男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

9・29ガンバレ☆プロレス板橋大会観戦記。大家健復活!石井慧介ガンプロに!岩崎ガンプロデビュー戦!

いろいろあって書くの遅くなりましたが、9・29ガンバレ☆プロレス板橋大会を見てきたので感想をつらつら書いていきます。大家健復活、大和ヒロシ登場、岩崎考樹初試合、そして石井慧介VS今成夢人のインディペンデントワールド世界Jrタイトルマッチといろいろと動いている今大会。12月16日の後楽園ホール大会が近づき、色々と待ったなし状態が近づいているガンプロ、あとメインはYOUTUBEで動画公開されてるのでアドレスを貼ってあります。熱戦なのでぜひ閲覧をお勧めします!

第一試合 新納&岡田&織部vs大和&翔太&仲川

 溢れ出す情熱! 止まらぬ努力! 大和ヒロシ、ガンプロに初見参! 

◯新納刃&岡田剛史&織部克巳
(10分14秒 ランヒェイ)
大和ヒロシ&✕翔太&仲川翔太

 本日ガンプロ初試合の大和ヒロシはテーマ曲歌いながら登場!生歌上手い!

そして久々に見た新納刃は以前より痩せた気が・・・。などと思っている間に試合開始。

 

武藤全日本出身、SANADA、BUSHI、KAIと同期、第33代世界ジュニアチャンピオンでもある大和ヒロシ。首のケガもありWrestle-1を退団しましたが、その実力は確かなもの。この試合でも総合格闘家であり、アームロックを得意とする岡田がグラウンドに誘い込みますが、大和もバックを取り、下からの技も封じ込めるさすがの動き。メジャー出身の分厚さを見せてくれました。

 

その後も、逆エビ固めに捕らえられた仲川をカットに入らずひたすら応援したり、ミサイルキックからのスピアー、ゼロ戦キックを披露。仲川と同時のプランチャも見せますが、そのスキに新納がトラースキックからのランヒェイで翔太をガッチリと抑え込んで3カウント。新納、岡田、織部組が勝利を収めました。

 

f:id:otokoman:20181015230351j:plain

 

開場前に海苔を売り歩くなど、第一試合からいきなり個性爆発していた大和ヒロシ。ガンプロ向きなキャラクターだし、これからも参戦して頂きたいところ。今の所、今成革命を応援する、という立場での参戦。参戦する中でなにかガンプロ内での目的が見えてくるのか。好敵手や大和ヒロシを狙うレスラーが参戦するのか。個人的には岡田や勝村、岩崎とのシングルなども見てみたい。とにかく注目せざるをえないレスラーです。

 

第二試合 山縣&あきばVS春日&夏

春!夏!秋!冬がなくてアネゴが来る! ガンジョスペシャルタッグマッチ!

◯山縣優 &あきば栞
(13分26秒 片エビ固め)
春日萌花&✕夏すみれ

第二試合は山縣&あきば栞に「元WAVEタッグ」春日&夏すみれが挑むタッグマッチ。ちなみに久々参戦の夏すみれ。今回もコール時に「戦慄の厚化粧」とコールされていましたが、リングアナが「天敵」会場さんじゃなかったために夏からのツッコミはなし。会場さん欠場のために一つ笑いが減った・・・。

元JWP、WAVE所属だったこともある山縣。基本的に、二人に山縣がおしおきしていくというか、オトコマエっぷりを見せつけるようなファイト。そしてあきば栞の自由なプロレスがあいまって苦戦する元WAVE組。

 

「戦慄の厚化粧」こと夏すみれの化粧を山縣がゴシゴシして落としにかかる場面や、シンプルに先輩風で威圧する場面などもあり、最後はバスソーからのL.A(シュバイン的な技でした)で3カウント。なんとなくガンプロ女子の門番っぽいポジションになりつつある山縣優。というか、元WAVE勢が集結しつつあるガンプロ女子部。HARUKAZE復帰もそろそろらしいので、色々混沌として欲しいところです。

 

   

 

第三試合 大家健VS鶴巻伸洋

Do Judge!!“代表失格”or“代表復活”!?

◯大家健
(10分52秒 垂直落下式ブレーンバスター 片エビ固め)
✕鶴巻伸洋

 そして、失踪中だった大家健のガンプロ復帰試合。まあ、エビスコには出てたんで純粋に失踪ともちょっと違う気がしますが、この日の入場式にも出てこず、今回は観客が大家が代表失格か、それとも代表を続ける資格があるかを判定する、という趣旨のみそぎマッチ。相手は鶴巻伸洋、ということで厳しい試合が予想されました。

まず鶴巻が入場し、バッコミにのせて大家が入場したところで会場に大きなどよめきが。そこにはテンガロンハットにカウボーイ風のジャケットを肩にかけ、さっそうと入場する大家健の姿が!唐突なイメチェンに思わず笑ってしまいましたがそれでも本人大真面目。

そして予想通り、試合は鶴巻ペースで進みます。ローキックを放っていき、タックルは潰し、テイクダウンを奪うと足関節でギリギリと締め上げる鶴巻。アキレスから足首をひねってヒールホールドに。さすが総合出身、というバリエーションにただ泣き叫ぶ大家。エルボー合戦で活路を見出そうとしますがローキック連打からアンクルホールドに。一方的に攻められ続ける大家に、「なにもかわってねぇよ!」とキックの連打。いいところなく負けていくのか、と思わせた大家が反撃を開始します。

キックをキャッチしてのカミカゼ、コーナーからのダイビングショルダー、ブレーンバスターは脇固めに切り返され、腕十字、サッカーボールキックと攻め立てられますが、次の腕十字はなんとかロープに。ニールキックでダウンするもカウント8で立ち上がり、蹴りをかわしてからの頭突き連発、バックドロップ三連発!

これはカウント2で返されますが、垂直落下式ブレーンバスターを追い打ちで決めてカウント3!大家健がみそぎのシングルマッチに勝利、ガンプロ復帰を飾りました。

 

そして鶴巻と握手、頭を深く垂れてからマイクを持った大家健

大家:ほんっとうに! いろいろ・・・心配を・・・おかけしました。

でもぉ! 今日で!この大家健・・・。復活だー!

 そこで登場したのはBASARAで「戦闘民族」というユニットを組んでいる関根龍一。勝った大家を祝福し、握手するフリをしてからガットショットからのコンバイン。大家を騙し討ちした関根は、10月11日ガンプロ新木場大会でのガンプロVS戦闘民族の対抗戦を要求。大家もそれに応じることでこの対抗戦が決定。そして改めてマイクを取った大家。自分について語り始めます。

大家:ああ!やってやるよそしてあぁ。ツブしてやるあいつら!特に関根!あいつを、オレが!倒します!なぜならオレが、変わったからです。

そしてオレはぁ!この、年月が続く限りオレは!変わっていきます。

現状のままでいい、なんて思っていしまっていた。オレが・・・オレが・・・バカでした。

 

みなさんもあるでしょう?上手くいってたはずなのに、最近周りの人が冷たい。なぜだろう?って思ってる人いるでしょう?

それは、周りに「アイツは変わらねえからだ」って言われてるからなんすよ!

 

自分を変える。周りを変えるには自分を変える・・・。俺は!世界を変えたいと思っている。このガンバレ☆プロレスでプロレスをメジャースポーツにしたいと思っている。でも!それはまだ出来ていません。それはなぜかっていうと・・・オレが・・・途中で変わらなくなったからなんです。

だったらどうするか! 変わっていくしかねぇだろ! 自分が変われば周りも変わる。周りも変わればぁ!世界がぁ!変わるぅぅぅぅー!

 

f:id:otokoman:20181014023148p:plain

 

そしてバッコミで去っていく大家。完全復活!試合は少し動きの重さはありましたが、鶴巻とのゴツゴツとした攻防。スピアーを使わない勝利と違いを見せ、熱いマイクも復活。休憩前でしたがなんかこうなんか達成感というか、なにかが終わったような余韻。大家健ワールドを感じさせてくれました。おめでとう!大家健!

 

   

 

セミファイナル 勝村周一朗VS岩崎孝樹

 POWER OF DREAMの咆哮

◯勝村周一朗
(15分7秒 ニンジャチョーク→TKO)
✕岩崎孝樹

 ガンプロ初試合の岩崎、相手は勝村周一朗。もともと元Uインターの山本喧一が経営するジム、POWER OF DREAM出身の岩崎。元修斗チャンピオンの勝村とはバチバチの闘いになることが予想されました。これは楽しみな一戦。

 

まずは静かに間合いをとって、手四つから勝村が片足タックル。岩崎ががぶると下に潜り、崩してバックに回ってスリーパーの体制に。岩崎も返してがぶっていきますが勝村もローリングして足を取りに。そのままスタンドになってロープブレイク。静かに緊張感が走ります。

スタンドから腕を取りに行った勝村がコブラツイストの体制から倒れてレッグロックに。そこから体制を変えてサイドポジションに。すかさず岩崎も首を足で巻いて返すも勝村がヘッドロックで返して岩崎がロープブレイク。勝村の寝技に懸命についていく岩崎。そこから一転試合が動いていきます。

 

タックルでロープに押し込みチョップを放った岩崎。ローキックの応酬からロープに追い詰めてヒザ連打。しかしすかさず体を入れ替えた勝村が逆襲のヒザ連打。たまらず場外に逃げた岩崎、牽制してリングに登ろうとしますが、スキをついて突進してくる勝村。迎撃してエプロンから場外へのブレーンバスターを狙う岩崎ですがスリーパーで切り返されてギリギリと締め上げられるとグロッキー状態で場外に落下。岩崎ピンチ!

すかさずそこに勝村が追い打ちのダブルパンチ、ヒザ。しかし岩崎もビッグブーツで逆襲。しかし勝村にリングに上げられて踏みつけからのニンジャチョーク狙い。ここはロープに逃れた岩崎ですが蹴りからのアームロック。そのまま投げられてグラウンドでのアームロックからヒザ十字、そこから足首をひねられてからのヒールホールドとさすがのテクニックで勝村が優位に立っていきます。

そして変形のヒザ固め、これもロープに逃げるしか無い岩崎。徹底した足攻めで追い詰められ、コーナーに振ってショルダータックルを狙うもビッグブーツで返されてからの雪崩式腕十字を決められてしまう、しかしここから岩崎の逆襲。顔を踏んで立ち上がり、そのまま持ち上げてバスター!ビッグブーツ、バックドロップ式に抱えあげてからのバックブリーカー、そのまま逆エビに捕らえて勝村を悶絶させます。

 

しかしただでは転ばない勝村。ロープに逃げてから足首を捕らえられてアンクルホールド、岩崎をロープにもたれさせてのスワンダイブ式ジャンピングキック。そしてスリーパー。ここは岩崎に返されてバックドロップを喰らいますが、勝村も立ち上がってトラースキックで返すも次にビッグブーツの相打ち。互いにダウン! 

両者立ち上がってミドルキックの蹴り合い。互いにテンションが上がって連打!連打!連打!さすがにここは体格に勝る岩崎が優勢になりますが、勝村がジャンピングハイキックで倒し、Tシャツを脱いでから必殺ニンジャチョークに!しかし岩崎はこれを垂直落下式ブレーンバスターで返し、再びブレーンバスターを狙うもこれは着地されますがフライングメイヤーからサッカーボールキック、PKからフォール!これはカウント2で返されると投げっぱなしタイガースープレックス!カウント2!岩崎が勝村を追い詰めていきます。会場もいいぞ岩崎!という空気に。

ここで決めにかかった岩崎。リバース・ブレーンバスターのような形で抱えあげますが勝村はヒザ蹴りで脱出、すかさずスタンドでニンジャチョークに捉え、そのまま引き込む形でグラウンドに。改めてそのまま締め上げてレフェリーストップ勝ち。勝村が激戦を制しました。

コーナーポストに登って勝ち誇り、岩崎の頭を掴んでなにか囁いてからマイクを握った勝村。岩崎に、観客に語り始めます。

勝村:最初、俺とやりたいなんて言うからどんな生意気な若造かと思ってた。まあ・・・まだまだだな。まだまだだけど・・・。結構効いたな。ハァ・・・ハァ・・・。

どうですか、ユニバースの皆さん。こんな・・・頼もしい、奴が・・・自ら・・・志願して、ガンプロに来てくれるなんて・・・なかなか捨てたもんじゃねぇなと思っちゃいました。俺はガンプロじゃないけど・・・これも、ガンプロの、ひとつの形。岩崎、オマエはまだ若いんだから、これから外でも中でもガンプロの強さのアピール・・・一緒にしてこう・・。

 そして握手を求める勝村、しかしそれを蹴っ飛ばして帰っていく岩崎。そこでニヤリと勝村が笑ったような気がしたのは気のせいか。最後は拍手、手を上げて去っていった勝村。充実した笑顔を浮かべて帰っていきました。

いや、でも面白かった、というかワクワクした試合。勝村の寝技テクニックに懸命についていき、蹴り、打撃という持ち味で勝村を追い詰めた岩崎。勝村もかなりプロレスとして手応えを感じたからこそのマイクだっただろうし、退場時の拍手だったんだと思います。イイもの見せてもらいました!いや~岩崎孝樹よかった!次は鈴木秀樹戦!期待感膨らませてくれる一戦でした。 

 

   

 

メインイベント 石井慧介VS今成夢人

インディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級選手権試合

そしてメインはインディペンデントワールド世界Jrのタイトルマッチ。すっかり長期政権となった石井慧介に挑むのは今成夢人。同い年の両者ですが、2008年デビューの石井、「金的桜ヶ丘」として2007年にDDTのリングに上がっているものの、ガンバレ☆プロレスでデビューしたのは2013年の今成と、プロレスラーとしてのキャリアには5年の開きがあります。 しかし大家、勝村、富永らが撃破され、ガンプロの意地を見せたい今成。今成革命、総選挙のためにもここは勝っておきたいところです。

 

というかYOUTUBEで試合映像が公開されてたのでぜひこちら見てみてください。この下に結果書いてあるので、知りたくない方は今すぐこれ見てから下の記事をごらんください。ではどうぞ!

 

www.youtube.com

 結果、感想、そしてその後のマイクについては広告の下から!

 

   

 

インディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級選手権試合

◯石井慧介<王者>
(16分4秒 投げっ放しタイガースープレックス 体固め)
✕今成夢人<挑戦者>

試合開始のゴングが鳴ると同時に両者腕の取り合いから石井のヘッドロック、今成も返していき早くもエルボー合戦に。これを制した石井がペースを握っていきます。ボディスラムから踏みつけて余裕を見せる石井。しかし今成もその足を掴んでチョップ合戦に。そこから場外戦になだれ込む二人。今成を鉄柱にぶつけて勝ち誇る石井。今成がリングに戻るとすかさず全力で押さえ込み、ビッグブーツ連打。片逆エビと今成にペースを握らせない石井。ここらへんはさすがの巧さ。伊達に全日本プロレスで世界Jrのベルトを巻いてません。

なかなかペースを握れない今成。コーナーに詰められてエルボー連打、フロントキックを食らうもエルボーを打ち返していき、石井がロープに飛んだところをボデイ師サーズドロップで反撃、ミドルキックの連打は掴まれますが、すかさずフェースロックで締め上げていきます。ロープに逃げられかけるももう一度リングの真ん中に投げ直して締め上げ続ける。吠えながら締め上げる意地のフェースロックでしたがここは石井がロープ。ここでチャンスと見た今成、サンダーファイヤーパワーボムを狙うも返されてしまいます。

するとここから石井の猛攻。裏投げの要領でコーナーにぶち当てるとコーナーエルボーからロープに振ってビッグブーツ。倒れた今成を蹴り続ける非情の攻め。しかし今成も川田利明ばりの顔面ステップキックで対抗。フェースロックといい、「ひとり四天王プロレス」石井への挑発なのか。普段見ない攻撃を繰り出していきます。

しかしこれで奮起したか、石井も野球チョップからのエルボー連打、背中への蹴りの連打から場外に落とし、場外でフィッシャーマンズバスター!

なんとかカウント19でリングに戻った今成、ビッグブーツをラリアットで迎撃、さらにラリアット連発で抑え込むもカウント2、サンダーファイヤーパワーボムは形が崩れるもなんとか投げてカウント2、石井の投げっぱなしジャーマンを食らうもランニングニー、両者ダウンから改めてロープを往復してのランニングニーもカウント2、ノーザンライトボムもカウント2、今成のベルト姿が見えてきた!しかしここからが石井の真骨頂。サポーターを外した今成のヒザをかわしてカカト落としからの投げっぱなしパワーボム。スライディングキック、延髄斬り、力なくチョップで反撃する今成にとどめの投げっぱなしタイガースープレックス二連発!さらに起き上がってくる今成に最後のタイガースープレックスから抑え込んで3カウント!石井が防衛を果たしました。

今の今成夢人をぶつけていった今成、そしてそれをしっかりと受け止めた上で、投げっぱなしタイガースープレックス3連発という最大限の敬意を表したフィニッシュで試合を決めた石井。普段クールな石井を今成の気持ちが突き動かした、敬意と意地がぶつかりあうような試合。DDTの石井とは又違う顔を見せてくれた。グッとくるメインイベントでした。

 

   

 

試合後

そしてマイクを持った石井。

石井:今成さん、挑戦者にふさわしかったです。お互いもっと強くなって、もう一回やりましょう。

次の挑戦者は、と言いたいところですが、大家さん。ちょっと出てきてくれませんか?

 と大家健を呼び込み、

石井:え、まあ、お願いがあるんですけどね。BASARA勢と、なんかありましたよね。あの対抗戦、自分もガンプロの一員として入れてもらいたい。

石井:会社にはもう話してあります。他団体にも出たいし、何よりこのガンプロのリングを戦場として、僕はもっと力入れて試合していきたいんで、ガンプロの一員に入れてくれませんか?

大家:わかった!お前がガンプロの一員として闘ってくれるってことなんだな!ありがとう!よろしく!

と握手し、音速で石井のガンプロ所属(後のリリースによると「レンタル移籍」ということで、DDTにも出続ける、ということでした。

 

そして石井が去り、大家と今成が残されました。ガンプロから勝手に去り、戻ってきた大家。その間ガンプロを支えた今成。倒れている今成に大家が語りかけます。

大家:今成ぃ! いやオマエ頑張ってると思うよ。今成革命・・・スゲェと思うでもぉ!俺もこの1ヶ月間、頑張ってきた。変わろうと思って・・・。オマエにはまだ俺が変わってるように!見えているか見えていないか分からないけど俺はぁ!これからドンドン変わっていく。オマエの変化についていくよオイ!ガンバレ☆プロレスはこれからだ! これから一緒に盛り上げていこうよ

と、今成を認める発言をした大家健、ここでマイクを取り、体を起こした今成。

今成:俺は・・・大家健、あんたに頑張ったなって、言ってもらいたくて頑張ったんじゃねぇんだよ!分かるか? 毎日毎日よぉ!働いて、練習もして、何で俺が頑張っているか分かってるか!? 

俺はなぁ!今成夢人という人生に賭けてんだぁ! わかるかぁ?もう他人に、誰かの人生に賭けるのは辞めたんだ! 俺は俺に!BETし続ける!自分で自分に賭け続ける人生にすると!今年に入って決めたんだ!

今成:ほぁーーー、走り出して半年、こうやってメインイベントを務めるっていうのはなぁ・・・。大変なプレッシャーとぉ!重圧と、押し殺されそうになる。たかだか小さなガンバレ☆プロレスと思っていましたが、この団体を続けるのがとても大変だということがぁ! 自分がメインを・・・やり続けて・・・実感しました!

今成:そういう意味では、あなたの凄さが、あなたの代わりを務めようとすることで、僕は少し実感出来たのかもしれません。大家代表、12月16日、後楽園ホールです。

僕は、後楽園という場所が大好きでぇ~、ガンバレ☆プロレスが2016年10月にやった興行が忘れられなくてぇ、(泣きながら)映像編集で辛い時は、みんなで、大仁田厚と闘った映像を見るんですよ・・・超満員のお客さんがいて。辛い時は、いつも見て、自分を鼓舞し続けました。

 ここで聞きながら、自分もウルっときてしまいました。あの後楽園大会。あの大会までの道程、そしてあの後楽園がなければまだガンプロを見てなかったに違いない。そのくらいガンプロユニバースにとって特別な後楽園大会でした。

今成:大家代表、今成革命はこれで終わりではないです。でもいまはみんなで一致団結して12月16日の後楽園ホールに、行きたい、そんな気持ちが、いっぱいでございます。大家健、いままで、ず~っと同じ格好で、ず~っと同じスーツを着て、クリーニングもしないで、あんな汚いスーツで、代表代表なんて言ってたけど、俺はこのイメチェン、スゲー好きだわ。(拍手)

今成:自分のイメージを変える、それって凄い怖いことで、でもとても勇気のいることだとオレは思うんですよ。だから代表、一ヶ月悩みに悩んだかもしれませんが、大家さんの変わろうっていう気持ち、まだ姿形でしかわからないけど、今はその格好の大家さんを受け入れたい気分ですよ。

また、お子さんの離乳食動画とか、なんかそういうイヤな気分にさせないでくださいね。オレまだまだ尖って尖ってと~んがっていくんで!

 

今成:12月16日は尖った俺と変わった大家健で勝負しようじゃありませんか。なあ、12月16日、みんなで目指して後楽園ホール、一杯にしようじゃありませんか

ガンバレ☆プロレス、あなたが悩みに悩んだ一ヶ月、僕も、この団体、たくさん悩みました。ただただ悩んだ末に、この団体が大好きだということが、ただただわかるだけでした!俺たちで後楽園ホール目指しましょう!

 

大家:俺たち二人だけじゃねえよな!仲間増えてんだろ石井上がれよおい、岩崎も!

との呼びかけに応えて翔太、石井がリングに上がる。そして感極まった今成

今成:いつの間にか、私と大家さんと、ばってんさんで始めたガンバレ☆プロレスに、こんなに共鳴してくれる人がいた、どんなに小さくても俺たちがニューフロンティアを築いていこう! プロレスのまだ見ぬ景色を12月16日に俺たちは見るんじゃー!

そして全選手がリングに上がり

「いくぞ~!ウィーアー!ガンバレ☆プロレ~ス」

で締め。ガンバレ☆プロレス板橋大会は終了しました。

 

味のプロレス 王道編

味のプロレス 王道編

 
味のプロレス 王道編

味のプロレス 王道編

 

 

こうして幕を閉じたガンバレ☆プロレス板橋大会。歌あり厚化粧あり闘いありそして人生劇場で締める。ガンバレ☆プロレスの復活というか、新たな一歩を見せてくれた大会でした。いや充実感。改めてDDT UNIVERSEで試合見てマイク聞いて、今成のマイクでちょっとウルっとしてしまいました。

もちろん現状板橋で150人くらいの観客の前で試合しているガンバレ☆プロレスが後楽園ホールを埋めるのは大変だとは思いますが、しかしそれに向かって突き進む、それに立ち向かう姿を見せてくれるのがガンバレ☆プロレスだと思ってます。弱音吐きまくり、強がり、泣きながらでもやるんだよ、という泥臭さと、いろんなプロレススタイルを見れるバラエティの広さ。小さいながらも「プロレス」をしっかり見せてくれる団体だし、そこが好きで見てるんだな、と改めて思わせてくれました。というかこれ書いてる時点で新木場大会終わってるし、生観戦出来なかったのでDDT UNIVERSE見て感想書く予定です。まだまだ今成革命続行中!