男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

3・10東京女子プロレス横浜大会で山下実優VS黒音まほ!ゾンビ横浜出現!

3・10、東京女子プロレスの横浜ラジアントホール大会が行われます。この大会の注目はメインのタイトルマッチ。王者山下実優にゾンビレスラー黒音まほが挑戦します。あと2日に迫ったこの大会、私も生観戦予定なので、カードを紹介しつつみどころを探っていこうと思います。それではぬるっとご覧ください。今のところまだチケットはありますが、最近満員札止めが続いているので購入はお早めに・・・。

 

中島翔子&ラク vs ヒカリ&ヒナノ

アップアップガールズ(プロレス)というユニットで今年の1・4にデビューしたラク、ヒカリ、ヒナノ(もうひとりのミウは今回お休みです)に中島翔子が加わったタッグマッチ。なんだかんだでまだ生でアップアップガールズ(プロレス)を見たこと無いので、初見を楽しもうと思います。まああまり多くを求めて見る試合でもないので、元気よくて危なっかしくなかったらいいなーと思います。はい。

優宇 vs ハイパーミサヲ

そしてなんか不穏なシングルマッチ。タッグタイトルマッチで負けた優宇、そろそろまたシングル王座を狙っても不思議ではないですが、しかしそれとは特に関係ない試合になるでしょう。正直、どうせハイパーミサヲがいろいろ喋って最後は負けるんだろうなーと思って見ると思いますが。まあなんか驚きがあることを祈ります。そんなかんじ。

辰巳リカ vs 伊藤麻希

さりげなく組まれたシングルマッチですが、私は伊藤麻希の試合はどのシチュエーションでも楽しみにしてるのでこの試合も気合い入れて見る予定です。ただ、辰巳リカは東京女子の中ではベテランになるわりには技術的に不安定なので、レスラーとしての技量が高くない伊藤麻希とのシングル、ということでプロレスの試合的な不安はあるところ。

今のところ辰巳リカが瑞希にぞっこんで、瑞希は伊藤麻希のタッグパートナーなので、そういうやりとりとかもあるのか・・・どうでもいいけど。まあ、そういう部分も含め、色々不安なシングルマッチです。

坂崎ユカ vs のどかおねえさん vs 上福ゆき

東京女子にわりと多い3WAY。坂崎ユカが入っているのでわりと安心感はありますが、なんといっても問題は上福ゆき。

はっきり言ってレスラーとしての技量は駆け出しもいいとこですし、さらに自由な性格をリング上でもいかんなく発揮。相手にいきなり英語でまくしたてたり、フランクに話しかけたりとはっきり言って個人的に苦手な空気をリング上に流すことの多い選手なんですが、先週の成城大会ではケータイで自撮りしながら登場し、そしてそのケータイが本当に鳴る、という事件を起こしてました。

でも、それははっきり言ってどの試合よりも面白かったので、そういうとこがこの人の楽しみ方なのかな、と思えてきました。上福ゆきを楽しめるのか?それが自分への挑戦!という気持ちでこの試合を見ようと思います。ガンバレー!俺!(大家健風) 

上福ゆき #かみーゆ ONE derful! [DVD]

上福ゆき #かみーゆ ONE derful! [DVD]

 

 沙希様&アズサ・クリスティvs瑞希&小橋マリカ

先週の成城大会でのどかおねえさん&優宇組を破ってタッグ王座を防衛した沙希&アズサ組。そしてタイトルマッチ後にタッグ王座挑戦を表明した小橋マリカ。本番は山下実優と組んで挑戦予定ですが、その前哨戦として瑞希と組んでのタッグマッチ。小橋マリカという選手は優宇、のどかおねえさんと同期ですがなんとまだ高校一年生!去年までは「わりと気持ちが見えにくい、ふわっとした試合する選手だな~」と思って見てましたが先月の沙希戦で覚醒。一気に気持ちを乗せた打撃を連打し、応援したくなるファイトを見せました。

東京女子を見ていてこの「選手が一気にガラっと変わって成長する」、いわゆる「化ける」瞬間を目撃できるのが楽しみなのですが、小橋マリカは典型的に「化けた」選手。このままガンガンいってくれればタッグタイトルマッチも楽しみになってくるというもの。小橋マリカに注目です。

   

TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス選手権

〈王者〉山下実優 vs 黒音まほ〈挑戦者〉
※第5代王者の3度目の防衛戦

空手出身、キックを中心としたファイトスタイルで、東京女子プロレスの「強さ」の部分を担っている「絶対エース」山下実優。DDTでいうHARASHIMA的ポジションでしょうか。天然なところも思えばHARASHIMAっぽいですか。というわけでムーブ集を作成しましたのでご覧ください。

www.youtube.com

一方黒音まほはゾンビレスラー。2016年6月デビューなので、デビュー2年未満でのベルト挑戦。キャリア少なめの選手が多い東京女子プロレスですが、このスピードはなかなかのもの。ネックブリーカー系の技を得意とし、バリエーションを持っています。こちらもムーブ集をどうぞ。

www.youtube.com

もちろん今までのキャリア、実績を考えたら山下有利のこのタイトルマッチ。チャレンジマッチ的にもとらえられそうなマッチメイクですが、ただこのキャリアの選手はどこかで大化けするもの。ゾンビ的ギミックに隠れてはいますが、確かな素質は感じる選手なので一発大技決めて獲ってしまう、という展開もなしではない、という気もします。とりあえず私は黒音まほ中心に見ようと思います。ベルトを獲って団体を背負うかも、という試合でどういう戦いをするか、注目です。

f:id:otokoman:20180308031154j:plain

東京女子プロレス・横浜ラジアントホール大会は12:30開場、13:00試合開始。横浜ラジアントホールはJR関内駅から徒歩10分ほど。そこそこ歩くので初めていく方は要注意。チケットはぴあ、ローソン、イープラスなどで売ってますが、最初に書いたとおり完売にご注意を。あなたは史上初(かはわかりませんが)ゾンビチャンピオン誕生の目撃者となるか?東京女子プロレス、たぶん面白いと思います。