読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

3・12全日本プロレス後楽園ホール大会観戦記後編。俺たちアックスボンバーズ!メインは大日本VS全日本!

プロレス 全日本プロレス 大日本プロレス

そして観戦記後編です。(※長かったので二本に分けました)

 

第六試合 GAORA TVチャンピオンシップ

 ◯中島洋平【王者】
17分2秒 跳後廻蹴→片エビ固め
✕SUSHI【挑戦者】
※第7代王者が3度目の防衛に成功

 これまで野村、中島相手に防衛し、二人の力を存分に引き出す試合をしてきた中島ですが、今回はSUSHIとの試合。2人のゴツゴツとした攻防、気持ちのぶつかり合いが見れた試合でしたが、最後は中島が勝利。

少しづつ技に粗さが見えたのも事実ですが、やはりこういう試合でどれだけ力を出せるかが今後の中島の課題かと。明確なテーマのない中でのタイトルマッチを組まれることもある中でどれだけの物を見せれるか。これが今後のGAORAベルトの価値をどれだけ上げれるかのポイントかと。

このGAORAベルトがどういう意味を持つベルトになるのか。他団体に出て行くのか。ジュニアのベルトという位置付けを脱するのか。今後の中島の舵取りが問われる所です。 

第七試合 アジアタッグ選手権試合

 ◯宮本裕向&木髙イサミ【第98代王者組】
14分0秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め
✕田村和宏&大森隆男【挑戦者組】
※第98代王者組が3度目の防衛に成功

 ほぼ10年前にサムライTVの「スクールウオーズ」パロディ企画で、大森隆男率いる「アックスボンバーズ」というユニットを結成していた宮本、イサミ、田村(もう一人は726)が集結したアジアタッグ選手権試合。

今まで他団体で防衛戦をこなしてきたヤンキー二丁拳銃ですが、全日本に戻ってきての防衛戦。相変わらずの研ぎ澄まされたチームワークを発揮した2人が田村を攻め込み、イサミが大森のアックスボンバーを食らったりとピンチもありましたが最後は宮本がムーンサルトで田村をピン。やはり10年前ユニットを組んでいたと言っても大森&田村組の急造タッグ感は否めず。これを機に本格的なタッグとして組んでいってもいいのではないでしょうか。もちろん秋山とのタッグもある大森ですが、田村を引っ張る姿、そして試合後の天然なマイク、この試合で一番魅力を引き出されたのは実は大森隆男ではないか。

第八試合 メインイベント

   

◯秋山準&ゼウス&ボディガー
15分50秒 リストクラッチ式エクスプロイダー→体固め
✕橋本大地&岡林裕二&関本大介&橋本大地

そしていよいよメイン。ゼウス・ボディガー・岡林・関本とリングに並ぶともうこれは肉弾戦の予感しか無いわけですが、しかし途中からクローズアップされていったのは秋山VS大地のマッチアップ。果敢に蹴りで挑む大地に対してとことん膝を叩き込む非情さを見せた秋山、最後はリストクラッチ式エクスプロイダーまで出して大地を料理。ある程度相手を認めた形でフィニッシュを取りました。

 

こうして終了した全日本プロレス後楽園大会。リング上は充実してきている全日本、なのであとはこれを続けて足元を固めるしかない。そして11・27両国へとつなげていってくれれば!とりあえずもうすぐチャンピオン・カーニバルが開始。引き続き全日本プロレスを見続けていこうと思います。最高ですか~!!

小橋健太、熱狂の四天王プロレス

小橋健太、熱狂の四天王プロレス

 

関連記事 

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com