読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

8・23 DDT「両国ピーターパン2015~DDTより愛をこめて~」観戦記その4。激しすぎるKO-Dタッグ戦!ゴールデンストームライダース戴冠!

何というか、デカすぎる余韻を引きずったまま次の試合へ、と思いきや来年の両国大会の発表へ。何と次の両国は

  • 2016年3月21日開催!春に両国!

  • 両国国技館全面使用!

の二点が発表されました。めでたい!行きます行きます。

日めくり ゴールデン☆スター 飯伏幸太 ([実用品])

日めくり ゴールデン☆スター 飯伏幸太 ([実用品])

 

 ▼第七試合 KO-Dタッグ選手権試合  

<王者組>●関本大介&岡林裕二vs飯伏幸太○&佐々木大輔<挑戦者組>
    21分33秒 片エビ固め※フェニックス・スプラッシュ。

 関本組が5度目の防衛に失敗、飯伏組が第52代王者組となる

 

今回は写真中心に。どんどん行きますよ! 写真提供してくれた世良敬氏に感謝しつつ。

f:id:otokoman:20150904061031j:plain

 試合開始!しかし改めて関本、岡林の肉体は凄い。以前と比べて少し絞っているようで、より筋肉のシルエットがわかるだけに凄さがより強調されてます。飯伏の背中も結構凄いんですが、さすがにこの二人の前だと霞んでしまう。

f:id:otokoman:20150904061054j:plain

 序盤はじっくりとした攻防。腕の取り合い、バックの取り合いから入るオーソドックスな展開に。ここまでは普通のプロレスだと思っていたんですが、その考えは早速裏切られます。

f:id:otokoman:20150904061106j:plain

 と!思いきやいきなり脱線!花道で岡林を荷台に乗せた飯伏が疾走!佐々木が捕まえた関本に激突すると思いきや!

f:id:otokoman:20150904061120j:plain

 急カーブして地面に落とす!危ない!ってーかコントか!

f:id:otokoman:20150904061927j:plain

 関本も餌食に。なんだかちょっとかわいい。というか段々面白くなってきてしまったこの試合、どうなることか。

 

f:id:otokoman:20150904061956j:plain

 勢いに乗る挑戦者組、飯伏、二人まとめて場外へのバミューダ・トライアングル!相変わらず綺麗なフォームです。結構体重増やしているはずの飯伏ですが、飛び技のキレは相変わらず素晴らしい。

f:id:otokoman:20150904062039j:plain

 しかしここからが大日本組の反撃が。岡林のラリアットが炸裂。肩と大胸筋凄い!なぎ倒すラリアット!

f:id:otokoman:20150904062126j:plain

二人同時のアルゼンチン・バックブリーカー。関本・岡林組は日本一アルゼンチン・バックブリーカーの似合うタッグ。パワー殺法で挑戦者組を追い詰めていきます。デッドリフトは裏切らない!

f:id:otokoman:20150904063358j:plain

そして佐々木への眉山!いつみても凄い!

f:id:otokoman:20150904062716j:plain

 しかし飯伏への眉山は着地!さすがの運動神経!

f:id:otokoman:20150904062821j:plain

飯伏、佐々木からの反撃を受けますが、関本はそれを受け止め、飯伏をコーナーに投げつけてからの・・・。

f:id:otokoman:20150904062903j:plain

 綺麗なジャーマン!しかし佐々木がカット。今回の佐々木は技を受けまくって試合を作り、要所要所で試合を締める活躍。この試合の主役は佐々木と言っても過言ではない活躍でした。

   

f:id:otokoman:20150904063140j:plain

 ここからが圧巻。反撃に出た飯伏、佐々木組。佐々木が岡林を肩車。そこに飯伏がトップロープに走り寄って上ってからの

f:id:otokoman:20150904063307j:plain

 ジャーマン・スープレックス!すげえ!すげえとしか言いようのない技!会場がいっせいにどよめきました。一瞬おお・・・となってからのうおおおおお!という歓声!凄すぎた!

f:id:otokoman:20150904063518j:plain

 そして最後は飯伏のフェニックス・スプラッシュでフィニッシュ!

f:id:otokoman:20150904063537j:plain

 王座奪還!20分超えの試合でしたが全然長くなかった!凄い試合を見せてもらいました!単純にクオリティの高さと狂った発想が同居したプロ・レスリング!ひとつ前の6人タッグ選手権と同様、DDTのクオリティの高さを見せてくれました。

飯伏、佐々木の発想力、コンビネーションのすばらしさはもちろん、二人のくりだす頭のおかしい攻撃を全部受け切り、パワーで倍返ししていく関本、岡林ももちろんよかった。ガッチリと噛み合った、素晴らしい試合をありがとう!

あと2試合ありますが、両国でなければもちろんメイン級だったこの試合。タッグのベストバウトと言っても過言ではない興奮度でした。疲れた~。

 

さあ、そしていよいよ次はあの試合・・・。

関連記事

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com