読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

年末年始プロレスマラソン③2016・1・2 全日本プロレス後楽園ホール大会。秋山VS諏訪魔の死闘!

 ちょっと時間が経ってしまいましたが1・2全日本後楽園大会について軽く。2016年プロレス初めは全日本プロレスから。後楽園ホールもまだ正月気分でした。入り口にはこんな感じのディスプレイが。おめでたい!

f:id:otokoman:20160102113853j:plain

諏訪魔と秋山の顔隠れてますけど・・・。

試合前は所属選手が全員リングに上がって、秋山社長からの新年の挨拶。そしてその場でさらっと11月27日の両国国技館大会の開催が発表されました。なんと!!

去年は暗い話題が多かった全日本プロレス。今年は体勢を立てなおして何とか両国を成功させて欲しい。DDTだったらこの発表サプライズにしといてモニターでドーンとかやるところをしれっと発表するところが全日本らしいところであり、もどかしいところでもあります。見る側も両国に向けて、という目で見れるのでこの発表は嬉しい所。とにかく落ちるところまで落ちたという印象の全日本プロレス、あとは上がるのみ!両国行きますよ!!

 

第一試合

◯ウルティモ・ドラゴン&西村修&土方隆司
13分54秒 ラ・マヒストラル
✕SUSHI☆小僧&SUSHI&渕正信

第一試合は安定の6人タッグ。渕さんのボディスラムがこれからも見れる喜び。そして最近はSUSHI☆小僧のアグレッシブさが試合を引っ張るようになってきたように見えます。最後はウルティモ校長のラ・マヒストラルでピン。今年もよろしくお願いします、という感じの第一試合でした。 

 第二試合

◯石川修司 
8分47秒 スプラッシュマウンテン→体固め
✕佐藤光留

 f:id:otokoman:20160102123102j:plain

石川修司と対峙する佐藤光留。緊張感の有る勝負でした。

第二試合は意外なシングル。パワーで攻め込む石川にキックで対抗する佐藤光留。佐藤が劣勢ながらも何とか立ち向かう姿には気持ちを感じました。何とかしてやろう、というあがき、やられてもやられても返していくという姿勢、一発を狙う関節技。ゴツゴツとした展開の第二試合は石川がランニングニーで佐藤をグロッキーにしてからのスプラッシュマウンテンでピン。第二試合ながらもいい試合でした。グッと来る試合!

第三試合

◯宮本裕向&木高イサミ&田村和宏
12分40秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め
✕佐藤恵一&中島洋平&青柳優馬 

f:id:otokoman:20160102124335j:plain

ヤンキー二丁拳銃。もはや風格すら感じるたたずまい。

そしてヤンキー二丁拳銃&田村と中島、青柳、野村の6人タッグ。ヤンキー二丁拳銃、年越しプロレスでも見たんで全く新鮮味ないですが、いや~働くなぁ・・・。しかしどの会場でも安定した試合っぷりをするのが素晴らしい所。この日もちゃんと全日本の若手3人をしっかりと受け止めてみせました。彼らのイキの良さも目立ちましたが、それをしっかり生かすベテランの技。面白く見せてもらいました。

第四試合

◯野村直矢&青木篤志
7分33秒 フロッグスプラッシュ→片エビ固め
✕ジェイク・リー&宮原健斗

 ユニット名が新たにNEXTREAMと決まった宮原&ジェイク組。新年から勢いを付けたい2人でしたが、そこに立ちはだかったのが野村直矢。青木のアシストを受けつつも、宮原の攻撃を耐え、ジェイクとは若手らしい意地の張り合い。全日本の若手同士の闘いは気持ちが見えてくるのがいい。まだ技が少ない部分もありますが、野村もジェイクも大型だし、当たりも強いのでこのまま上がっていってライバル関係になって欲しいところです。最後はフロッグスプラッシュでジェイクを抑えた野村。3日に中島とのGAORA選手権を控えていることもあり、勝利後ベルト獲りをアピール。いい顔してます!

f:id:otokoman:20160102132921j:plain

勝利後の野村。いい顔してます!

第五試合

◯岡林裕二&関本大介
13分13秒 ゴーレムスプラッシュ→片エビ固め
✕大森隆男&ゼウス

 そして大日本タッグ参戦。この2人も年越しプロレスでも見たなと。そしてこの日の夜興行は大日本後楽園。働くなー。大森&ゼウスという普段組まないタッグ相手ではありましたがしっかりと勝利。しかも大森からフォールを奪うという勢いを見せつけました。世界タッグ戦線に絡んでくるのか?

   

第六試合 新春無差別級バトルロイヤル

◯青柳優馬
13分29秒 エビ固め
✕ウルティモ・ドラゴン

【退場順】1.中島洋平2.青木篤志3.野村直矢4.宮原健斗5.ジェイク・リー6.佐藤恵一7.渕正信8.石川修司9.西村修10.土方隆司11.SUSHI12.SUSHI☆小僧13.田村和宏14.宮本裕向15.木高イサミ16.佐藤光留17.入江茂弘

そして毎年恒例バトルロイヤル。今年はヘビー・ジュニアヘビーの区別なく無差別級。選手の減った全日本ですが、あえて無差別級の闘いを極めていって欲しい。バトルロイヤルは渕が石川修司を投げた途端に両者フォール、ヤンキー二丁拳銃の仲間割れなどいろいろドラマがありながら最後は入江を丸め込んだウルティモ校長をそのまま回転させて丸め込んだ青柳が優勝。賞金50万(!)を手にして喜んでました。そりゃ喜ぶわ!

 f:id:otokoman:20160102140606j:plain

コーナーに登って大喜びの青柳。デカすぎるお年玉

 第七試合 三冠ヘビー級選手権試合

◯諏訪魔
24分19秒 バックドロップホールド
✕秋山準

 そしていよいよ三冠戦。静かな殺気をたたえた秋山、神妙な面持ちの諏訪魔が対峙して試合開始。最初にペースを握ったのは秋山でした。場外戦に持ち込んでヒザを叩き込みDDT、柵に叩きつける等非情な攻め。リングに上がってもペースを握り、ヒザを連打するなど優勢に試合を進めていきました。

ここではっきり見えたのは秋山の覚悟。表情一つ変えずに諏訪魔を攻め込んでいく姿には狂気すら感じるほど。選手離脱で吹っ切れたのか、鬼となった姿を見せてくれました。

しかし諏訪魔も万力スリーパー、ダブルチョップ、投げっぱなしジャーマンなどで徐々に盛り返していき、一進一退の攻防に。なんとドロップキックで秋山を場外にふっ飛ばしてからのトペ!私の席の目の前に飛んできたんで仰天しました。迫力が凄かった!

しかしがそれでも秋山の攻撃はやまず、中腰の諏訪魔のアゴにガンガンヒザを連打してからのエクスプロイダー、返されてもヒザからのエクスプロイダー、腕取り式エクスプロイダーからのフォール!これで決まったーと思ったところを諏訪魔を返してからのラリアット、バックドロップの連打!もう行くところまで行ったところでのバックドロップホールドで3カウント!諏訪魔が新王者に輝きました。いやー、ほんとに凄かった! 

f:id:otokoman:20160102144006j:plain

肩を抱えられて去る秋山、疲れを見せる諏訪魔。激闘のあとが見えます

新年早々ベストバウト候補の熱戦!秋山が非情に攻めてきたからこその諏訪魔の爆発。秋山の攻撃をことごとく返していく諏訪魔の凄味が見れました。本当に「熱戦」でありすごい勝負でした。さすが三冠戦。

 

その後リングに上がった石川修司、ゼウス、宮原健斗。この3人と諏訪魔の間で三冠ベルト戦線がくりひろげられるんでしょうが、諏訪魔にはもっと視線を広げてもらって大日本勢やフリーの大物、鈴木秀樹などとも闘って欲しい。この日の夜の大日本にも出場しているしその覚悟もあると思うので、チャンピオン自ら全日本の凄さを外にアピールして欲しいと思います。

1月2日後楽園大会、全日本プロレスは凄い試合してるし面白いんだよ!と後楽園ホールの真ん中で叫びたくなる興行でした。満足、満足! 

自叙伝 諏訪魔 俺は逃げない絶対に!

自叙伝 諏訪魔 俺は逃げない絶対に!

 

 買う勇気ない諏訪魔の自伝・・・。

関連記事 

otokoman.hatenablog.com 

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com