男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

総合格闘技を深く楽しむ「RIZIN CONFESSIONS」最新動画公開。浜崎朱加のイケメンっぷりに震える

RIZINが定期的にYOUTUBEで公開している動画シリーズ「RIZIN CONFESSIONS」シリーズ。先日最新作の#29、#30が公開されましたので紹介させていただきます。

ちなみに、大晦日の試合自体はGYAO!で無料公開しています。

 

いや~、返す返すもいい興行でした。特に、堀口恭司VSダリオン・コールドウェルの大逆転劇、浜崎朱加VS浅倉カンナの熱戦など、那須川天心VSフロイド・メイウェザーの話題性だけでなく、試合クオリティでしっかりと魅せてくれ、日本最大のイベントとしての意地を見せてくれました。 

otokoman.hatenablog.com

 そして、このような試合を振り返り、さらに深堀りして楽しめるのが「RIZIN CONFESSIONS」シリーズ。

「告白」という意味のこの動画、試合までの選手の意気込みや準備、セコンド、チーム含めた対策や試合中の心の動き、振り返り、そして試合後の選手たちの表情など、色々な視点で試合をとらえることで立体的に楽しませてくれます。

 

   

 

今回公開されたのはまず「RIZIN CONFESSIONS #29」

動画前半で堀口恭司VSダリオン・コールドウェル、動画後半で佐々木憂流迦VSマネル・ケイブと元谷友貴VSジャスティン・スコッギンスを取り扱っています。

www.youtube.com

並々ならぬ覚悟で日本に乗り込んできたベラトール代表スコット・コーカーとダリオン・コールドウェル。「90秒以内で片付ける」とリップサービスとはいえ強気なコールドウェル。

対象的に、あくまで冷静さを崩さない堀口。「コールドウェルの入場凄く長くて、早く終わんないかな~と思っていた」などあくまでクール。「大逆転勝ち」という印象の試合でしたが、堀口の振り返りを聞いても、堀口とそのセコンド達があくまで冷静に色んなことを計算していたことがわかります。

レスリングの猛者であるコールドウェル対策を練ってきた堀口、それによりスタミナを消費したコールドウェルが早く疲れてきたことにより、あのギロチンが極まった。しかも、それまでにギロチンを出さないようにセコンドに言われていた、という周到さ。この動画を見ることで、堀口がどうやって勝とうとしているのか、チームごとでどういう対策をして、試合中どこを見ているのかがわかる貴重な動画になっています。

 

そして、この動画のもう一つのいいところが映像へのこだわり。試合が決まった瞬間に静かに目を閉じるスコット・コーカーの横顔など、まるで映画のワンシーンのようなドラマチックさ。固まった笑顔で堀口を称えるコールドウェルにもグッとくるものがありました。

 

そして、後半の佐々木憂流迦とケイブも面白かった。特に試合中、ケイブが憂流迦のセコンドのアドバイスを聞いて憂流迦に話しかけた一言には笑った。あとシンプルにケイブいいやつだな~。憂流迦も順当に勝ったので、堀口戦にたどり着いて欲しいところです。

元谷友貴も謎なキャラクターが出ていて興味深かった。「佐伯さんには毎回マイクは0点って言われる」って言ってましたがそりゃそうだ。バンタム級はかなり日本人の強い選手が揃っているので今年も楽しめそうです。

 

   

 

そして、すぐ次に公開されたのが「RIZIN CONFESSIONS #30」

この回は前半で浜崎朱加VS浅倉カンナ、後半で浅倉海VSムン・ジェフン、浅倉未来VSリオン武を取り上げています。

www.youtube.com

動画最初は女子格闘家飲み会から。しかし浜崎朱加に藤野恵美、杉山しずか、アミバ、紅絹というメンツ。酔っ払って絡むヤカラがいないことを祈ります。女子日本最強のテーブルだったんじゃないでしょうか。

そこでアミバが「浜崎さんと堀口さんが付き合って欲しい」とか、杉山が「コミュニケーションが全部グータッチ」とか好き勝手言いまくるのを微笑みながら見つめる浜崎も「(男性に)誘われても、自分のために時間を使いたい、トレーニングしたいなとか」とザッツ塩対応なコメント。この飲み会面白いな。

そして、この動画で選手である浜崎、浅倉とともに主役なのが藤井恵。両選手と深い関係を持ち、信頼されているフジメグ。言わずとしれた女子格闘技のレジェンドなわけですが、その彼女が放送席で二人を見つめるまなざし。これだけですでにぐっときました。

 

二人の試合の振り返りでも、あくまで「ボクシングを試したい」、「ここで極めたかった」、などあくまで冷静というか、余裕を感じさせる浜崎。そして、浜崎の最初のキックで「強い!」と感じたという浅倉(その後、インタビュアーが「RENAとどっちが強いか」と余計な質問をし、浅倉が「全然浜崎さん」と答えるという味わい深い場面があったりしましたが)「アームロックが怖くなってタックルいけなくなった」など、じわじわと追い詰められていってたのがわかります。

そして最後の逆十字。浜崎の4の字ロックには「鮮やか!」としか言いようのない切れ味。やっぱりどうしても差があったな、と思ってしまう試合でしたがで面白かった。そして試合後にすぐ浅倉を気遣い、抱きしめて頭をぐしゃっとやる浜崎のイケメンさが凄かった。この動画はとにかく「浜崎朱加のイケメンさを堪能する」動画といっても過言ではない。それだけ浜崎朱加がカッコよさを発散してました。もちろん涙ぐみながら解説席から浅倉に声を掛けるフジメグ、控室通路で泣き崩れる浅倉カンナ。試合を見て、この動画を見ると本当にぐっとくる。良いドキュメント番組でした。

ちなみに浜崎が今欲しいバイクはこれらしいです。男前すぎる・・・。 

www.harley-davidson.com

動画後半の浅倉兄弟のギラギラっぷり、仲の良さも堪能できたこの動画。#29,#30ともに、大晦日のRIZINを見た人にはもれなく見て欲しい。願わくば地上波で流してほしいくらいのクオリティの高さ。毎回楽しみにしています。

f:id:otokoman:20190131044113p:plain