男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

テレビ朝日「しくじり先生 俺みたいになるな」に那須川天心登場!メイウェザーの無法っぷりを爽やかに暴露!

まあもうわりと前の話ですけど、那須川天心がテレ朝の「しくじり先生 俺みたいになるな」に出てました。6月24日の話。ただ、この「しくじり先生」、地上波のあとにAbemaTVで「完全版」が放送されていて、はっきりいってこっちのほうがオススメというか。これが本編で地上波はダイジェスト版、と言っても過言ではない。

abema.tv

一週間の公開期限が過ぎたので見るためにはAbemaTVプレミアムに入会する必要がありますが、入会付きは0円なので見てみてもいいのでは。普通に面白かったし、天心への好感度が上がる内容だったのでファンなら一見をおすすめします。

www.youtube.com

ちなみに長めのダイジェストはYOUTUBEで公開中。まあ、雰囲気ならこれで充分というか。これ見るだけでもそこそこ楽しめます。

 

まあ、そもそも聞き手がオードリー若林、ノブコブ吉村、ハライチ澤部という安定感あるメンツなので天心も作家の考えたギャグをバンバン入れながらリラックスして喋ってるし、そして基本的には明るく笑いながら喋っているのでイヤな感じもしないし天心の好感度が上がる番組内容だったんですが、内容的にはわりとメイウェザー&RIZIN運営へチクリといく、というか、ネタにしながら告発していく、というスタイルの構成だったのでそこら辺を中心に軽く紹介していきます。

f:id:otokoman:20190702015932p:plain

まずはスーツ姿、RISEのフェザー級ベルトを堂々と持参して登場した那須川天心。RIZEのベルト結構立派だな!そしてこないだRIZINで獲得したISKA世界フェザー級王座はスルー。まあ妥当な判断というか。7月21日に大阪エディオンアリーナで開催されるRISE WORLD SERIES 2019の宣伝もあるでしょう。このドヤ顔が清々しい!

そして那須川天心の「しくじり」として、メイウェザー戦での敗北をあげ、その舞台裏で何が行われていたかを振り返っていく形で番組は進行していきます。

f:id:otokoman:20190702024018p:plain

そして対戦相手のメイウェザーの紹介。そもそも今までの戴冠歴だけ上げても

WBCスーパーフェザー級、WBCライト級、WBCスーパーライト級、IBF,WBC,WBOウェルター級、WBCスーパーウェルター級、WBAウェルター級スーパー王者、WBAスーパー王者。そして50戦50勝無敗。とにかく凄すぎる相手だったわけです。

 

そもそもこの試合が決まっただけでも相当ビックリしたというか、「は?」みたいな話だったので、実現しただけでもミラクルすぎる。まあ、結果としては無敗のキックボクサー那須川天心が初の大晦日で負け姿を見せてしまう、という結果に終わったわけですが、本当に当日まで「実現しないかも」というスリルを見せてくれたこともあり、瞬間最高視聴率では民放トップ(12.2%)に。

otokoman.hatenablog.com

試合決定時のエントリ。ただただビックリした、という話。一応二人の経歴など紹介しています。いやほんとビックリしました。ビックリ。

otokoman.hatenablog.com

そして案の定ゴタゴタが。色々と駆け引きが行われてることがわかります。

otokoman.hatenablog.com

そして試合に。試合自体はGYAO!で公開してるので、未見の方はこれを見るとまた今回の放送が楽しめるかと思います。 

 

 そして、那須川天心が先生役になってメイウェザー戦の舞台裏を紹介していくわけですが、ここらへんからだんだんと天心の怒りがちょっとずつ乗っかっていくことに。

f:id:otokoman:20190702024327p:plain

「世界一稼ぐ超わがままな超やべー奴」 

 そしてその後色々なメイウェザーの悪行が暴露されていくわけですが。記者会見には遅刻し、着物で行こうと思っていた天心に「スーツで来い」と行っておきながら自分はジャージで参加。そしてアメリカで行われた公開練習でも遅刻、そして「見たいTVがある」と帰宅するという傍若無人っぷり。

 

ルールにしても、「蹴りを出したら罰金5億円」というパンチの効いたルールを飲まされた天心。それをうけて「キックフェイント交えてパンチ出せば当たるかも」という作戦を考えていたら、「キックフェイントしても罰金5億円」と言われておじゃんになった、というエピソードが悲し面白い。(そもそも罰金5億なんてルールを飲むのか、というのもありますし)

 

そして、去年の大晦日、TVで見ていた方はご存知かと思いますが、日本に来たメイウェザー、銀座で買い物していて遅刻。ギリギリで会場に着いて試合に臨むところが生中継されました。このなんというか昭和のバラエティ感!そして傍若無人っぷりはこれだけではなく 

f:id:otokoman:20190702034100p:plain

体重計に乗らずに「俺はもう計っといたから」と一言で済ます。これが本当なら主催者のRIZINなにやってんだ?という話なんですが(まあ、この試合、体重のリミットでどうこう、というわけではなかったエキシビジョンマッチではあるんですが、格闘技興行を主催する立場としてはかなり問題な気がします。

ただ、この試合の公開計量は前日に行われており、日刊スポーツの記事でも

RIZINの榊原信行実行委員長は、計量時間変更を「1時ごろまでは行かないと言っていたのに、突然来ると言い出して。たくさんスーツを持ってきたので、それを見せたいと、事前計量になりました。お昼頃量って、私と天心で確認しました」と苦笑した。

メイウェザーやりたい放題 前日計量でも究極オレ流(日刊スポーツ)

とあり、ここらへんは話が食い違ってくるわけですが。ただまあメイウェザーに振り回されっぱなし、というのは日刊スポーツの記事からも伝わってくるわけで。そしてやりたい放題エピソードとしては

f:id:otokoman:20190702034121p:plain

バンテージを巻いて準備完了、アップして試合に備えようとした天心のもとにゴツいボディーガードが来て「巻き直せ」と要求するところなど、もう完全にマンガの悪役というか。わかりやすいイチャモンをつけられる始末。しかしこんなのは本来主催者側が一喝して断らなければいけないような事項。これを通すしかない状況だったのがRIZINだった、ということでしょう。金銭的な部分から契約に関してもイニチアシブを握られた形の異種格闘技戦がいかに不利なものか。このことに関しては恐らく天心パパも想像していなかったのではないでしょうか。

f:id:otokoman:20190702035652p:plain

結局バンテージを巻き直し、慌てて試合に臨んで見事に散った天心。ここらへんのくだりはYOUTUBE動画「RIZIN CONFESSION」に詳しく描写されているので、マジメに知りたい方はこの動画をオススメします。

youtu.be

試合前にマフィアみたいな男に詰められて平常心で試合に臨めるはずもなく、怒りを含んだまま試合に臨む天心。周りの大人が誰一人天心を守れなかったことは、今後の彼に大きく影響するんじゃないか、と思います。もっと周りが一人の青年を身を挺して守ってほしかった。そう思ってしまいます。

 

試合では惨敗を喫した天心ですが、番組の最後のメッセージとして、

失敗した後にも成功あり。「最後までやってきたことを信じていけば、必ず成功につながる」

と締めくくり、授業を終えました。

f:id:otokoman:20190702014537p:plain

   

ポジティブな語り口、全部を「しくじり」として笑いに交えてメイウェザー戦を語った那須川天心。しかしその端々にはこの状況、メイウェザーに蹂躙され、RIZINも周囲も天心を護れなかった、とことん不利な条件を突きつけられたことへの怒り、それをどうにも出来なかった自分への怒りがあるのも感じました。

やはりメイウェザー戦については、もっとRIZIN側が毅然とメイウェザーに向かわなければいけなかったし、フジテレビももうちょっとなんとか出来なかったのか、という気持ちにさせられました。もちろんその中でメイウェザーに立ち向かった天心は凄い、の一言なわけですが。なんつーか色々考えさせられた「しくじり先生」でした。 

覚醒

覚醒

 
那須川天心 フォトブック FLY HIGH

那須川天心 フォトブック FLY HIGH

 

※2020/07/05追記

コロナ禍の中、RIZINの試合がYOUTUBE公開されてるので貼っておきます。これからRIZIN自体がどうなるかわかりませんが、もし仮にこのまま消滅してしまうとしてもこの試合は格闘技史に残る試合にはなるでしょう。

舞台裏込みでスケールの大きい試合でした。

www.youtube.com

※2020/9/19追記

ついに解説された「那須川天心チャンネル」で本人の試合解説がアップされていたので載せておきます。とにかくメイウェザー強かった!あとわがまま!

www.youtube.com