男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

東京女子プロレスが今熱い。伊藤麻希と黒音まほに要注目!

今、東京女子プロレスが熱い!というわけでアツいポイントを3つにまとめてみました。しばらくの間お付き合いいただけると幸いです。それではお読みください。

 

ほぼ週一で試合が見れる!

去年までは月2~3回のペースで興行を行っていた東京女子プロレスですが、今年に入ってからはほぼ週1のペースで興行が行われています。DDTグループは同一会場を昼・夜で違うブランドの大会を行うことも多いんですが、昼・東京女子、夜・DDT本隊、という興行でも観客動員がDDTを上回ることも増えてきました。もちろん興行数がDDTのほうが多いこともありますが、それを差し引いても東京女子プロレスの勢いが感じられます。

所属選手も増え、才木玲佳、伊藤麻希というアイドル出身レスラーもレギュラー参戦、アップアップガールズ(プロレス)も加わってこの興行ペースでも成立する人数になってきました。

もちろん試合レベルはスターダム、センダイガールズプロレスリング、プロレスリングWAVEらの既存団体に及ばない部分もありますが、個々のレスラーの個性、キャラクター、ストーリー、色んな要素が噛み合っていっていること、そこで団体一丸となって上がっていこうというパワーに満ちている、可能性を感じさせる団体ということが期待感となり、集客につながっているのかと思います。

 

というわけで今後の興行スケジュールを御覧ください。

・2018年3月3日(土) 東京・成城ホール

TOKYOプリンセスタッグ選手権

〈王者〉沙希様&アズサ・クリスティvs優宇&のどかおねえさん〈挑戦者〉
※第2代王者チームの初防衛戦

山下実優&瑞希 vs 黒音まほ&小橋マリカ

・2018年3月10日(土) 神奈川・横浜ラジアントホール

TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス選手権

〈王者〉山下実優 vs 黒音まほ〈挑戦者〉
※第5代王者の3度目の防衛戦 

・2018年3月21日(水祝) 東京・板橋グリーンホール

・2018年3月25日(日) 東京・両国国技館(DDTプロレスリング)

アンダーマッチ~東京女子プロレス提供試合

坂崎ユカ&中島翔子 vs 辰巳リカ&黒音まほ

ガントレットタッグマッチ

<出場チーム>LiLiCo&大石真翔、才木玲佳&レディビアード、彰人&勝俣瞬馬、大鷲透&平田一喜、アントーニオ本多&イーサン・ペイジ、吉村直巳&奥田啓介

東京女子プロレス提供スペシャル6人タッグマッチ

山下実優&伊藤麻希&瑞希 vs 沙希様&世志琥様&アズサ・クリスティ

・2018年4月7日(土) 東京・王子Basement MON☆STAR

・2018年4月8日(日) 埼玉・春日部ふれあいキューブ

・2018年4月15日(日) 大阪・大阪市淀川区民センター

2018年5月3日(木) 東京・後楽園ホール

   

黒音まほが熱い!

ついに3月10日、山下実優の持つベルトに挑戦が決定した「ゾンビガール」黒音まほ。自分はとにかくゾンビとしての完成度の高さに以前から注目していました。キャラクターの完成度においては、日本のプロレスラーの中で一番じゃないかと。ビジュアルのこだわり、言動のゾンビ感、試合のムーブにもゾンビ感が漂っている凄さ。正直、東京女子の中で完成度高すぎて浮いている感すらあります。ひとりだけルチャ・アンダーグラウンドの中のキャラクターみたい、というか。

そして最近ではプロレスラーとしての技量も上げてきた黒音まほ。ロープに飛んでのネックブリーカーは以前から使っていましたが、ブレイ・ワイアットばりのシスター・アビゲイル(ウロボロスという名前ですが)をフィニッシュに選び、ロープに相手を貼り付けてのスープレックスなど、技のチョイスの渋さも魅力です。紹介動画作ったのでこちらご査収ください。

というわけで個人的に期待してる3月10日のタイトルマッチ。ギミックの先の黒音まほというレスラーの技量をチャンピオン相手に見せてほしいし、これからどのように変化していくのか注目のレスラーだと思います。 

週刊プロレス 2018年 02/14号 No.1942 [雑誌]

週刊プロレス 2018年 02/14号 No.1942 [雑誌]

 

 今年の注目レスラー、という枠で黒音まほインタビュー掲載されてます。

伊藤麻希が熱い!

最近では豆腐プロレスにアグレッシブな喧嘩を売っていた伊藤麻希。Abema格闘TIMESにインタビューが載っていたのでリンクを張っておきます。

fight.abematimes.com

――今年も『豆腐プロレス』リアル興行の会見での込山(榛香)さんの発言に噛み付いて。他団体からの対戦要求があったら受けるかという質問に、込山さんが「受けます」と答えたと。

伊藤:そう言ったんだから受けろよって。

 

――去年の段階で伊藤さんが『豆腐プロレス』についてアピールしたこともあって、記者の質問になったと思うんですよ。伊藤さん自身は『豆腐プロレス』をどう思ってるんですか。あれはリングに“プロレスラー役”で上がってるものですよね。でも試合はしてて、複雑というか微妙なエンターテインメントで。

伊藤:「プロレスラー役です」って言われたら納得するんですけど、なんか「ガチ」みたいなことを言うじゃないですか。それはどういうことなんだと。

 

――告知でも「ガチ試合」って言葉が使われたり。

伊藤:「アイドルだからってナメないでほしい」みたいなことを言うので、じゃあナメないので試合しましょうかって。本気でやってるっていうなら、それがどれくらいのものなのか確認したいんですよね。本気でプロレスやる大変さっていうのは、自分自身が味わってきたことなので。まあ大手の方なので、こういう売れてないアイドルには触らないと思うんですよ。でも期待してる部分はあるし、受けて立つって言ってますからね。

 など、具体的に豆腐プロレスに言及して、微妙な「プロレスラー役」というところに踏み込んだ発言をするなど冷静に豆腐プロレスの問題点を指摘しているところなど分かっている感じ。あくまで相手へのリスペクトを保ちつつ挑発していく、というスタイルで、これがAKB側から黙殺されてしまったのは残念ですが、次回の興行があったら何かしらの展開があると楽しめるかなと。この種蒔きが無駄に終わらないことを祈ります。

そして完全に余談ですが、伊藤麻希のこんなツイートを見かけたので。

勝手に動画にしてみました。

自分で言うのもなんですがちょっとだけバズっていたので自己顕示欲を満たしました。山下のアゴ強調めなのに他意はないはず。 

グラビアザテレビジョンvol.52 (カドカワムック)

グラビアザテレビジョンvol.52 (カドカワムック)

 

 伊藤麻希インタビューちょっと掲載されてます。

 

というわけで、東京女子の最近の勢い、魅力をあげてきました。DDT UNIVERSEでも見れるので、未見の方は一度見てみることをお勧めします。ではまた。

f:id:otokoman:20180228034757p:plain