読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

山本さほ祭り開催中。「岡崎に捧ぐ」三巻、「無慈悲な8BIT」二巻。展覧会は3/1から!

漫画

この2月末は「山本さほ祭り」。単行本が3冊同時に出るのに加え、展覧会もあるという推されっぷり。力が抜ける絵柄、全体に漂う駄目さ、そしてナイーブさ。不思議な魅力があるのが山本さほ漫画。というわけで新刊3冊をご紹介。魅力を具体的に言い辛いですがなんとか書いてみます!

 

山本さほ「岡崎に捧ぐ」3巻 

 「岡崎に捧ぐ」は、作者の山本さほとその親友の岡崎さんとの交流というか生活を描いた自伝っぽい漫画です。普通の家庭ですくすくと育った山本さんと母親がよく居なくなるちょっとアレな家庭で育った岡崎さん。山本さほが大好きな岡崎さん。好かれていることに調子に乗りワガママ放題な山本さん、全てを受け入れる岡崎さん。この不思議な友情関係は小学生時代から始まり、中学生、高校生と成長していく二人。この三巻まではずっと一緒だった二人ですが、ついに別の高校に通うことになってしまいます。

岡崎に捧ぐ 3 (BIG SUPERIOR COMICS SPECIAL)

岡崎に捧ぐ 3 (BIG SUPERIOR COMICS SPECIAL)

 

 岡崎さんと離れて学生生活を一生懸命エンジョイしようとする山本さんですが、友達作りに失敗したり、初恋の男の子との失恋を経験したり、学校サボって親に悲しまれたりと散々な高校生活。でも友達同士で旅行したり、相変わらず岡崎さん家に入り浸ってゲーム三昧したりバイク乗ったりとそれなりに楽しんだりもして、そうこうしているうちに卒業の日が近付いて・・・。最後の話は少しぐっときてしまいました。

ちなみに、「岡崎に捧ぐ」というタイトルから、「もう岡崎さんは死んでいて、楽しかった思い出を天国に捧げるマンガなのかな」と勝手に思ってましたが、岡崎さんは普通に生きていて結婚していてときどき作者のエッセイマンガに登場したりします。よかった。

 

 山本さほ「無慈悲な8bit」2巻

「岡崎に捧ぐ」が過去の話だったら「無慈悲な8bit」は今の話。ファミ通連載のため2ページ漫画ですが、全く地続きなエッセイマンガです。三十路に突入した山本さん、オーバーウオッチをやり倒したりトークショーで言っちゃいけないことばっかり言ったり相変わらずダメな感じに生きてます。 

無慈悲な8bit(2) (ファミ通クリアコミックス)

無慈悲な8bit(2) (ファミ通クリアコミックス)

 

 ファミ通に連載しているにもかかわらず、昔のバイトの話や射撃タイ旅行の話など、ゲーム以外の話が半分くらい。残りの半分がゲームの話、というバランス。ゲームについてもネット対戦で罵倒されたりオーバーウオッチにハマリすぎて甥に引かれたりと極端なエピソードが多くて面白いです。 ただのゲーム好きなダメな大人のエッセイマンガ。しかし溢れるゲーム愛。人生の一時期ゲームにハマった人にとっては共感できるエピソードも多く、楽しく読める本になってます。

   

ツイッターでのひまつぶし漫画をまとめ、描き下ろしを加えた「山本さんちのねこの話」 も同時発売されます。これも近いうちに買って読む予定です。まず表紙が秀逸。おもしろいに決まってる表紙!

山本さんちのねこの話 (コミックス単行本)

山本さんちのねこの話 (コミックス単行本)

 

そして、中野ブロードウエイの「墓場の画廊」で「岡崎に捧ぐ」展が開催されます。3月1日から 3月14日までの二週間。詳細はこちらの記事からご確認ください。

www.famitsu.com

 というわけで山本さほ特集。ダメな子供がダメなまま大人になり、だからこそ見えるものもあるし共感できるところもある。その部分をすくい上げてマンガにすることに、この人は長けているんだと思います。脱力するけど可愛らしい絵柄も含めてするするっと読者の懐に入ってくる。そこに秘めた悪意とか熱い部分がじわりと広がってくる、そんなところがこの人の魅力なんじゃないかと思います。興味を持った方はこの「さわやかの魅力を語るマンガ」とかから読んでみるのもいいかも。おすすめです。

www.e-aidem.com

 

2017/3/5追記

「岡崎に捧ぐ」展行ってきました。会場の「墓場の画廊」は、中野ブロードウエイ3階、奥の奥、タコシェのさらに奥にありました。

3/11は山本さほ先生サイン会。「岡崎に捧ぐ」3巻を含め、5000円買い物するとサイン会の整理券がもらえるそうです。私が行ったときは「杉ちゃん半日店長」の回。サービス精神旺盛な杉ちゃんとお客さんで写真取ったり、握手したりしていました。この色んなごった煮感もこの作品っぽかったです。

レアなマンガ原稿も飾られてたし、岡崎さんからの直筆メッセージもあり、たっぷりと山本さほワールドを味わえました。あと二週間くらいで終わるので、ファンはぜひ行ってみてください!行くだけならタダ!

 

関連記事 

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com