読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

10・25 DDT後楽園ホール大会(前編)飯伏欠場!前半戦で光ったのは坂崎ユカ!

プロレス DDTプロレスリング 東京女子プロレス

10・25DDT後楽園ホール大会観戦してきました。今回は総選挙の結果により出場者が決まるので普段見れないカードが続出。チェリー・木高イサミらの元ユニオン勢、清水愛・坂崎ユカ・中島翔子らがここでどう爪痕を残すのか・・・。

 

と思ってたらなんと当日朝に飯伏の欠場が発表され、メインは坂口VSHARASHIMAに変更。そしてこれにより大きくワリを食った人が1人。しかし飯伏はその後のDDTの大会も欠場中。何かしらの政治的なアレか不祥事とかじゃなければいいな・・・と思いつつ回復をお祈りします。佐々木、宮武と一緒にニッコニコしながらムチャクチャするあの飯伏を見たい!というわけでダークマッチから振り返っていきます。なお、選手名の後ろの()は総選挙順位。

 ダークマッチ 10分1本勝負

◯福田洋(26)
5分36秒 腕ひしぎ逆十字固め
✕中島翔子(23)

 いきなり歌う福田、とまどう中島。コーナに登った中島をマイクで説得して下ろす福田、丸め込み連発で見せ場を作る中島、というところでいきなり払腰からの腕十字で試合を決める福田。中島は動きの機敏さや619,丸め込み連発など魅力の片鱗は見せられたと思いますが、さすがに福田に呑み込まれた印象。本戦に出れたら印象を残せたと思うので惜しいところでした。

ダークマッチ 10分1本勝負

△竹下幸之介(24)
時間切れ引き分け
△入江茂弘(25)

 このシングルがダークマッチでいいのか?という試合。案の定の熱戦でしたが、さすがに10分では時間が足りず時間切れ。正直内容的には休憩後くらいにいてもおかしくない試合。面白かったです。

 

ここで鶴見亜門GM、高木三四郎社長が登場し、飯伏欠場をアナウンス&お詫び。飯伏に関しては欠場がDDTの大会に集中していること、この前に新日本プロレスの台湾遠征に参加してたのが個人的にちょっと引っかかりますが無事回復して欲しい所。高木社長の謝り方が本当に申し訳なさそうでした。う~ん・・・。

第1試合

◯チェリー(6)
5分25秒 チェリトーンボム→片エビ固め
✕清水愛(14)

ササダンゴマシンと同票、14位の清水愛がチェリーとシングル。さすがにレスラーとしての技量が物足りない部分が出てしまった印象でした。今の清水愛は、技の動きをこなす間に勢いが失われてしまうので、観客の期待値より下回ってしまうことが多い印象でした。ロープ拝み渡りにしても、ロープから着地して完全に止まってからアームホイップにいくので流れが途切れてしまう。こういう部分は練習で技の完成度を高めていくしかないので頑張って欲しいところ。最後はチェリーがチェリートーンことスワントーンボムで勝利。チェリーがDDT所属、ということは赤井沙希をひたすらイジメるとかそういう役割なんでしょうか。DDT女子部の充実に期待です。

第2試合

◯マサ高梨(7)&赤井沙希(11)&平田一喜(18)
6分40秒 タカタニック→エビ固め
✕勝俣瞬馬(21)&坂崎ユカ(20)&大石真翔(10)

そして、うってかわって存在感を示したのが坂崎ユカ。いつもの魔法少女ルックで、ゾンビに扮したKA-TOOの二人を引き連れ登場。魔法少女ダイブ(スワンダイブボディプレス)魔法少女キック(ロープ渡りからのドロップキック)をきっちりと決め、 試合にも溶け込んでいました。

最後はマサ高梨がタカタニックで勝俣を沈めましたが、初登場でしっかりと爪痕を残した坂崎ユカ。DDT本隊にレギュラー化してもおかしくない活躍でした。今後に期待!

f:id:otokoman:20151101044249j:plain

第3試合

◯高尾蒼馬(12位)&石井慧介(8位)
7分14秒 エンドレスワルツ
✕彰人(13位)&遠藤哲哉(22位) 

珍しいとりあわせのタッグマッチ。石井の立ち回りの上手さ、遠藤の元気さ、高尾のコンディションの良さも目を引きましたが、彰人の巧さが個人的には光ってました。最後は高尾に丸め込まれてしまいましたが、この辺のメンバーがそろそろKO-D無差別級挑戦、となってもいいところ。と思ってたら最後にエラいことになりました。

   

第4試合 EXTREME級選手権試合〜テキサス・マイベストフレンド・トーチャーデスマッチ

[王者]◯アントーニオ本多(16) 友人:竜剛馬
9分33秒 くさや
[挑戦者]✕男色ディーノ(5) 友人:大鷲透

※第33代王者アントンが3度目の防衛に成功。

 まあ要はリングで戦っているレスラーがエスケープするとセンタクバサミの刑、ダウンするとなんかしらの罰ゲーム。リング上で決着、または友人が耐え切れず声を出したら負け、というルール。最後はダブルダウンから先に立ち上がったディーノ、しかし大鷲がクサヤの匂いに耐え切れず声を出してしまって負け、という展開。9分弱の試合でしたがちゃんとルールも理解できて笑いどころもあって面白く見れました。ベタもあり、ベタを越えた意外なオチもあり。こういう試合の完成度がDDTは凄く高値安定している気がします。流石。

そして試合後にケンドー・カシンが登場し、EXTREME級への挑戦表明。ベルトを奪って観客に渡して去ったカシン、アントンが「おい!俺の・・・その人(お客さん)が持ってるEXTREMEのベルトを絶対防衛するぞ!」っていちいち「その人」入れてたのが面白かったです。

ゴールデン☆スター飯伏幸太 最狂編 (ShoPro Books)

ゴールデン☆スター飯伏幸太 最狂編 (ShoPro Books)

  • 作者: 飯伏幸太
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
ゴールデン☆スター飯伏幸太 最強編 (ShoPro Books)

ゴールデン☆スター飯伏幸太 最強編 (ShoPro Books)

  • 作者: 飯伏幸太
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

と、前半ここまで。前半はやはり個人的には坂崎ユカがMVP。チェリーが入り、女子部門が充実していく予感のDDT。ぜひ東京女子勢もちょいちょいDDT本隊出場が増えて欲しいところです。

そして近いうちに後半アップします。後半アップするまでに飯伏が回復していますように・・・。

関連記事

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com