男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

全日本Jr爆発!12・27「2020 Jr TAG BATTLE OF GLORY」栄冠は佐藤光留&田村男児へ!

f:id:otokoman:20210106225348p:plain

12・27 昼夜興行の夜!「2020 Jr TAG BATTLE OF GLORY」

12月27日、新木場1st RINGでの佐藤光留昼夜興行。昼のハードヒット、夜の2020 Jr TAG BATTLE OF GLORYと、一日新木場にいることに。昼のハードヒットはハードヒットらしい濃厚な興行になりました。パンクラス、という星の下に集った男たちの生き様を見せられたと言うか。そんな観戦記は↓から御覧ください。 

otokoman.hatenablog.com

 そしてこの「2020 Jr TAG BATTLE OF GLORY」、毎年恒例の全日本プロレス、Jrヘビー級のタッグリーグ戦が今年はコロナ禍ということで行われなかったので、佐藤光留の自主興行に全日本プロレスが協力する、という形で1DAYトーナメントとして開催されました。トーナメントの組み合わせはこちら。

 決勝戦までは2カウントルールで10分一本勝負。時間切れの場合はウエイトが軽いほうが勝利となります。全7試合で行われました。そしてこのルールが意外なドラマを生むことになろうとは。あ、ちなみにダークマッチが最初にあってランボー川村が出てました。なんというか楽しそうでした。

   

1DAYタッグトーナメント一回戦

第1試合 10分一本勝負

○佐藤光留(パンクラスMISSION)&田村男児(全日本プロレス)
(7分31秒 バックドロップ→片エビ固め)
飯塚優(HEAT-UP)&✕ 井土徹也(HEAT-UP)

第1試合は佐藤光留&田村男児のEvolutionタッグと飯塚優&井土徹也のHEAT-UPタッグの対決。GLEAT移籍が決まっている飯塚、井土ともに昼のハードヒットに参戦していたこともあり、蹴りと極めあいのゴツゴツした展開に。ヒザ十字、腕十字などでHEAT-UP組が田村を苦しめることに。

f:id:otokoman:20201227182240j:plain

f:id:otokoman:20201227182432j:plain

しかし、その中でパワーに勝る田村が存在感を発揮、ダイビングショルダーで井土をふっとばして光留にタッチ。井土の攻撃をカウンターの延髄斬りで返した光留、キックからのバックドロップを決めてカウント2奪取。Evolutionタッグが勝利を挙げました。

f:id:otokoman:20201227182830j:plain

しかし、試合後膝を気にしてうずくまる光留。昼のハードヒットで鈴木みのるに散々痛めつけられたのが響いたか。なんとか脚を引き釣りながら退場するも、このあとの試合が不安になる状態でした。田村も心配げ。

f:id:otokoman:20201227182853j:plain

 

第2試合 10分一本勝負

○ 大森北斗(全日本プロレス)&児玉祐輔(フリー)
(5分8秒 十字固め)
✕イザナギ(全日本プロレス)&竹田誠志(フリー) 

 久々に全日本登場の竹田と組むのはイザナギ。現アジアタッグチャンピオンなこともあり負けられない試合。一方アンファンテリブルの大森&児玉、ヒールらしく早速の奇襲で試合開始。

f:id:otokoman:20201227183137j:plain

ほぼ初コンタクトに近いはずの竹田と児玉。小ずるく立ち回り、連携を駆使していく児玉に翻弄されつつも、徐々にターゲットを大森北斗に定めて攻め込んでいきます

f:id:otokoman:20201227183336j:plain

大森北斗に対し、竹田がロッキンポ殺し、イザナギが投げ捨てジャーマン連発からのバズソー。ダウン状態の大森をいたぶって起こそうとしたイザナギですが、大森が下から横十字固めでイザナギを丸め込んでカウント2。大森&児玉のアンファン組が勝利を飾りました。

試合が終わってからイザナギのマスクを北斗が剥ぐ展開に。なかなか剥げずにちょっとハラハラしましたがマスクを奪って意気揚々と去っていきました。新人の大森北斗がどんどんヒールっぽくなっているのが頼もしい試合でした。

f:id:otokoman:20201227183731j:plain

 

第3試合 10分一本勝負

○岩本煌史(全日本プロレス)&阿部史典(プロレスリングBASARA)
(7分15秒 ジャーマンスープレックスホールド)
✕フランシスコ・アキラ(フリー)&植木嵩行(フリー) 

第3試合は岩本煌史&阿部史典の名古屋スポルティーバ出身タッグと、岡田祐介全日本プロレス退団により急遽組むことになった元大日本プロレス、植木嵩行&フランシスコ・アキラ組。まあ正直絆のある岩本&阿部にはなかなかかなわないだろうな、と思いきや入場とともにどよめきが。警察官ペアルック&ダブル敬礼!息あってる?

f:id:otokoman:20201227184036j:plain

試合に入っても敬礼を軸に試合を組み立てていく植木&アキラ。阿部と岩本が攻め込んでいくも要所要所で敬礼で試合の流れを止め、アキラとの合体攻撃で反撃に。しかし阿部も負けずに奇怪なポーズで対抗するというなかなかの「ワールド」をつくりあげていきます。意外にも一進一退の攻防を繰り広げる両チーム。

f:id:otokoman:20201227184424j:plain

しかし、アキラがロープに飛んだところを岩本がキャッチ、阿部がエルボー、すかさず岩本がジャーマン・スープレックス・ホールドで固めてカウント2を奪取。岩本&阿部組が勝利を奪いました。経験とコンビネーションで上回ったスポルティーバ組が準決勝に進みました。さすがの貫禄。岩本が阿部と組んで楽しそうだったのが印象的でした。

f:id:otokoman:20201227184936j:plain

f:id:otokoman:20201227185007j:plain

 

第4試合 10分一本勝負

青柳亮生(全日本プロレス)&○ ライジングHAYATO(愛媛プロレス)
(9分9秒 高角度後方回転エビ固め)
ブラックめんそーれ(全日本プロレス)&✕SUSHI(フリー)

全日本プロレスに久々に登場のおすしさんことSUSHI。このツーショットいい!この絵だけでできれば今後も継続参戦して頂きたい。

f:id:otokoman:20201227185244j:plain

一方、イケメン若者タッグの青柳亮生とライジングHAYATO。なんか互いに不仲というか不穏空気をまとったまま登場。緊張感あるままでの試合開始になりました。

f:id:otokoman:20201227185400j:plain

SUSHIが「あ」と指差して丸め込もうとする昭和コメディレスラームーブを披露したり、ブラめんが「シャー」攻撃でそこそこ沸かせたりとマスクマンコンビがペースを握り、青柳とHAYATOは内輪もめモード。しかし、ふたりとも躍動感溢れる攻撃で沸かせます。高いフェースクラッシャーでSUSHIを叩きつける!

f:id:otokoman:20201227190108j:plain

その後マスクマンコンビも踏ん張り、SUSHIがテッカマキを仕掛けてからHAYATOと丸め込み合戦。最後はHAYATOがフランケンシュタイナーで丸め込んでカウント2奪取。不仲若者イケメンコンビが準決勝進出を果たしました。

試合後もモメながら帰る青柳&HAYATO組。次の試合に不安を残しつつ去っていきました。また、負けはしたもののいい和みというか、笑いのコンビネーションを見せてくれたブラックめんそ~れ&SUSHI組。SUSHIの再登場をぜひ!全日本プロレスさん、検討して下さい!

f:id:otokoman:20201227190319j:plain

   

1DAYタッグトーナメント準決勝

第5試合 10分一本勝負

佐藤光留(パンクラスMISSION)&田村男児(全日本プロレス)
(5分8秒 キャプチャードアームバー固め)
大森北斗(全日本プロレス)&✕ 児玉祐輔(フリー)

一回戦でイザナギから剥ぎ取ったマスクを手に入場した大森北斗。ドヤ!この顔!すっかりヒールっぽくなった北斗。アンファンに入っての成長が見える北斗。悪そう!

f:id:otokoman:20201227190610j:plain

一方の佐藤光留&田村男児。足を引きずりつつなんとか入場した光留。二人で握手を求めますが、当然のように児玉&北斗組の奇襲に合ってボコボコにされるハメに。

f:id:otokoman:20201227190723j:plain

リング下からプッシュアップバーを取り出して光留の脚をぶっ叩く児玉。ニヤニヤしながら悪行を働く姿が板についているのはさすが。ひたすら脚を抑えて苦しむことしか出来ない光留。ジワジワと追い詰められていきます

f:id:otokoman:20201227191205j:plain

しかし、プッシュアップバー攻撃からドラゴンスクリューを仕掛けた児玉を腕十字に取った光留、そのまま足をとって丸め込んでカウント2を奪取。絶体絶命のままなんとか決勝進出を決めました。試合後は自力で歩けずなんとか田村の力を借りて花道から帰っていった光留。心配になる、薄氷の勝利でした。

f:id:otokoman:20201227191452j:plain

 

第6試合 10分一本勝負

△ 岩本煌史(全日本プロレス)&阿部史典(プロレスリングBASARA)
(10分00秒 時間切れ→体重判定により亮生&HAYATO組が決勝進出)
△ 青柳亮生(全日本プロレス)&ライジングHAYATO(愛媛プロレス) 

 まだまだ不穏な青柳&HAYATO組。あんまり目を合わせないまま入場します。

f:id:otokoman:20201227191747j:plain

試合はさすがにキャリアの違う岩本&阿部組がペースを握り、青柳のドロップキックには阿部が低空ドロップキックをかまして腹固め。攻めの多彩さを見せていきます。さすが澤宗紀の教えを受けただけはある鋭いサブミッションで攻め込んでいきます。

f:id:otokoman:20201227192153j:plain

しかし、HAYATOも貼りての打ち合いでは負けず。気合で流れを押し返していく。試合は拮抗したまま時間が過ぎ、あっというまに残り3分に。引き分けだと有利そうな青柳&HAYATO組を岩本、阿部組がガンガン攻めたてていく展開になります。

f:id:otokoman:20201227192523j:plain

残り2分、岩本のSTFと阿部のお卍固めが決まり、ギブアップを奪えるかと思いきや青柳もなんとかロープに。岩本の大外刈り、スクリュー式ブレーンバスター、垂直落下式ブレーンバスターとの畳み掛けもHAYATOのカットでなんとかカウント1。ショートレンジラリアットも返され、すかさずフォールに入ったところで時間切れ!

青柳&HAYATOの大健闘で10分時間切れ引き分けに終わった試合、早速体重判定に移ります。

f:id:otokoman:20201227192652j:plain

結局体重判定で軽い方の青柳&HAYATO組が勝利で決勝進出。レフェリーの李日韓に謎の抗議を繰り返す岩本&阿部ですが当然判定は覆らず。番狂わせで姿を消しました。

f:id:otokoman:20201227192938j:plain

   

1DAYタッグトーナメント決勝

メインイベント 時間無制限一本勝負

佐藤光留(パンクラスMISSION)&○ 田村男児(全日本プロレス)
(31分58秒 パワーボム→エビ固め)
青柳亮生(全日本プロレス)&✕ライジングHAYATO(愛媛プロレス)
※光留&田村が2020 Jr.TAG BATTLE OF GLORY 1day tournament優勝。 

 セミファイナル後に休憩。岡田剛史VSバリヤン・アッキVS若松大樹という謎の3WAYダークマッチのあとにいよいよ決勝戦。相変わらず脚を引きずったままの佐藤光留、青柳&HAYATOも緊張感のあるまま。互いに不安を抱えたチーム同士の決勝となりました。

f:id:otokoman:20201227200023j:plain

早速足を引きずる光留、最初は寝技でなんとかペースを握りますが、その後当然のように足を攻め込んでいくHAYATO。その後もあの手この手で足攻め。低空ドロップキック、足四の字と光留を二人で追い込んでいく若手タッグ。さすがに苦しい光留。苦悶の表情を浮かべていきます。

f:id:otokoman:20201227201236j:plain

f:id:otokoman:20201227201423j:plain

光留もなんとかグラウンドに持ち込んでネックロック、袈裟固めで締め上げる光留。寝てしまえば膝の痛みなど関係ないとばかりにHAYATOを締め上げていきます。

f:id:otokoman:20201227201722j:plain

一方青柳&HAYATOは連携&飛び技で対抗。青柳も延髄斬りで光留を追い詰めていく。イキイキと攻め込む二人、不仲ながらも徐々に息があってきます。

f:id:otokoman:20201227202431j:plain

光留と青柳の「ぜんっぜん痛くありません」チョップ合戦からの光留のパワーボム&田村のショルダータックルという合体技。二人で青柳を追い込んでいきます。コンビネーションはEvolutionタッグが一方上か。ここから田村がその底力を発揮していきます。

f:id:otokoman:20201227202345j:plain

田村のショルダータックル連発から変形のレッグロック「ダンロック」に捉える田村。なんとか締め上げていきますがHAYATOもなんとかこらえ、ギリギリロープへ。

f:id:otokoman:20201227202608j:plain

その後、HAYATOのスワントーンボムをヒザで迎撃した田村、逆エビに捉えてギリギリと絞り上げる。25分も過ぎ、これで終わりかと思いつつなんとかHAYATOロープへ。噛みつかんばかりの勢いで、執念で逃れるHAYATO。意地を見せます。

f:id:otokoman:20201227202834j:plain

そして膝蹴りを連打してからのHAYATOがスワントーンボムを決めるもカウント2。4人の頑張りに会場の温度も最高潮に。青柳、HAYATO、田村と若手の底力が湧き上がるような試合を見せられている、という驚きが。

f:id:otokoman:20201227203045j:plain

光留は青柳をアンクルホールドに捕らえて田村に試合を託す。田村とHAYATOのエルボーの攻防で30分経過。両者フラフラになりながらエルボーを打ち続けます

f:id:otokoman:20201227203107j:plain

そして田村がラリアットの連打をHAYATOに浴びせ、HAYATOを起こしてからの高角度パワーボムで叩きつけてカウント3。佐藤光留&田村男児が優勝!会場は4人を称える大きな拍手に包まれました。

f:id:otokoman:20201227203347j:plain

来栖うさこ あなたをしりたくて

来栖うさこ あなたをしりたくて

  • 発売日: 2019/09/25
  • メディア: Prime Video
 

 試合後・感想

試合後なんとか4人共立ち上がって握手を交わし、健闘を称え合いました。正直、全日本プロレスの中ではまだまだ若手のこの3人がこんなにやるとは観客もあまり思っていなかったはず。しかししっかりと30分超えの熱戦を戦い抜き、大きな拍手を浴びました。

f:id:otokoman:20201227202514j:plain

そして改めて勝利を称え合う佐藤光留&田村男児のEvolutionタッグ。ここでしっかりと結果を残しました。特に田村の頑張りが目立ったトーナメント。しっかりと佐藤光留のパートナーとして存在感を発揮していました。

f:id:otokoman:20201227202558j:plain

そして光留がマイク。ハードヒットでも熱戦を戦い抜き、トーナメントもやりきった光留、もう自分には余力がない、と大会の締めを田村男児に任せるという無茶振り。戸惑いながらなんとかマイクを握った田村、テレまくってなかなか話出せない時間が続きますが、意を決して言葉を発します。

f:id:otokoman:20201227202706j:plain

本日はご来場ありがとうございました、僕たちの世界ジュニア、応援よろしくおねがいします、ありがとうございました、とシンプルな締め。21歳の田村がこの「2020 Jr TAG BATTLE GLORY」をしっかりと締めました。いや、良い大会でした。

f:id:otokoman:20201227202902j:plain

セミファイナルまではいろんな選手の特色、バリエーションを楽しめ、そして決勝戦では青柳亮生、ライジングHAYATO、田村男児3選手の底力を見せつけられました。なんと3人とも21歳。若い力がここまで出来る。改めて全日本プロレスの育成能力の凄さを思い知り、将来が楽しみになりました。

ただ一つ。これが佐藤光留興行なところが「全日本プロレス、しっかりしてください」と思ってしまうところ。もちろん佐藤光留の全日本プロレスJrへの思い入れは凄いし、興行を自分で売っていく覚悟、行動力も素晴らしいですが、ここは全日本プロレス本興行でこのような興行をやってほしかった。若手の輝きをしっかりと生かして全日本プロレスに反映して欲しい。そういう気持ちにもなった新木場大会でした。まとめると

佐藤光留は凄い!全日本プロレスの若手は凄い!

おあとがよろしいようで。