男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

絶賛放映中!長瀬智也主演!宮藤官九郎脚本!プヲタが語る「俺の家の話」の楽しみ方。

f:id:otokoman:20210206182550p:plain

 

 TBSドラマ「俺の家の話」絶賛放送中!

毎週金曜日22時からTBS系列で放送されているドラマ「俺の家の話」。先日三話が放送されました。脚本・宮藤官九郎、主演・長瀬智也なのも注目を浴びていますが、主人公の長瀬智也(ブリザード寿一)の職業がプロレスラー。プロレスシーンも頻繁に登場し、プロレス界のレジェンドも登場、DDTプロレスリング・高木三四郎大社長率いるWrestleUniverseがプロレス監修を行っていることも話題を集めています。

www.tbs.co.jp

というわけで、三話まで見た段階で、プヲタ的なみどころや注目ポイントについて書いていこうと思います。

 

令和の介護ストーリー「俺の家の話」

とはいえやっぱりストーリーが面白い「俺の家の話」。代々続く能の宗家に生まれたにもかかわらず家を出てプロレスラーになったブリザード寿一(長瀬智也)の親、寿三郎(西田敏行)が倒れ、レスラーを引退して実家に住んで介護することに。その中でヘルパーかつ寿三郎の婚約者さくら(戸田恵梨香)、兄弟とのホームドラマ。自分も歳取った親を持つだけに身につまされるものがあります。

介護についてリアルに考えたら自分で親と同居してとかヘルパーさん雇うとかグループホームとかになっていくのかと思いますが、そこでもやっぱり金はどうしてもかかるものだし、自分が稼いでいくのと介護をどう両立していくのかは誰もが直面する課題だと思います。

その介護を全面に出されると重苦しい話になってしまうところをクドカン節というか。色んな要素をブチこんでごった煮にしていくことでかなり見やすい作りになっています。寿一の引退しても結局復帰してプロレスラー人生、家を継ぐために能を学んでいくことを通じて改めて築かれていく寿三郎との親子としての関係性、そして寿一と別れた奥さん、息子との交流&子育ての悩み。さくらの過去や婚約した理由など。登場人物の人生が見えてくるエピソードの連続で引き込まれます。

ドラマ自体は今後、寿三郎の死という未来がある程度見えている状態なので辛い展開も予想されます。そして、その死という未来を見ながら親の世話をする辛さとどう向きあうか、というのが介護の難しさ。それをこの「俺の家の話」がどういう着地に持っていくのか注目です。

   

ガンバレ☆プロレス監修!ドラマ内に登場するプロレスラー

実際、「さんたまプロレス」という地域インディーっぽい団体で活動しているブリザード寿一。撮影にはGENスポーツパレス、千葉の2AWアリーナなどを使用しています。協力にK-1、ZSTが名を連ねているのもそのためかと思われます。

そしてWrestleUniverseが全面協力し、プロレス監修にも木曽大介レフェリー、勝村周一朗選手、翔太選手が名を連ねています。

f:id:otokoman:20210207031352p:plain

勝村選手、翔太選手に関しては先日エントリを書きましたので宜しければご覧ください。どちらも多彩なテクニックを持つ選手。

しっかりと試合を「魅せてくれる」選手です。 

otokoman.hatenablog.com  

otokoman.hatenablog.com

そして、さりげなく挟まれるプロレスシーンにDDT系列の選手が登場していたりして「間違い探し」な楽しみもあったりとか(勝俣瞬馬、渡瀬瑞基、翔太、勝村周一朗!)

f:id:otokoman:20210207032016p:plain

「さんたまプロレス」の幹部的存在として長州力が出演していたり。先日は武藤敬司、蝶野正洋と揃い踏みしたりしていました。長州は毎回自分の名言パロディみたいな台詞があり

「キレてないですよ」

「形かえてしまうぞ」

とか言ってるので、他にも名言が出てくるのか。要チェックです。

f:id:otokoman:20210207032154p:plain

隠し味的に登場するレスラー、わかりやすくチョイ役で出てくるレジェンド、一話でブリザード寿が引退したときは早々にプロレスシーンなくなるかと思いましたが、寿一がスーパー世阿弥マシーンとして復帰したのでこれからもプロレスシーン、さんたまプロレスメンバーは登場するはず。今後も楽しみです。

 

もうひとつのストーリー「俺の家の話」の話とガンバレ☆プロレス

プロレス監修としてスタッフロールに名を連ねている木曽大介レフェリーが現在noteで連載(?)しているのが”「俺の家の話」の話”です。どのようにして木曽さんがドラマに関わるようになったのか。スタッフの話、長瀬智也の話、ドラマを見つつ、このnoteが更新されるのを楽しみにしてる自分がいます。

note.com

そして、その話を持ってきたのがもともと長瀬智也と古くからの友人の勝村周一朗選手。そこから話がつながって木曽レフェリー、翔太選手も監修に参加することに。スタッフロールにしっかり「ガンバレ☆プロレス」の名前が踊ることになりました。木曽レフェリーもガンプロ所属なんだろうか?

efight.jp

そしてもう今日になってしまいましたが、ガンバレ☆プロレスは2月7日に下北沢大会が行われます。もちろん勝村選手、翔太選手も参戦します。興味持った方はぜひ一度御覧ください。さんたまプロレスくらい(もうちょっと小さいかも)の規模の団体なので、ドラマのプロレスシーンに近い感覚かも。詳細情報はこちらから!

   

まとめ

というわけで始まったばかりの「俺の家の話」ドラマとしても、プロレスシーンを楽しむものとしても今後の展開を楽しみに見ようと思います。プロレスシーンは長瀬智也本人が全てやっている、と翔太選手のツイッターでもありましたので、「プロレスラー長瀬智也」が今後どこまで進化した姿を見れるのかも注目したい。どんなレジェンドが出てくるのか、「スーパー多摩自マン」として出演中の勝村選手とまた絡みがあるのか。

 

そして最後に勝村周一朗選手のLINEスタンプが発売中なので宜しければぜひご購入をお願いします、ちなみに絵描いてるの私です!120円で40個!安い!以下から購入可能です!よろしくおねがいします!

store.line.me

LINEスタンプ作成レポートはこちらから!ミテミテー! 

otokoman.hatenablog.com 

「週刊女性PRIME」騒動とプロレスラーとしてのプライド

まああえてリンクは貼りませんが、週刊女性PRIMEのサイトに「長瀬智也、ドラマ『俺の家の話』撮影中にプロレス技でADを負傷させていた」というタイトルの記事が載りました。

内容としては、長瀬智也が行きつけのステーキ店に通いながらトレーニングを重ね、体重を13キロ増やしたとか、プロレスと能の稽古を徹底的にしてるとか長瀬智也上げの記事。ただその中の長瀬智也神エピソードとして「撮影場所の都内複合スポーツ施設(新宿スポセンでしょうか)で、長瀬がADにカメラチェックのためにプロレス技をかけたとき、ADが受け身をとれず痛みを訴えた」(ちなみにこの事実をTBSは否定しています)そして、多分ここが記事のキモなんですが

「長瀬さんは歩けないADに肩を貸して安全な場所まで移動していました。ADは病院に行ったけど大事には至らなかった」

「長瀬さんは普段からスタッフにも気さくに話しかけたりと人望が厚い。スタッフ全員がドラマの成功のために頑張ってる」

と、なんか美しく締めくくってました。

ただ、やはり見出しの「長瀬智也、ドラマ『俺の家の話』撮影中にプロレス技でADを負傷させていた」が拡散されるわけで。結果、長瀬智也をアゲるためにプロレスを貶めるというか。

ただ、このドラマ、高木三四郎率いるCyberfightがプロレス部分を監修しているわけで。こんな見出しで記事を拡散されては黙っているわけにはいかない。特に直接指導している勝村選手、木曽レフェリーはかなり強く否定していました。

 この記事への勝村選手のツイートがとんでもなくバズることに。

そして木曽レフェリーが冷静に否定

そしてDDT・渡瀬瑞基選手もこれを否定。

この流れをオリコンニュースがまとめてました。

www.oricon.co.jp

まあ、週刊女性PRIME的にはなんかアクシデントがあったけど長瀬智也アゲ解けばいいだろ、的な記事なんだとは思いますが(実際、具体的な事実については一切触れてないし、TBSにひていされているので)このようにちゃんと「ムキになってくれる」人達が関わっている、というのは推せるというか。はからずもこの報道から「熱心に関わってる人達がいる」っていうのが透けて見えた。今後何か動きがあるかはわかりませんが、とりあえず現状はそんな感想を抱いた一連の騒動でした。

そして、そんな中勝村周一朗選手のブログで「俺の家の話」のプロレスパートについてのブログが公開されていたのでここに乗せておきます。内緒らしいのでこっそりと。

blog.livedoor.jp

そして、最後にプロレス監修してるガンバレ☆プロレスの宣伝をちょっとだけ。

次回は2月21日、成増大会!

そして、4月7日後楽園ホール大会も決定済!

チケット予約等はこちらから!

ガンバレ☆プロレスYOUTUBEチャンネルはこちらから! 

www.youtube.com