男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

衝撃の電撃移籍!全日本プロレス秋山準、DDTプロレスリングにレンタル移籍発表!

f:id:otokoman:20200629231749p:plain

いや、ビックリしました。なにがビックリしたって唐突に発表された

全日本プロレス・秋山準のDDTプロレスリングへのレンタル移籍!!

第一報は東スポの速報記事でした。

www.tokyo-sports.co.jp

確かに秋山は今年の5月からDDTのゲストコーチ&選手としてDDTに参戦していました。そして現在は秋山軍(仮)として、渡瀬瑞基、大石真翔、岡谷英樹 を率いて竹下幸之介、彰人、勝俣瞬馬、飯野雄貴の「ALL OUT」との抗争を繰り広げています。

まあ、秋山は最近タイトル戦線にも特に関わっていなかったし、全日本プロレスも客前での試合は再開してなかったので、DDTに出ながら全日本も出ていくのかな~、カブったらどっち出るのかな~、とか思いながら見てました。

そしたら突然の!レンタル移籍発表!思えばその兆しは少し前からありました。6月28日に行われたDDT鶴見大会に、出場予定がなかった秋山準が出るカードが決定したのです。結果発表されたカードがこちら。

 前回の鶴見大会には出場しなかった秋山の鶴見大会出場。「お~、秋山がわざわざ鶴見青果市場まで・・・。」と思ったものです。その矢先にレンタル移籍発表。そして後日、新宿FACEで27日に行われた「DDT TV SHOW」内で全日本プロレス・福田社長、DDTプロレスリング・高木大社長、そして秋山準の三人で記者会見が行われました。

この会見の中では秋山準のDDTレンタル移籍、そこまでの経緯が語られました。臨時コーチ&参戦中だったDDTでの反響の大きさから鷹木社長が福田社長&秋山準にレンタル移籍を持ちかけてOKをもらった、という経緯。そして、秋山準も「色々思うところはありますが、男は黙ってDDT」と、参戦への決意を語りました。

 しかし、無難に終わった会見と裏腹に、会見後コメントではまあまあのアレが繰り広げられた模様。全文はこちらから。いいとこ抜粋すると

秋山「全日本プロレスのファンの皆さん、今までどうもありがとうございました。社員・選手の皆さんに本当に感謝しております。」

「去年、社長、取締役解任となり、唯一自分で若い子たちに教えることを続けていたんですけど、去年の年末に福田社長のほうからTAJIRI選手が今後は教えるということがあり、実際自分の中で全日本プロレスは、試合はありますけど、実質僕の役目は終わったのかな

いうところでタイミングよく高木社長からこういうお話をいただいて、また今日も当たる竹下選手もそういう気持ちでいてくれると、僕に断るものは何もなく是非やらせていただきたいと。」

福田社長にもその話をしたところ、ぜひということでこういう形に至りました。今後、DDTのファンの皆さんの前で僕の持っているもの全てを。選手もそうですけど、伝えていければと思います。」 

いきなり全日本プロレスファンへの謝辞から始まり、社長、取締役解任、コーチもTAJIRIに変わったので全日本プロレスの中での役目は終わったという話。なんというか「レンタル移籍会見後コメント」にしては生々しく会社の内情に踏み込んでいるような・・・。「男は黙って」と言いつつ核心だけはバッチリ喋ってるあたりはさすがというか。キラー・秋山準が発動してしまった感があります。 そう思って会見後の3ショットを見ると結構怖いというか、手も触れないあたりがなにかを表してると言うか、目が笑っていないと言うか・・・。大社長にもどことなく緊張感が・・・。

スポンサードリンク

   

そして、この後改めて秋山準からツイートが。

 ザッツ火消し・・・。このツイートで改めて、現体制のうちは秋山全日本参戦は(ゲストくらいしか)ないと思わせることに。そして、秋山といえばこんな記事も以前ありました。 

www.nikkansports.com

コロナ禍で一旦中止になっているとはいえ、秋山がゲストコーチに行く案は生きているそう。ただ、シンプルにWWEが秋山をコーチに招くだけの予定だったのか。NXT JAPAN設立の噂もあったWWEが全日本プロレスを足がかりにしようとしていたのか。そう考えると、新たにコーチとしてTAJIRIが就任したのは団体自体がWWE寄りになっていく先駆けなのかも。このスキャンダル的な仕掛けもWWE全日本プロレス買収の布石だとしたら・・・。色々と考えてしまいます。

スポンサードリンク

   

ただ、以前の著書「巨星を継ぐもの」では福田オーナー(当時)への感謝を述べ、全日本プロレスへの深い思い入れを語っていた秋山。選手の育て方にしても細かく記されています。だからこそ、コーチ交代は彼の中で大きかったのか。今読むとこの本も感慨深いものがあります。ぜひ一読をオススメします。特に、大型選手の育成にこだわりのある秋山。その手腕をDDTの樋口和貞、納谷幸男、ガンバレ☆プロレスの桜井鷲らを育てるのに生かして欲しいところです。

otokoman.hatenablog.com

そして秋山に代わってコーチとなったTAJIRI。ここに関しては秋山のざっくりとした話しか表に出てないのでわからない部分もありますが、黒潮”イケメン”二郎、朱里、そしてKUSHIDAを育てた手腕。団体は ハッスル、SMASH、WNCと退団、解散、活動休止と上手くいっていないところもあり、ストーリー作りや興行手腕には疑問が残りますが育成手腕、レスリング理論は確か。プロレスラーのキャラクターを表現するためにどんな技を使うか、という理詰めの選手育成。WWE仕込みの育成手法を全日本でどう活かせるか。ある程度「できあがっている」選手の多い団体でどう変化を見せていくか。マッチメイクを誰が担当しているかはちょっとわかりませんが、元Wrestle-1勢も参戦して変化の兆しを見せている全日本プロレス。

TAJIRIのプロレス理論はこの本に詳細が載っているので一読をオススメします。プロレスの捉え方が今までより細かく見れるようになるかも。なるはず!

otokoman.hatenablog.com

そして、この件のあとでTwitterでも様々な意見が飛び交い、「全日本は王道を捨てた」とか、「何も知らない社長がTAJIRIに籠絡された」という意見まで見かけました。「DDTなんかに秋山が行くのがムカつく」という意見は論外としても、自分もいくつか考えていたことをツイートしました。手前味噌ですが。

なんだかんだで王道は全日本プロレスの中に生きていると思いますし、自分はまだまだ全日本プロレスを見ていくし、DDTも相変わらず見ていこうと思います。そして、この件は「秋山準、全日本プロレス追放(仮)劇」として楽しみたいし、秋山がDDTでどんな腕を振るうか。また、秋山が抜けた全日本がどんな変化を見せるか。色々とワクワクしてしまいます。秋山が特訓した納谷が生まれ変わって全日本に乗り込んで諏訪魔と対峙するなんて想像しただけで胸熱というもの。

そもそも全日本プロレスは川田と渕だけになって、ディファ有明のメインで二人のシングルがメインだったときもあるし、数年前には曙、潮崎豪、金丸義信、鈴木鼓太郎と次々と選手が辞めていったこともある。その時に比べれば今はだいぶ上向きだし、いろんな可能性がある状況だと思います。

 スポンサードリンク

   

しかしツイートもしましたが、まさか秋山がDDTに上がり、全日本に石川修司と佐藤光留が上がっている世界線があるなんて思いもしなかった。これがまた数年経ったら秋山が全日本に戻っている可能性もあるだろうし、そもそも違うものになっているかもしれない。こういう要素も含めてプロレスだと思ってるので、「秋山はDDTで、全日本は今のメンバーで別々にいいレスリングを見せて頑張ってほしい」という気持ちもありますが、互いの嫉妬、憎しみの感情をもっと見たいと思うのも確か。これからはぜひDDTと全日本でガンガンやりあっていただけると幸いです。そして最後にDDTに要望ですが、ぜひこの件を盛大にイジってほしい。とりあえずこれ↓からお願いします!俺たちのDDT!全部エンタメにしてほしい!これからが楽しみです!

 

俺たち文化系プロレス DDT

俺たち文化系プロレス DDT

  • 作者:高木三四郎
  • 発売日: 2008/04/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

※2020・7・3追記

そしてなんとなく全日本についてのツイートをいくつかしていましたが。

そして結構な反響があったのはこのツイート。80いいね越えたのにビックリ。結構みんな思ってたのね・・・。

最近とみにリデット体制のプロレスリング・ノアが新しい印象を与えているため、よけいにネット上でのマーケティング、団体のイメージ戦略が大事だというのがかなり大きく世にも広まってきている昨今、全日本プロレスがファイト内容に比べて一歩遅れている印象は否めないところ。このあいだの諏訪魔VS芦野もすごい試合でしたし、会社の体制作りも含めて改めて大メジャー、全日本プロレスを目指して欲しいところです。それも含めての「王道」だと思いたい。好きです!全日本プロレス!