男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

10・21 DDT両国ピーターパン2018雑感。振り幅広すぎる大人の文化祭。とどめは全裸!

f:id:otokoman:20181024011657p:plain

というわけで10・21DDT両国大会ですが、アンダーマッチ入れて全12試合、結果6時間半興行、という超ボリューミー興行となりました。

結果、友人宅で呑みながら見てたわけですが、全体的にかなり面白く見れました。興行は長めでしたが試合自体はそこまで間延びすることもなく、それぞれの試合がそれぞれの見どころ、見せたいものをしっかりと見せれていてエンタメとしてレベルが高い興行だったと思います。

「プロレス文化祭」と銘打っていただけあって、ネタ系の試合も作り込まれていて飽きさせず、シリアス系の試合との振り幅の広さを見せれていたと思います。竹下vsCIMA、ストロングハーツvsALLOUTの6人タッグは興行の中でストーリーを見せてくれたし、ジョーイ&ローラ、大石&大畠夫婦の対決は、日本とアメリカの夫婦の形をわかりやすく提示してくれた(さすがに女性の股間投げはちょっと引きましたが・・・。)泣きながら里村に立ち向かう伊藤麻希にはぐっときたし、ササダンゴマシンとジャイアントパンダの底なしのアイディアに爆笑させられ、大社長vsMAOでは「DDT流悪ふざけハードコアマッチ」の真髄を見せられた。そして、入江の送別タッグマッチでは泣かされてメインのディーノの覚悟にはもう力づくで笑わせられました。まだ男色殺法で笑うことがあるとは・・・。

 

正直、メインが男色ディーノVS佐々木大輔という、もう散々見てきたカードだったことで期待値もさほど高くなかったんですが、さすがDDT。こっちの予想をいろんな角度から越えて来ました。まいりました!というわけで特に心に残った三試合の感想を。

 

   

 

第三試合 スーパー女子プロ大戦2018

◯里村明衣子&カサンドラ宮城
(11分7秒 STF)
赤井沙希&✕伊藤麻希

そもそもこの対戦が決まってから伊藤麻希が里村を「ベルト獲って凄いと思ってたけど獲られたからダサいアイツ」呼ばわり、それにまず「リスペクトが無い」と味方のはずの赤井沙希がキレ、まずタッグマッチが成立するのか、と心配されていたこの試合。里村が入っているとはいえ第三試合の女子プロレス、ということでそこまでの期待をされているとは思えないカードでしたが(個人的には心のメインでしたが)心に刺さる試合となりました。

試合の最初の方こそ赤井と対峙するカサンドラがヘットバンキング、対抗してコーナーに控える伊藤がヘットバンキング、というコミカルなシーンもありましたが、里村と伊藤のマッチアップになると空気は一変。

とにかく伊藤麻希が里村に立ち向かい、ボコボコにされていく展開。伊藤の何の攻撃も通用せず、コーナに追い詰めて里村がミドル連打、ここまでは想定内でしたが、その次にバチコーンとハイキック一閃。ズルズルと崩れ落ちる伊藤。里村の「私は甘くないぞ」という意思表明のような一撃でした。

「世界一可愛いのは~」ナックルを狙うもカサンドラに返され、その後里村のデスバレーを着地、DDTから絶叫しながらのスリーパーで締め上げる。赤井のアシストを受けて逆エビ固めを極め、ギブアップを迫るもカサンドラにカットされて側転ニーを食らってカウント2で引き起こされた伊藤。立ち上がるところを何度もミドルキックを喰らい、ボロボロになったとことを片エビ固めからのSTFでギブアップ。里村、カサンドラ組が赤井、伊藤組に勝利。順当な結果で試合は終了しました。

 

いいところのないままボロ雑巾のようになって敗れた伊藤麻希、すかさず駆け寄っていたわる赤井沙希。そして里村に「立て」と喝を受けてよろよろ・・っと起き上がる伊藤。何かを話しかける里村。絶叫しながら応える伊藤。伊藤の顔を張る里村。なんとか起き上がり、泣きわめきながら弱々しいビンタ連打で逆襲する伊藤、再び張る里村、崩れ落ちる伊藤を背に、勝ち名乗りを受けて女子プロレス界の横綱、里村明衣子とカサンドラ宮城はリングを去っていきました。

 

完膚なきまでにしっかりと叩き潰された伊藤麻希。しかしその叩き潰されっぷり。そこからの起き上がりっぷりは客の心をつかむものがありました。そして里村明衣子の横綱っぷり、懐の深さを見せつけられた試合。伊藤向けに技は抑えていたむきはありましたが、そのたたずまい、立ち居振る舞いからして「違い」を見せつけてくれました。

今回脇役的になってしまったカサンドラ宮城と赤井沙希もしっかり存在感を示し、赤井は里村との第二ラウンドがありそうな予感もします。第三試合ではありましたが、いや、ちょっと凄かった。いいもの見せてもらいました。

 

   

 

第六試合   総研ホールディングス presents
食うか食われるか!? ジャイアント・スペシャルシングルマッチ

◯アンドレザ・ジャイアントパンダ
10分25秒 体固め
✕スーパー・ササダンゴ・マシン

そして、ササダンゴマシンとアンドレザ・ジャイアントパンダ。もうすでにわりとお茶の間に露出し、手垢がついたというか、いろんないじられ方をしてるアンドレざ・ジャイアントパンダ。ササダンゴマシンといえど、そんなにもう美味しいところは残ってないんじゃないかな~と思いながら見てましたが、その期待をきっぱりと裏切ってくれました。

まず、「パンダが一日に食べる笹の量は120Kgほど、つまり私の体重と同じくらい。なので、自ら餌となって罠(前回の両国でイケメンにしかけたやつ)にかける」という作戦のもと、身体を笹で包んだリアル・ササダンゴルックで登場したササダンゴマシン。しかし、肝心の罠には先導してきたサムソン宮本がかかってしまい不発。その後なんとかジャイアントパンダの攻撃をかわしつつ杖攻撃、キャメルクラッチで反撃するもハンマーパンチでブン殴られ踏みつけフォールに。やられたか・・・と思ったとたん、大石が先導して、ジャイアント・ササダンゴマシン登場!

 

この圧倒的絵面!会場大爆笑の中対峙する3メートル、500キロの巨体2体!戦隊モノでデカくなった敵と味方ロボットが対決するような感じで両者ぶつかりあい、スローモーションの攻防、ササダンゴが持ち出した罠による大流血をもろともせずに必殺、高速ヘッドバットからのジャイアントプレスでスーパー・ササダンゴマシンから3カウントを奪いました。

いや~面白かった。なんというか、ジャイアント・ササダンゴマシンのインパクト!これ思いついただけで勝ち!この絵が見られただけでもいい試合。予想を裏切った面白さ。さすがでした。

 

   

 

メインイベント  グッドコムアセット presents
KO-D無差別級選手権試合

◯佐々木大輔 <挑戦者>
32分10秒 ミスティカ式クロスオーバー・フェースロック
✕男色ディーノ<王者>

※第67代王者が初防衛に失敗。佐々木が第68代王者となる。

 正直セミがよかったので、「大丈夫か・・・」と思ってたメイン。まず王のイスに腰掛け、DAMNATIONのメンバーと登場したカリスマ、そしてディーノの登場可と思いきや黒装束の男たちが棺桶を持って登場。棺桶を開け、中からディーノ登場か・・・と思いきや誰もいない。カリスマの遺影のみ。そしてディーノは客席から狩りをしながら登場。掴みはOK。

試合が始まってもカリスマの首攻め、ディーノの男色殺法と一進一退の闘い。試合巧者の二人だけに、なかなか相手にペースを握らせないままに15分経過。しかしここでカリスマが勝負に。場外のイスに座らせたディーノにコーナーポストからのダイビングエルボー、しかしディーノも場外でのテーブルクラッシュで反撃。どちらも大技をくりだして試合もクライマックスに近づいたか、というとき、ディーノのリップロックが松井レフェリーに誤爆。すかさず佐々木にリップロックを決め、リングに入ってきた木曽レフェリーにも、岡田レフェリーにも決めてレフェリー不在の無法地帯となったところでディーノが「アルティメットじゃ~」

すると、佐々木の顔面に下から股間をあてがったまま、最後の一枚のタイツも脱ぎ去ってなんとなんと全裸に!ちなみにこの興行、AbemaTV、DDTUNIVERSE、サムライTVで絶賛生放送中です!そして立ち上がるディーノ!しかしここはタイツを股に挟んで(着ろよ!)なんとか隠す!そのまま男色ドライバーからコーナーに登ってムーンサルトプレス!全裸でムーンサルト!(股にタイツを挟んで内股で飛んではいましたが)しかしこれはカリスマにかわされてクロスフェースに。ここで蘇生した松井レフェリーがディーノにタイツをはかせ、なんとか最悪の事態を回避(できてなかったせいか、AbemaTVはところどころカットして再放送、サムライTVの見逃し配信は一週間後からの公開になってました)

その後垂直落下式ブレーンバスターからのムーンサルトプレス2連発で攻め込む男色ディーノでしたが、二発目のムーンサルトはかわされてカリスマの逆リップロック、雪崩式ペディグリー、これがエグい角度でオチ、最後はクロスフェースからクロスオーバー・フェイスロックと繋いでギブアップ勝ち。カリスマこと佐々木大輔が新たなKO-Dチャンピオンとなりました。 

週刊プロレス 2018年 11/7 号 [雑誌]

週刊プロレス 2018年 11/7 号 [雑誌]

 

 その後、マイク合戦のあとディーノを棺桶にブチ込んで締めようとしたカリスマ、しかしスクリーンには大巨人、石川修司の歌うおなじみエンディング曲、「INTO THE LIGHT」!石川リサイタル状態でプロレス文化祭、めでたくエンドとなりました。

 

   

 

特に印象的な試合だけあげましたが、そのほかにも面白い試合揃いだったので、未見の方にはAbemaTVの見逃し放送をお勧めします。

abema.tv

この興行中に発表になりましたが、来年は大田区体育館で無料興行開催、そして来週は後楽園ホール大会を控えるDDTプロレスリング。なんだかんだでここが元気ないとプロレス界面白くないので、どんどん攻めていって頂きたい。とりあえず両国ピーターパン2018,面白かったです! 

週刊プロレス 2018年 11/7 号 [雑誌]

週刊プロレス 2018年 11/7 号 [雑誌]