読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

8・8 新日本プロレス横浜文化体育館大会。柴田との大熱戦を制した棚橋、矢野劇場を撃破した矢野、休まない天山!

8・8 新日本プロレス横浜文化体育館大会を見ました。8月8日は私自身、同じく横浜の鶴見中学校で行われた大日本プロレスを観戦してたので、帰宅後に新日本プロレスワールドで観戦しました。今回はカメラワーク付きの会場音放送。これが一番いい!

ちなみに大日本プロレス観戦記はこちら。一夏のいい思い出になりました。

otokoman.hatenablog.com

 

第5試合 「G1 CLIMAX 25」Aブロック公式戦 

◯バッドラック・ファレ(5勝2敗=10点)
[08分30秒]バッドラックフォール→体固め
✕飯伏 幸太(3勝4敗=6点)   

各種飛び技を駆使して変なテンションで(入場時からなんか泣きそうというかおかしなテンションでした)ファレに立ち向かった飯伏ですが、最後は抵抗むなしくバッドラックフォールで敗北。これで4敗となり、完全に優勝の目は消えてしまいました。う~ん残念。試合ごとの偏差値は最も高いレスラーだと思うんですが、いい試合がことごとく勝ち星に結びつかなかったのが敗因でしょうか。

ただ、ここで飯伏も気をつけないと新日本にいいように使われて終わってしまう可能性もあるので、DDTでの飯伏、新日本での飯伏、それぞれの価値を考えての駆け引き(軸足を一旦DDTに移すとか)も必要なんじゃないでしょうか。

 

 第6試合 「G1 CLIMAX 25」Aブロック公式戦  

◯内藤 哲也(5勝2敗=10点)
[08分01秒]デスティーノ→体固め
✕矢野 通(2勝5敗=4点)

こちらは曲者同士の対決。服を着たままの内藤に対して矢野も一度脱ぎ捨てた法被をはおりなおして対抗したり、リングの上で寝っ転がった内藤に対抗してリングサイドに寝っ転がった矢野を内藤がすかさずドロップキックで蹴落としたりと違いのギミックを前提とした駆け引きが繰り広げられましたが最後は急所攻撃からのディスティーノで勝利。矢野劇場との駆け引きを制した形で5勝目をあげました。

棚橋とAJが直接対決を残し、ファレもAJとの対決を残している状況を考えると、残り二試合が天山・ギャローズの内藤はAブロック優勝候補最右翼と言っていいでしょう。今のキャラクターからもう一皮剥けてニュー内藤がG1優勝という形で完成するのか。期待しましょう。

 

 第7試合 「G1 CLIMAX 25」Aブロック公式戦  

◯ AJスタイルズ(5勝2敗=10点)
[13分29秒]カーフキラー
✕天山 広吉(1勝6敗=2点)

最近の不甲斐ない試合ぶりからしたら粘った天山ですが、最後は足を捉えられカーフキラーでギブアップ。AJはやはり関節技、立ち技での必殺ムーブがそれぞれあるのが大きい。連戦の中で臨機応変、多彩なフィニッシュで勝ちを重ねています。

11日後楽園で星を落とさなければ、14日の両国での棚橋線が天王山。ここで勝ったほうが優勝に大きく近付くでしょう。天山は・・・まあいいんじゃないすかね。

   

第8試合 「G1 CLIMAX 25」Aブロック公式戦   

◯真壁 刀義(4勝3敗=8点)
[08分55秒]キングコングニードロップ→片エビ固め
✕ドク・ギャローズ(1勝6敗=2点)

ギャローズの蹴り技に大いに苦しんだ真壁ですが、ネックハンギング・ボムをカウント2で返してデスバレーボムから最後はキングコングニードロップで勝利。これで4勝と、ギリギリ優勝戦線に踏みとどまりました。

ただ、今後真壁は飯伏戦と棚橋戦を残しているので優勝の可能性は限りなく低いかと思いますが、どちらかを食っておけば今後のIWGPへの足がかり(いや、そもそもNEVERのチャンピオンなんですが)になるかと思うんで、出来れば棚橋を食ってくれることを期待してます。スイーツだけに・・・。

otokoman.hatenablog.com

 第9試合 「G1 CLIMAX 25」Aブロック公式戦  

◯棚橋 弘至(5勝2敗=10点)
[21分20秒]エビ固め
✕柴田 勝頼(4勝3敗=8点)

 ロープに振ってのコブラツイスト、延髄蹴り、卍固めといやおうでも猪木を思い出させる技をくりだしてくる柴田。心なしかアゴもちょっと出てきた気すらします。一方ドラゴンスクリュー、ヒザ攻めと、こちらも武藤を意識したようなファイトを見せる棚橋。特に最近の棚橋は意図的にヒザ攻めの割合を増やしているように思います。年齢とともに飛び技から寝技へのシフトを図っているんでしょうか。20分を超える攻防から、最後はジャパニーズ・レッグロール・クラッチを返された棚橋がスリーパーに来た柴田を強引に丸め込んで3カウント。熱戦の決着は意外な形でやってきました。

丸め込みで終わったとはいえ、これは紛れもない好勝負でした。柴田も格闘技的な要素と新日本のスタイルを上手く融合させてきて、それを棚橋が受ける形。互いの意地、技術、気迫のぶつかり合いがきっちり表現されていた、素晴らしいメインでした。

同級生 魂のプロレス青春録 (G SPIRITS BOOK)

同級生 魂のプロレス青春録 (G SPIRITS BOOK)

 

 さて、柴田はこれで3敗。残りの相手はギャローズ、天山ではありますが、内藤も同じ残り対戦相手で現在2敗なので取りこぼし待ちの立場。そして棚橋は2敗を保ったものの残りが真壁、AJと難敵が続きます。両方勝っても順当に行けば内藤と並ぶ形になるので、ここは何としても勝っていきたい所です。

いよいよ残りのリーグ戦もそれぞれ残り二試合となり、終わりが見えてきたG1。2敗の内藤、AJ、棚橋、ファレ、3敗の柴田、真壁。残り試合のカードからすると最も有利なのは内藤ですが、内藤が取りこぼし、残りの3人が星を潰しあった場合に3敗勢にもチャンスが出てくるという状況。両国のメインには誰が立つのか。最後まで目が離せない展開といえるでしょう。とりあえず完走!

関連記事

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com