男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

4・14 オカダカズチカのANN0。オカダ、くりぃむしちゅーANNリスナーだった!あと石井智宏大好き!

   去年の1月に熱愛発覚からこのたび三森すずことの結婚を発表、ジェイ・ホワイトからIWGPヘビー級王座を奪還したオカダ・カズチカのオールナイトニッポン0が4月14日午前3時から放送されます。とりあえず熱愛ツイート貼っておきます。 

otokoman.hatenablog.com

そして結婚発表記事がこちら。熱愛発覚時、文春砲がスクープを予告していた段階でスッパ抜いた東スポ。もちろん文春より東スポのほうがプロレス愛に溢れた記事を書くのは確実なので、これはある意味新日本プロレスがプロレスと東スポを守った、と言っても過言ではない。その御礼的なものなのか、オカダ独占インタビューが掲載。

www.tokyo-sports.co.jp

というわけで、午前3時から午前5時まで、という、普通の人が聞けないような時間ではありましたが、三森すずことの出会いとかしゃべるんだろう当然、とまあまあ下世話な動機でラジオ前で全裸待機。そしてオードリーのANNが終了して午前3時にそしてその第一声が

「プロレスラーのオカダ・カズチカです!」

おお!はじまった!ちょっとはしゃぎ気味と言うか、かかってる感じのオカダ。なんかヘンなテンションと言うか。緊張が聞いてる方にも伝わってる感じ。そして本当に一人喋りな様子。大丈夫か?YOSHI-HASHIとかいなくて大丈夫?外道はもうアレだけど、清野アナとかいなくて本当に大丈夫?と思ってる間にもたどたどしくラジオは進行。

 

とりあえず、放送前にオードリーの二人に挨拶してきたオカダ。1・4東京ドームを観戦して涙するくらいのプロレスファンな若林があまりもじもじして話せなかった、というかわいげエピソード。そしていつも通りのの春日、これもらしい感じです。そして、この話をしてる間も緊張のせいか、そこそこ呂律がまわってないオカダ。ヘンなテンション続行中。大丈夫?三森すずこ呼ばないで大丈夫? 

otokoman.hatenablog.com

若林のプロレス好きが伝わるエピソード。人生観変わってるやん!的な。

そして続いてゲーム好き、という話に。好きなゲームはFARCRY。腕の筋がガチガチだと三澤トレーナーに指摘されたオカダ、「やっぱりニュージャパンカップ前だから緊張があるんですか?」と聞かれ、「ハッキリと朝方までゲームやってたから」と言い出せなかったというオカダ。小学生か!

そんな話をしてから待望のタイトルコール

「オカダカズチカのオールナイトニッポン0!」

午前三時に鳴り響くビタースイートサンバ!とりあえず先行き不安・・・。

 

   

 

そして、何故オカダがラジオにテンションが上ってるのか、という話に。

それはオカダ・カズチカが闘龍門から新日本に入った時。新人として雑用、キツい練習と辛い日々を送っていた時、全ての用事を終え、疲れて寝る前にくりぃむしちゅーのANNポッドキャストを聞いて心のやすらぎとしていた、というオカダ。

雑用で疲れてから有田の「まいったね」を聞いてたとということは、数々の伝説の特集、済々黌ラグビー部祭りや長州有力、有田のたとえツッコミの数々も聞いてたのか。自分もリスナーだったので、ここで一気に親近感が湧いてきました。

www.youtube.com

ちなみに私が上田のたとえツッコミで一番好きなのは「キングコング・バンディのボディスラムマッチみてえになってっけどよ!」でした。思い起こせばここから今の「有田と週刊プロレスと」の萌芽があったのかなと。 

otokoman.hatenablog.com

Amazonプライム加入者必見番組。多分史上最もプロレスを上手く説明してる番組だと思います。 

くりぃむANN話でテンションは上がってますが、緊張感はどんどん増しているようなオカダ。ジェイから取り返したIWGPヘビーのベルトを置いて放送してるそうですがラジオなんで見えない・・・。深呼吸してなんとか落ち着きを取り戻そうとするオカダ。ガンバレオカダ!

深呼吸で落ち着いたのか、ここで

「先週末ちょうどアメリカでベルト獲得しました!そしてすいません!私事ですが、入籍させて頂きました!」

とさらっと入籍報告。帰国してからの試合中、観客からの「おめでとー」がベルトになのか入籍になのか迷ったという話も。しかしプロレスラーがちゃんと結婚報告するのはなかなか珍しいというか。いつのまにか結婚してた、っていうケースが多かった気がします。不倫報道で初めて結婚してたのか!と知る、みたいなのも。ともかくおめでとうございます。

そしてここで一曲目。

King Gnu「白日」 

白日

白日

 

ここで結婚についてや三森すずことの出会いを詳しく話してくれるのかな・・・。と思いきや、話は1点、最近あった話に。んあ~。ちなみに、結婚についての話はこれ以降一切出てきませんので三森すずこファンは解散してOKです。う~ん、タイミング的に期待してる人多かったと思うんだが残念。こういう時にツッコミ上手の聞き手がいたらな~、と思ってしまう(まあ、新日本やブシロードからNG出てたらそもそも話さないんでしょうが・・・。)

しかし、その最近あった話は、映画のボヘミアン・ラプソディを見た、というもの。そして、あの有名な最後のコンサートシーンで、クイーンがWe Will Rock Youを歌った場所は、アメリカ・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン。

www.youtube.com

そして、オカダというか新日本プロレスといえば、まさに先週4・7マジソン・スクエア・ガーデン大会を終えたばかり。そしてオカダはそのメインイベントでIWGPチャンピオンのジェイ・ホワイトに挑戦。レインメーカーで3カウントを奪い、IWGPチャンピオンに返り咲きました。

www.youtube.com

そして、そのマジソン・スクエア・ガーデン大会メインを努めたオカダ、その入場時に「ああ、フレディ・マーキュリーもオレと同じ景色見たんだ」と思ったそうです。世界的大ヒットを記録したボヘミアン・ラプソディですが、この感想を持てる人間はそうそういないでしょう。サラっと言ってましたがその凄さがかえって際立つことに。サラっと言っていいことじゃない!なかなかに痺れるエピソードトークでした。 

そして二曲目はもちろんこちら。 

We Are The Champions

We Are The Champions

 

 

   

 

そしてCM明けで再開。ここまでのトークを聞いてる感想としては、この番組あと一時間以上あるけど大丈夫か・・・。とにかくオカダが普通のあんちゃん過ぎて不安になるし、エピソードも三十路の男性にしては品行方正過ぎるというか、無難なほんわかエピソード中心でなんというかなかなか聞いていてしんどいというか・・・。と思ってたらコーナーに。

まず1つ目のコーナーは、HPでも募集していた「新オールナイトニッポンプロレス」のコーナー。架空のプロレス団体「新オールナイトニッポンプロレス」への入団志望を書いてくるコーナー。まあ聞いてましたが、とりあえずコーナーハガキがクッソつまらん。そしてリスナーには見えないにもかかわらず送られてきた写真を長めにイジるオカダ。オカダ・・・・。というか作家・・・・。まあ、そのなかでオカダが話してた

  • 先輩のスネかじるのは大事
  • 石井智宏はスシに「外人か!」ってくらいショーユをつける。
  • オカダの洗濯物を洗ってるのは成田蓮

っていうプチ情報はちょっとだけ楽しめました。

そしてコーナー終わって三曲目はSam Smith「Writing's On The Wall」 

ライティングズ・オン・ザ・ウォール

ライティングズ・オン・ザ・ウォール

 

そして次はリスナーからの相談コーナー「ハイ!オカダカズチカです!」。

まあ、リスナーからのお悩み相談コーナーなんですが、電話が繋がったのが17歳の高校生。そしてここからのオカダの豹変っぷりがスゴかった!一気に緊張が溶けて急に上から喋り始めるオカダ。テンションあがりつつ、いきなり高校生に「やっと人と話せる」と弱音を吐くオカダが面白い。今日はじめてちゃんとしたテンションに!やっぱり話し相手が必要だった!

部員3人の野球部部長の相談者、やる気のない部員になんて声をかけたらいいか、という相談でした。というかまずどうやって9人集めるかを相談したほうがいいと思うが。そこはスルーして進行。そもそもが中卒で闘龍門入ったオカダ。高校に行ったことがないため、高校生の相談者に「学校楽しい?」、「彼女は?」とガンガン質問。青春を取り戻す感を感じてほっこりします。

しかし思ったのはこの相談コーナー、最初に持ってきたほうがよかったんじゃないだろうか。そして、高校の部活やったことないオカダってこの質問には不適格なのでは?ということも。まあ、別に悩み解決してほしいってこちらも思ってないんでいいんですけど。

結果、「後輩メッチャ叱るよ」とドヤるオカダ。オカダ「一緒に甲子園目指そうよ!」相談者「軟式なんで甲子園行けないです」というやりとりをかぶせ倒し、コーナーでつくった「新オールナイトニッポンプロレス」にみんなで移籍しよう!という変な着地で終了。最後よくわからん感じでした。でもオカダのテンションが新鮮だった。

いや~よかった、これから面白くなるぞ~、と思った矢先に電話相談コーナー終了。なんだよ!てっきりあと2~3人相談してから最後に相談者を装ってYOSHI-HASHIか三森すずこから電話かかってくると思ったのに!というか、ひとり語りより誰かと話してるほうが明らかに番組がスムーズに進んでたのに!素人出てたら「三森すずこさんとの結婚生活は?」とかバカなフリして聞いてくるやついたかもしれないのに!残念。

そしてふたたびメール読みに。今まで戦った中で食らったヤバい技は?という質問にオカダ「ヤバいのは棚橋さんのハイフライフロー、僕はボディプレスで・・・あ、ボディプレスって言っちゃった。頭打って記憶飛ばしたことありますからね」ボディプレスって言っちゃうなよ!オカダ!天然!

他にもプロレスラーあるある、自分の入場曲が流れてるのにブーツがなかったり、コスチュームに着替えてないという夢みがち。という話、やっぱりプロレスラーの経験に基づく話は面白い、そして四曲目。175ライダー「空に唄えば」 

空に唄えば

空に唄えば

 

 

 

   

 

 

そして引き続きメール紹介。その中で「オカダ・カズチカ以外のリングネーム候補」について、新人時代、カナダで会ったライガーに「ダイナマイト富士山」にして「富士山さん」って呼ばれればいいじゃん!と適当に言われたこと(ライガーらしい!)や、オシャレについての質問では「ケイオスでは石井智宏が白パンでキチっとキメててオシャレだけど、そんな時に限って醤油をこぼしたりする。でもしみ抜きをきちんと持ってて貸してくれたりする優しい先輩。」と石井智宏情報が。というか、前半でも石井話してたし、石井好きだなオカダ!YOSHI-HASHIの話もしてあげて!

と喋ってると4:30になり、「ここでニッポン放送の方々とはお別れです」の言葉が!なんと!オールナイトニッポンのくせにニッポン放送で途中で終わるんかい!と思ってたら「金光教の時間」に・・・OH!宗教ラジオアワー・・・。と、気を取り直してRADIKOプレミアムに速攻加入してKBS京都で聴取再開。しかしまあ、特に聞き所もなく番組は終了しました。

f:id:otokoman:20190414024447p:plain

最初はあまりの緊張っぷりにどうなることかと思いましたが、4時位から始まったリスナーと電話相談のコーナーで一気に緊張がほぐれるオカダ。しかしその後はあまり面白くないネタコーナー中心だったのがもったいなかった・・・。そして、もっとプロレスや結婚のことについてたくさん喋って欲しかったところです。

多分新日本プロレス、ブシロードからある程度ストッパーがかかってるんだと思いますが、中卒で闘龍門に飛び込み、海外でキャリアを積んでから新日本プロレスに入ったオカダ。ここだけでも面白い話はたくさんあると思うし、なにより結婚発表直後なわけだから色々話すのかな~、と期待してしまいました。

 

そしてプロレスについても、話したのは棚橋、ライガー、石井と限られたレスラーについてのみ。例えば最初の師匠であるウルティモ・ドラゴンから何を教わったか、とか、大人気のロスインゴ勢に何を感じてるか、ニューヨーク大会での海外修行時にともに闘ったレスラーたちとの再開など、興味深い話もできたはず。自分から全部話すのもなんなんで、プロレスに詳しい聞き手にオカダから話を引き出す、という形をとったほうが良かったんじゃないか、と思いました。聞き所はありましたが、もう少し色々とオカダから引き出して欲しかった。そんな感想を持ったオールナイトニッポン0でした。

週刊プロレス 2019年 4/24 号 [雑誌]

週刊プロレス 2019年 4/24 号 [雑誌]

 
レスラーめし

レスラーめし

 

というわけで、RADIKOの番組アドレス貼っておきます。聴取期限は4月20日まで。オカダファンは必聴!(たぶん)三森すずこファンはまあ・・・いいんじゃないでしょうか、という感じですはい。

radiko.jp