読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

何故かステカセキング登場!DDTプロレスリングとは何か?

DDTプロレスリング プロレス

後日もうちょっと詳しく書こうかなと思ってますが、観戦しながら気楽にツイートしたこれがなんか凄く拡散されてちょっと引いてます。

なので、なぜこういうことになっているのか簡単に説明させて頂きます。基本的なとこから、プロレスに関して知識、興味があまりない人向けに。あまりやったことないので手探りでやっていきます。

まず、ここはどこで何をしてるとこなの?

 

ここは9月25日の後楽園ホール。「DDTプロレスリング」という団体が試合を行っているところです。後楽園ホールとは、東京ドームの横にある「青いビル」内のホール。2000人くらい収容で、ほぼ毎日なにかしらのプロレス、格闘技の大会が行われています。最寄り駅はJR水道橋駅。

そして「DDTプロレスリング」とは、高木三四郎というプロレスラーが1997年に旗揚げしたプロレス団体。今「プロレス」といえば「新日本プロレス」ですが、その次に勢いがあると言われているのがこの「DDTプロレスリング」。年2回両国国技館で大会を行い、現在テレビ埼玉で毎週試合中継番組が行われています。そして映画も11月26日から公開。シリアスな闘いだけでなく、お笑い、アイドル、バラエティ等、幅広い闘いを行うことで知られています。

   

 

DDTプロレスリング 主な所属レスラー

 

高木三四郎

通称「大社長」今でも現役のレスラー兼社長。DDTプロレスリングだけでなく、武藤敬司の団体「Wrestle-1」のCEOも兼任。偉いけどワガママな人です。

スーパーササダンゴマシン

最近「煽りパワポ」を武器に色んなメディアに出演。「水曜日のダウンタウン」、「NHK高校講座」、「ナカイの窓」などにも出演。芸能人として松竹芸能に所属しています。

男色ディーノ

はっきり言ってゲイレスラー。入場時は観客の男性にキスを迫り、試合中は相手の股間をまさぐり、尻を出す。自分のタイツに相手の頭を入れての「男色ドライバー」が必殺技。

坂口征夫

元・新日本プロレスの坂口征二の息子、俳優の坂口憲二の兄。かなりの強面でガンガン相手を蹴りまくる。シンプルに「怖い人」です。

赤井沙希

元ボクサーの俳優、赤井英和の娘さん。モデル体型をキープしつつ男性の中に混じってプロレスをして頑張ってます。はっきりスタイルのいい美人さん。

DDTの映画活動

 

 DDTプロレスリングは今まで1本映画を作成し、近日中に新作映画が公開されます。

劇場版プロレスキャノンボール2014

「テレクラキャノンボール」から着想した映画。プロレスラー13名が4チームに分かれ、各自の車ででゴール(東北)をめざしながら、2泊3日の行程でスピードを競うRUNステージと試合数、勝敗を競うWRESTLEステージで得点を競っていくファイティングドキュメンタリー。

 俺たち文化系プロレスDDT

2015年秋に東京・後楽園ホールで行われた大家健、HARASHIMA対棚橋弘至、小松洋平戦を軸に、文化系レスラーたちの友情物語を映し出すドキュメンタリー映画。11月26日公開予定です。

natalie.mu

何故後楽園ホールにステカセキングが登場したのか?この日の出来事。

 

11月6日、東京・新木場STUDIO COASTでDDTプロレスリングが音楽フェス「DDTフェス2016 supported by ナタリー」が行われ、その参加アーティストとして、覆面3人組エレクトロニック・ダンス/ポップユニット「CTS」に「ステカセキング」が加わった「CTS with DJステカセキング」が紹介され、その流れでリングに登場、となったのが下の写真です。

f:id:otokoman:20160925115653j:plain

ちなみにこのDDTフェス、他の参加アーティストは筋肉少女帯、ベッド☆イン、清水アキラなど。詳細は各自調査でお願いします。

f:id:otokoman:20160925120556j:plain

「プロレスアイドルユニット」NwA。歌って踊って闘えるプロレスアイドルです。

f:id:otokoman:20160925125146j:plain

今日行われたLiLiCoの結婚相手争奪マッチ。結局結論は10月8日に持ち越しに。

f:id:otokoman:20160925144851j:plain

現チャンピオンの石川修司選手。195cm、140Kgの巨漢。凄い選手です。

 

このように色々な闘いが行われているDDTプロレスリング。笑える部分も多いので、プロレスにあまり興味がなかった人への入り口としてもおすすめです。今までの紹介で引っかかったところがあれば一度ネットで見てみたりして、興味があればぜひ会場に。軽い気持ちで見に来てください!

   

関連記事 

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com