男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

二週間で日米4団体参戦!ワールドワイドに闘う伊藤麻希を見よ!

アイコン用イラスト作成中です。ご依頼はこちらから!

コミカル&愛される!アイコン用イラスト描きます ポップで可愛い、目を引くアイコンはいかがですか?

伊藤麻希海外ロード!JCWからGCW、デスマッチのカリスマとの邂逅!

11月19日、アメリカのインディ団体JCWに参戦した伊藤麻希。対戦相手はJanai Kaiとのシングルマッチでした。いかにもインディ感ある小規模会場でしたがしっかりと歌いながらの入場。

こちら動画になります。

youtu.be

対戦相手のJanai Kaiはムエタイ、キックボクシングベースのプロレスラー。正直初見ではありますが、キックを中心に試合を組み立てるタイプ。AEWにも参戦するなどの実績もある有望株で、サブミッションも駆使する格闘技系ファイターでした。

しかしその蹴り、サブミッションもがっつり受けてから定番の頭突き、気合で反撃。「MAKI ITOH」コールも起こる中、ロープに飛んでの飛びつきDDT、トップロープからの飛びつきDDTでカウント3を奪って勝利。しっかりと存在感を見せました。

 

 

そして次の日はGCW参戦。11月20日に行われた「GCW AURA」でMASHA SLAMOVICHとのシングルマッチに挑んだ伊藤麻希。以前はマーベラスにも参戦、現在インパクト・レスリングに所属し、様々な団体を股にかけて活躍しているマーシャ・スラモビッチ。伊藤麻希にとってはチャレンジマッチという趣の試合となります。

それだけに果敢に挑んでいく伊藤麻希。腕の取り合い、エルボー合戦、鳴き真似からの足踏み、「世界一可愛いのは伊藤ちゃん」パンチと自分の色も出していきますが、そこはスラモビッチも百戦錬磨、所々で流れを切り、自分のペースに持ち込んでいきます。

コーナーへのニーパッドからトラースキックの連続技で攻め込み、伊藤もトップロープからのDDTを炸裂させますがロープエスケープで逃げられ、ダイビングヘッドバットは自爆。ここで流れを失ったか、すかさずのシャイニングウィザード、中指を立てたところで顔面へのスピンキック、パッケージ・ドライバーでカウント3。伊藤麻希惜しくも敗戦。しかし、日本では見せない動きも見せ、退場時には「MAKI」コールも起きる人気。しっかりと爪痕は残しました。

そして、その試合前にはデスマッチ、ハードコアマッチのカリスマ、ニック・ゲージとの絡みも。観客も大盛り上がり、試合後にはツーショットを撮るほどに。

その結果(?)年末年始のGCWビッグイベントにも参戦決定。着実にGCWに居場所を作っていっている伊藤ちゃんでした。凄すぎ。

 

 

11・27東京女子後楽園からのAEW電撃参戦!

それから一週間後には後楽園ホール、東京女子プロレスに参戦した伊藤麻希。乃蒼ヒカリと組んで上福ゆき、角田奈穂組と対戦。ホームに戻ってきてのびのびとしたファイトを繰り広げ、結局負け(乃蒼ヒカリが角田奈穂に)はしましたが、肩の力を抜いて楽しませてくれました。

www.youtube.com

そしてまだまだなんだかんだで乃蒼ヒカリとのタッグも継続。仲良くはないですが面白そうなタッグではあります。今後がちょっとだけ楽しみ。

そして後楽園大会が終わって油断してたらAEW参戦。初回に里歩戦でメインを張ったこともあるAEW Elevation。さくらえみとのタッグで参戦。こちらも乃蒼ヒカリ同様ギクシャクしながら闘って敗北。しかしながら得意技は一通り披露して見せ場を作ったのは確か。負けはしましたが面白い試合でした。

youtu.be

そして試合後もさくらえみとのやりとり。こちらもなんだかんだいって桜江水戸の関係性を作っていってる伊藤ちゃん。日本で、海外で、色んな種を撒いている状態のように見えます。この花が咲くのはいつになるのか。期待膨らむAEW参戦でした。

 

 

そして、これで終わるかと思いきや今度はなんとマレーシア遠征に。APAC Wrestlingという団体のイベントに出場。メインはなんとあのTAJIRI!上福ゆきも参戦。12月10日、11日の二連戦。ますます世界をまたにかけて闘う伊藤麻希!要注目です!