男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

5・17発売!勝村周一朗選手のLINEスタンプを作成しました!制作~販売までの道のり。

f:id:otokoman:20200520013113p:plain

ガンバレ☆プロレス所属プロレスラー兼ZSTプロデューサー、勝村周一朗選手のLINEスタンプ、5月17日から発売中です!購入は以下のリンクから!

store.line.me

以前、勝村選手のグッズ作成をさせて頂いたことがあり、その流れでLINEスタンプ作成を提案して頂きました。というわけで今年のはじめくらいからコツコツと作業して苦節五ヶ月。ここに簡単ですがその道程を記しておこうと思います。これからLINEスタンプ作成する方の参考になれば幸いです。

1・スタンプ画像の用意

LINEスタンプ作成にあたって必要な画像は以下の3つ

  • メイン画像(横240px × 縦240px・1枚)

スタンプ購入時に、紹介文とともに表示される画像です。スタンプの顔となるので気合い入れて、かつ見やすく書くことをオススメします。スタンプタイトルは、自分は見づらくなりそうなので入れませんでした。

  • スタンプ画像(横370px × 縦320px・8枚/16枚/24枚/32枚/40枚)

スタンプ本隊画像です。サイズは最大値なのでですが、余白込みのサイズなのでこのサイズで作っていくのが無難かと。枚数は8枚から40枚まで、8枚刻みになっているので10枚とか20枚とは不可です。

  • トークルームタブ画像(横96px × 縦74px・1枚)

LINEのチャット画面で、スタンプ選択のときにタブの索引部分に表示される一枚絵です。基本メイン画面の縮小か、メイン画面をさらにシンプルにして見やすくしたものにして見やすくするのがよいでしょう。

 

これを準備していくわけですが、自分はこのLINE絵文字用テンプレートを使用させていただきました。このテンプレートのおかげで、一つ一つのスタンプ絵を違うレイヤーに書いていくのではなく、1枚に敷き詰めて描いてって最後に1期に切り取る、という事ができます。スタンプ間のテイストの調整、索引でどう並べるか、色をあわせる作業などを考えると敷き詰めて描いていくことをオススメします。 

booth.pm

というわけでアイディア出しつつ下描きから。文言とイラストを考えつつ入れていきます。文字とイラストのバランスが難しい。そしてガンプロユニバース仲間のみなさんにもアイディアを頂きながら徐々に増えていき...。 

f:id:otokoman:20200519224712p:plain

当初24個予定だったスタンプが32個に。プロレスラースタンプなので、勝村選手の技を入れ込むことと文言とのバランスを考えつつ作成。定番の文言を入れつつ、役割があまりスタンプ感でかぶらないように。技のスタンプはどうしても「敵キャラ」が必要ですが、あまり生々しくないよう人形に。とか考えながら作成。作業本格開始が1月、そしてここまでで3月後半になってました。時がたつの早い! 

スポンサードリンク

   

2・LINE CREATERS MARKETに登録、スタンプ申請

creator.line.me

ここからまずはクリエイター登録。LINEのアカウントが必要です。LINEアカウントでログインし、必要事項を記入していけば特に問題ないはず。LINEで登録したメールアドレスに認証メールが来るので認証アドレスをクリックすると登録完了です。

 

認証が終わると、「マイページ」に行けるようになるので、左上の「新規登録」ボタンからスタンプ、絵文字、着せかえの登録が可能に。

そして必要項目を入れていくわけですが、注意事項としては

・言語はデフォルト英語のみなので、日本で売る場合には日本語を追加。英語もなんとか入れましょう。

・販売エリアは全国にチェック入れてもいいですが、ある程度主要国に絞ったほうが審査が短くなり受かりやすいという噂もあります。自分は全国にチェック入れてましたが、一度目の審査(落ちた)で、インドネシアだけ削るように指示がありました。なにか習慣の違いがあるんでしょうか。

 

・そして、ここが一番まごついたところですが、今回は私のアカウントで勝村選手のスタンプを販売する、という形にしたために勝村選手からの認証が必要となりました。この証明書フォーマットについて具体的な指示がなかったのでどうしたものかと思ったんですが、一度目の申請後に提示された認証書類の例として

「勝村周一朗様公式アカウントでのスタンプ申請に関する告知 等」

とあったので、勝村選手にお願いしてスタンプを申請した旨をツイートして頂きました。それをスクショ、アドレスも添付して送ったところOK。「書類」とあったので、エクセルのテンプレが送られてきて郵送とかするのかと思ってたら以外に簡単・・・。私のような例はあんまり無いとは思いますが参考までに。自分の絵を自分のアカウントで送るときは、作品があるアドレスを送ると審査が速くなるらしいです。

 

3・審査、修正、承認!そして販売へ・・・。

そしていざ審査へ!最初に審査したのが4月14日。そしてその一週間後、4月20日にリジェクトされて戻ってきました。その理由は勝村選手からの認証、販売不可の国がある(インドネシア)こと。ここまではある程度予想の範囲内ではありましたが、いくつかのスタンプが「暴力や虐待」を理由に修正を要求されました。

修正要求をされたスタンプは5種類。NGになった画像を見てみると、どれも打撃技を描いたスタンプ。そして、人形を蹴ったり殴ったりしている画像でした。敵キャラをカワいめに描いたのが仇になったか。イジメているふうに見えたのか・・・。と考え、敵キャラを削って効果音、打撃エフェクトで代用。技のカッコよさを強調するように変更しました。

そして諸々揃えて再申請。4月28日に再申請して待つこと二週間強。5月17日日曜日、中華料理屋でエビ入り中華飯を食べてるときに承認告知が!キタ!

f:id:otokoman:20200520000103p:plain

そしてすかさずアイテム画面から販売開始へ。「販売開始」をクリックしてから数十分経つと反映されて販売されてます。結果、スタンプはこんな感じになりました。

f:id:otokoman:20200520000255p:plain

store.line.me

↑をクリックすると全スタンプ絵柄が見れます!隠しキャラもあり!

全32種類ということでまあまあ大変でしたが使いではあると思います。

闘う!と銘打っているのでバトルモードのときにも。酒関係も多いので飲みの誘いなどに、おそらくLINEスタンプでニンジャチョーク、羽根折り固め、アンクルホールド、三角絞めと取り揃えているのはこのスタンプが初なはず。プロレス、格闘技好きな方に使用してほしいスタンプとなっております。

そして、勝村選手の得意技を中心に収録しているこのスタンプですが、まだまだ入れきれなかった技もまだまだありました。足関節系は入れられなかったし、ポジショニングや打撃のラッシュも表現したかった。そして試合を見る度に新技を入れてくる心憎さ。スタンプ描きながら追いきれなかった。それがプロレスラー勝村周一朗・・・。

スポンサードリンク

   

4・まとめ

以上でこのエントリは終了です。シンプルにまとめると

スタンプ買ってください!お願いします!

store.line.me

ってことになるわけですが、最後に宣伝2連発! 

勝村選手のジム「GROUNDSLAM」では今オンラインレッスンを実施中。

詳細はこちら!1コマ30分のレッスンです。無料トライアルもあり〼!

groundslam-online.com

 この謎グッズ、勝村選手参戦興行での売店で販売されてます!興行再開したらぜひお買い上げください!ぜひぜひ!

otokoman.hatenablog.com

宣伝だけでもなんなんで、現在YOUTUBEで見ることの出来る勝村周一朗選手、ガンバレ☆プロレス試合集を張っておきます。

www.youtube.com

 2019年4月14日、石井慧介プロデュース興行メインイベントで行なわれた豪華タッグマッチ。以前ガンバレ☆ザ☆グレート&ガンバレ☆ザ☆シューター組として組んでいたこともある藤田&勝村久々のタッグ。木曽レフェリーとのやり取りも楽しみつつ、とにかくエスカレートしていく4人の攻防が凄い。勝村、岩崎の蹴り合い、藤田の雪崩式ツームストン、終盤には石井の珍しいムーンサルトプレスも飛び出す熱戦。シンプルにアツく、面白かったです。

www.youtube.com

 2018年10月26日、アイスリボンが常用している市ヶ谷チョコレート工場こと市ヶ谷南海記念診療所での翔太とのシングルマッチ。たがいにプロレスを味わうような切り返しの攻防が唸らせます。格闘技というよりあえて「純プロレス」の寝技で翔太と渡り合う勝村。 楽しみつつ徐々に白熱してくる攻防を楽しめる一戦です。

www.youtube.com

2019年1月6日に行われた石井慧介とのインディペンデントワールド世界ジュニアヘビー選手権試合。試合はエプロンでのフィッシャーマンバスターを放つなどいつにも増して石井の人でなしっぷりが炸裂。一方勝村は得意のサブミッションを軸に対抗。格闘家からプロレスラーとして闘ってきた勝村の集大成的一戦といえるでしょう。そして衝撃の結末!必見!

 

というわけで紹介したこの3戦。これを見てぐっと来た方はぜひガンバレ★プロレス会場で観戦することをオススメします。王子、板橋など小会場メインですが、それでこそ伝わる熱もあるし、前半のマジメにふざけた試合も見所です。

そして、ついでにこのスタンプも、そして勝村選手グッズも買っていただけると幸いです。以上!

スポンサードリンク