNXTの特徴と言えるでしょう。日本の女子レスラーが!セミファイナルで!タイトルマッチ!いや凄い。これこそアメリカン・ドリームではないでしょうか。

試合もスイングしてました。元々、やはりWWEのディーバの試合は日本の女子プロレスと比べてしまうと当たりの強さ、選手の体格などで一枚落ちる部分があって軽視されていた時もありますが、ここ近年のレベルも上がり、しっかりと試合で見せるようになってきました。

この試合でもベイリーがネックロック、スイング式ラナ、バックドロップなどででASUKAを追い詰める場面などありましたが、アンクルホールドで切り返し、キックでペースを掴むと最後は胴締めのチキンウイング・フェースロックでレフェリーストップ。なんと!参戦半年でNXT女子チャンピオンに輝きました!凄い!

f:id:otokoman:20160403062129j:plain

 と、結果を出したASUKA。これからどういう展開になるのかわかりませんが、頂上に登ったことは確か。このままRAW、SMACKDOWNに行くのか、それともNXTで長期政権を築くのか。どちらにせよ今後が楽しみ。いや~、よかったよかった。いい大会でした。

 あれ・・・。これは何かの伏線?

Wwe: Nxts Greatest Matches 1 [Blu-ray] [Import]

Wwe: Nxts Greatest Matches 1 [Blu-ray] [Import]

 

関連記事 

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com