男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

2018年を振り返る。今年の個人的5大ニュース。

f:id:otokoman:20190101162350p:plain

今週のお題「2019年の抱負」

 2019年、あけましておめでとうございます。去年はこのブログも沢山の方にお読み頂き、またそれもあり、様々な方々との出会いがあり、充実した一年を過ごさせていただきました、本当に有難うございます。

 

今年の抱負としては去年と変わらぬスタンスで、一つ一つのクオリティを上げつつ楽しんでやっていければいいかな、と思っております。今年もいいかんじにプロレスまみれになっていきたい。今年もよろしくお願いいたします。 

 

というわけで、去年を振り返り、個人的な5大ニュースを書き出していこうと思います。基本的にはプロレス、格闘技中心になると思いますが、他にもいろいろとあった一年でした。特に順位はつけません。想い出深いニュース、事件、個人的な盛り上がりについて振り返っていこうと思います。しばしお付き合いください。

ちなみに去年のプロレス・格闘技観戦記まとめはこちら。50に届かず! 

otokoman.hatenablog.com

 

・東京女子プロレス 黒音まほ卒業

黒音まほ卒業のお知らせ

今年の7月、東京女子プロレスのゾンビレスラー、黒音まほが卒業を発表しました。

2016年にデビュー、そのキャラクターとしての完成度の高さに加え、技術的にも向上していき山下実優のプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑戦するくらいになっていた黒音まほ。卒業は残念ですが、今後の人生に幸あることを祈りつつ。彼女のファイトはしっかりと自分含めたファンの記憶に残っています。改めて、ありがとう黒音まほ! 

otokoman.hatenablog.com

・昭和元禄落語心中、NHKでドラマ化

www.nhk.or.jp

雲田はるこ原作コミック、昭和元禄落語心中がNHKでドラマ化。岡田将生主演、全10話で放送されました。

原作が全10巻でドラマが全10話なので、なかなか全部をドラマにするのは難しかったと思いますが、それでも岡田将生と山崎育三郎のイチャイチャ、柳家喬太郎師匠の稽古シーンなど、素晴らしい場面をいくつか生んでくれました。落語協会で昭和元禄落語心中にちなんだイベントもやるようですし、次の展開があるかも・・・と期待しています。

ちなみにアニメ版八雲の石田彰とドラマ版八雲の岡田将生の対談も。アニメ版へのリスペクトを感じる企画です。以下のリンクから。

動画・ムービー | 昭和元禄落語心中

個人的にも久々に前話見たドラマ。(逃げ恥以来・・・。)楽しませてもらいました。

twitter.com

まだ10話のイラスト感想を描いてない・・・。来年早々にはアップします!

 

・夢の一戦 那須川天心VS堀口恭司実現

RIZIN 9.30 さいたまスーパーアリーナ:那須川天心、堀口恭司を胴廻し回転蹴りから追い詰め判定勝ち。山本美憂、ウィンにリベンジ – BOUTREVIEW

キックボクシング無敗の那須川天心、UFCで活躍し、RIZIN参戦後無敗の堀口恭司。誰もが「まさか」と思った夢の一戦が実現しました。まさに魔娑斗VSKID以来の衝撃というか。普段はいろいろと物申したくなることの多いRIZINにも素直に「ありがとう」と言えるこの一戦でした。

そしてさらに奇跡が。この試合が行われた9月30日には首都圏に台風が接近。JRが早々に電車の運休を決定したため、大会開催の危機へ。結局試合順を変更、入場セレモニーを中止という対応でなんとか開催。そしてこういうときの満員の観客の盛り上がりが凄かった。このシチュエーションも手伝ってまさに「世紀の一戦」となりました。 

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

結果引き分け、そしてこの後に那須川天心VSフロイド・メイウェザーというさらなるサプライズが待っていたわけで。結果はあんな感じになりましたが・・・。今年もRIZINには期待していきたいところです。

 

   

 

・伊藤麻希 DDTドラマティック総選挙2018第三位!

DDTドラマティック総選挙2018開票結果

毎年恒例、DDTドラマティック総選挙に東京女子プロレスから唯一、伊藤麻希が参戦。以前坂崎ユカや中島翔子らが参戦し、選抜興行に出場したことはありましたが、今回はなんといっても唯一。そしてこれが功を奏したのか、第一回目の中間発表で二位以下に大きく差をつけての第一位。二回目の中間発表でも一位をキープし、このまま逃げ切るかと思われました。

そしてこの時点で、ファンからも「もし伊藤麻希が一位になったらKO-Dに挑戦するのか・・・これでいいのか」的な議論が巻き起こったりもしました。

しかし結局最終的に高梨、彰人にまくられて三位。惜しかったですが、DDTファンにも存在感を示すことが出来ました。 

otokoman.hatenablog.com

1・4には男色ディーノ戦、DDTマジ卍にも参戦し、瑞希との伊藤リスペクト軍仲間割れ~仲直りマッチ、そしてこの選挙の後の竹下戦など、今年も伊藤麻希を追いかけた一年でした。来年も追いかけます!だって面白いから! 

otokoman.hatenablog.com 

otokoman.hatenablog.com  

otokoman.hatenablog.com 

otokoman.hatenablog.com 

 

・よしむらプロレス第二戦開催。初Tシャツデザインしました!

よしむらプロレスの第二戦が開催され、販売するTシャツのデザインを私、担当させていただきました!よしむらプロレスはBAR&イベントスペースのARENA下北沢勤務かつ劇団員の吉村公佑氏が立ち上げたプロレスイベント。7月1日に旗揚げ戦が行われました。 

otokoman.hatenablog.com 

そもそもの始まりは2つあり、まずはアメリカのタッグチーム「ジムナスティ・ボーイズ」から、私の描いたイラストをTシャツにしたい、と打診を受けて承諾したところ早速商品化されていました。このイラストは、アメリカンインディー団体中心にDVD、グッズを扱っているプロレスショップ「フリーバーズ」の中山さんとの話をきっかけに描いたもの。英語でのやりとりも助言をいただきました。そしてその顛末を記事にしたのがこちら。 

otokoman.hatenablog.com

そしてここからTシャツ熱に火が付き、全日本プロレスのTシャツコンテストに応募して落選したりしてました。 

otokoman.hatenablog.com

そしてこれを見て連絡をくれたよしむらプロレス物販担当、松崎さんからTシャツのイラスト制作を依頼して頂きました。そしていろいろと作業して完成。 

otokoman.hatenablog.com

そして迎えた本番。選手、観客の方々が自分の描いたTシャツを着ていただいている。なんというか小さい夢が叶ったような気になりました。今年の個人的な事件はこれでした。本当に関係者の方々に感謝。素晴らしい体験でした。

 

   

 

と、ムリヤリ5つのニュースをあげてみました。去年は本当に、プロレスやこのブログ等を通じ、色んな方々との出会いがあった一年でした。少しだけ新しい扉が開いたような気がしています。

改めて、今年は色々なことの精度を上げながら、周りの人々に感謝しつつ、大人としてしっかりと生きていければな、と思っています。というわけでそろそろ実家に帰りますのでこのエントリはここまで。本当に去年一年間、ご愛読ありがとうございました。今年もよろしくお願いします。