読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

久々更新。笑点新司会は春風亭昇太、そして新メンバーは林家三平!

落語 TV

ほぼ1ヶ月ぶりの更新。何やってたかって言うとまあ仕事と婚活というか。デザインも少しいじったり、ツイッターアカウントも「プロレス☆ブロガー」にしてみたりしてはいたんですが、やっぱり更新しないとね。なんとなくしてなかったらだらだらと一ヶ月経ってました。いかんいかん。いや、いかんわけではないですが、やはりアウトプットしていかないと。短い人生ですからね。

 

というわけで、結構前に笑点の新メンバー、司会予想の記事を上げたわけですが 

otokoman.hatenablog.com

 私の予想(願望込み)とは裏腹に、新司会は春風亭昇太、新メンバーは林家三平と決まりました。いや、決まってしまった、というべきか。ぬぐえないガッカリ感。

 春風亭昇太司会でテンポアップする大喜利

正確に言うと、司会の昇太師匠はある程度予想の範囲内だったし、良い人選だったと思います。立場的にも歌丸師匠と同じ落語芸術協会所属、理事職を務めている昇太師匠。実際先週から大喜利の司会を務めていますが、歌丸師匠と比べてテンポアップして聴きやすくなった印象があります。ほぼ全員が先輩になるので最初はやりにくさもあるかもしれませんが、基本的に人たらしだし毒もある人なので表面的には敬いつつもイジっていくことで笑いを生むことが出来そう。慣れてくるにつれ面白くなっていきそうなので、今後に期待したいところです。

逆に、司会のキレが良くなったことで解答者のほうが噛んだりすると気になるようになった印象。まあ、まだまだ解答者陣も老けこむには早いのでそこは対応していって欲しいところです。

 新メンバーの林家三平、その人選の是非を問う

そして、ガッカリしたのは新メンバー。まさか林家三平(元いっ平)とは。前の記事でも「BS笑点メンバーから」とか、「立川流あるかも」とか「若手抜擢とか女流もワンチャンあるかも」みたいに色々予想していたんですが、最も保守的なところに落ち着いた印象です。正蔵さんは予想していたんですが三平さんを予想してなかったのがうかつでしたが、思えば水戸黄門の末期に出演していたり、海老名家のバラエティ番組に出たりしていたりとTV出演は多かった三平さん。これで林家たい平師匠とともに林家一門が2人となり、落語協会が3人、芸術協会が2人、圓楽党が2人というバランスになった笑点メンバーです。

 ガッカリした理由としては、ここはやはり落語界期待の若手を抜擢して欲しかったという事。今回の人選はかなり保守的というか、TV的に「置きに行った」という人選に見えました。笑点レギュラーといえばもう人生が変わるくらいの抜擢だし、知名度も段違いに上がるわけで、現状ある程度知名度がある人を持ってくるよりは落語界期待の人材を持ってくるような姿勢があっても良かったかな、と思うわけです。

   

また、「BS笑点」メンバーからの抜擢が無かったのも残念。人材発掘という意味で行われていたのならここから持ってきて欲しかった。二軍で一生懸命頑張っても、4番打者は他から持ってくる、という一時期の読売巨人軍的な人事と言えるのではないか。読売グループだけに・・・。

お笑い番組としての「笑点」のこれから

お笑い番組としても、「大喜利」自体が今やお笑い芸人がやることがポピュラーになっている昨今、今のお笑い芸人的センスを持っている人を入れても面白かった。変わりゆく笑点、という姿勢を見せて欲しかったな~という思いもあります。もちろん結構尖った答えも出てくる番組ではあるんですが、攻めのキャスティングを見たかった。そこが少しがっかりしたところです。いや、決して林家三平が面白く無い、と言っているわけでは・・・。なくもないですが。

 

ともかく新メンバーも決まり、おまけに林家たい平師匠の24時間TVでのマラソンが決まるという笑点。少しづつ変わっていく姿を今後も時々見ていきたいと思います。とりあえず走るのが木久扇師匠でなくてよかった・・・。 

この落語家をよろしく――いま聴きたい噺家イラスト&ガイド2010

この落語家をよろしく――いま聴きたい噺家イラスト&ガイド2010

 

 

関連記事 

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com