読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

プロレスリング・ノア5・3後楽園大会「グローバル・タッグリーグ戦2016」観戦記。小川先生プロレス教室!

 プロレスリング・ノア「グローバル・タッグリーグ戦2016」後楽園大会をニコニコ生放送で見ました。形としては鈴木健氏が後楽園ホールの別ブースからモニター映像を見ながら実況、という形。結果としては普通の中継と同じテンションで見れました。今後、こういう形の生放送が増えそうなので期待。

もちろんG+での生放送が増えるのが一番いいんでしょうが、なんにせよ中継が有るのはいいこと。ニコプロは全日本プロレスも中継を始め、存在感を増してきました。月500円は安いのでみんな入るべき!

 第1試合

◯小川良成(8分12秒 腕固め)清宮海斗 ✕

小川が腕への一点集中攻撃で清宮を完封。色んな腕攻めのバリエーションを観ることが出来た、若手へのプロレスの教科書のような試合。

腕への関節技、打撃技など。それだけで6~7分は経過していったという。清宮の反撃も単発に終わり、フィニッシュは腕への逆エビ固めみたいな感じの技で、フィニッシュとしては珍しい形でした。最後はリングから清宮を投げ飛ばすなど、不機嫌そうだった小川。ただ試合には色んな要素が詰まってました。

実際、前半にこういう試合があることがノアの強みなんじゃないかと思います。ちゃんと技術を伝えていっているのが凄い。

 第2試合

 ◯斎藤彰俊&プリンス・ゲンバ&キャプテン・ノア
(11分18秒 スイクルデス)
✕友寄志郎&熊野 準&石森太二  

平柳がフィン・ベイラースタイルで登場(顔だけペイント)最後は彰俊がスイクルデスで締める。まあ普通の第2試合。特に印象に残るところは無かったような。勿体無い・・・。

 第3試合

◯大原はじめ&小峠篤司&原田大輔&拳王
(14分28秒 ムイビェン)
✕エル・デスペラード&TAKAみちのく&タイチ&金丸義信

 なんか親会社から来て小会社相手に好き勝手してる小悪党っぽくて乗れないんだよな鈴木軍。上手いけど。大きな権力が後ろ盾にいる感じが出てしまうと冷めるというか・・・。鈴木軍って「試合壊してやるよ」みたいな態度よく取るけど、「どうせそこにそんなにリスクないんだろうな・・・。」とか思ってしまうとちょっとね~。いや、上手いんだけど。

 第4試合 グローバル・タッグリーグ戦2016公式戦

【K.E.S】◯デイビーボーイ・スミスJr.&ランス・アーチャー
(15分44秒 キラーボム)
✕クワイエット・ストーム&モハメド・ヨネ 【50ファンキーパワーズ】

【K.E.S】5勝2敗=10点、【50ファンキーパワーズ】2勝5敗=4点

ヨネ仕事しろ!ストームは頑張った!けど順当な結果。  しかし本当にヨネだけ存在感のない試合だったのが残念。クワイエット・ストームは明るい石井智宏というか、背は小さいけどガンガン肉弾戦を仕掛けていくのが好感持てます。「アメージパング」での面白いところとかをもっと全面に出して行って欲しい。K・E・Sは「盤石」という印象しかない。しばらくノアだと彼らほど完成度の高いタッグチームは出てこないんじゃないでしょうか。

   

第5試合 グローバル・タッグリーグ戦2016公式戦

【鈴木軍】◯杉浦貴&シェルトン・X・ベンジャミン
(15分44秒 オリンピック予選スラム)
✕マサ北宮&中嶋勝彦【アグレッション】

【杉浦&ベンジャミン】4勝3敗=8点 【アグレッション】3勝4敗=6点

負けたけどマサ北宮良かった。バックドロップ、監獄固めでは「あわや」感もあったし、勝彦よりも目立ってた感すらありました。このテンションをキープしていけばワンチャンあるで!と思わせるものが有りました。杉浦、ベンジャミン組は強いけど、チーム感はあんまりないですな。ベンジャミン持て余してる問題が鈴木軍的にもある気がします。いいレスラーなんだけど。

  第6試合 グローバル・タッグリーグ戦2016公式戦

◯マイバッハ谷口&潮崎豪
(14分10秒 マイバッハプレス)
✕天山広吉&小島聡 

【潮崎&マイバッハ】4勝3敗=8点 【小島&天山】3勝4敗=6点

テンコジ脱落。互いにちょっと動きが重かった印象。潮崎、マイバッハ組はいまいち突き抜けきれない感じが残ってるように感じました。まだちょっと足りないというか、アグレッションに勢いで負けてるような。テンコジはなんつーか、もうあんまり何かがありそうなタッグチームでもないというか。まあこんな感じですな・・・。拭えない出向感。

  第7試合 グローバル・タッグリーグ戦2016公式戦

 

◯矢野通&丸藤正道
(19分10秒 赤霧)
✕飯塚高志&鈴木みのる 

 

【丸藤&矢野】4勝3敗=8点 【鈴木&飯塚】3勝4敗=6点

試合の展開としては基本的なノアVS鈴木軍のフォーマット通りというか。鈴木軍がやりたい放題⇒ノア軍反撃という感じだったんですが、矢野の「ズルして頂き」的な丸め込みで勝利、というのが今までと違うところ。結局明日の決勝はK・E・Svs丸藤&矢野組!総合力ではK・E・Sですが、矢野の使い方で変わってきそうです。 

週刊プロレス 2016年 4/13 号 [雑誌]

週刊プロレス 2016年 4/13 号 [雑誌]

 

 というわけで、ニコニコ生放送で生中継されたノア後楽園大会。明日の前振り的なところもありましたが、マサ北宮、中嶋勝彦の元気の良さ、クワイエット・ストームのイキの良さが目立ちました。ここらへんのメンバーがノアをどんどん牽引していってくれれば少しづつ風景が変わってくるのではないかと期待してます。あとなんといっても第1試合。小川のプロレス教室が見れたのが今回の収穫でした。こういうところがメジャーの強み。どんどん活かしていって欲しいところです。良かった!

関連記事 

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com