男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

9・5 新日本プロレスメットライフドーム大会Day.2 乱入!乱入!また乱入!鷹木信悟が引き寄せるハッピーエンド

アイコン用イラスト作成中です。ご依頼はこちらから!

コミカル&愛される!アイコン用イラスト描きます ポップで可愛い、目を引くアイコンはいかがですか?

f:id:otokoman:20210912070018p:plain

 

新日本プロレスメットライフドーム2日目、タイトルマッチラッシュ!

9月5日、新日本プロレスメットライフドーム大会2日目、1日目は棚橋弘至VS飯伏幸太のIWGP.USヘビー級選手権がメインでしたが、この2日目のメインはIWGP世界ヘビー選手権、鷹木信悟vsEVILでした。

この日はスターダム提供試合に始まり、第1試合の石井&オカダvsO・カーン&コブ組以外は全試合タイトルマッチ。タイトルマッチラッシュ興行でした。

 

第二試合のIWGPジュニアタッグ選手権はいつものダーティー連携を駆使しまくった金丸&デスペ組がタイトル奪取、第三試合のIWGPタッグは3WAY、ザック&タイチvsSANADA&内藤vsYOSHI-HASHI&後藤という組み合わせでしたがこちらは王者タイチ&ザックが防衛。SANADAのラウンディング・ボディプレス直前にこっそりタッチしてからの白鳳式エルボー、ザックのグラウンド卍、タイチが天翔十字鳳、ブラックメフィストをYOSHI-HASHIに畳み掛けての勝利。鮮やかすぎました。

第四試合のIWGPジュニアヘビー選手権はロビー・イーグルスが徹底的な足攻めから変形膝十字固めのロン・ミラースペシャルで勝利。復帰したヒロムも単発で大技を繰り出しますが、勝利までの逆算で試合を組み立てたロビーが勝利。ヒロムは復帰後初のタイトルマッチを飾れませんでした。ほんとに悔しそうにマットを叩いてタップしてたのが印象的でした。さあ、いよいよメイン!

   

メインは鷹木信悟vsEVIL!乱入!乱入!また乱入!!

そしていよいよメインは鷹木VSEVIL。試合展開はとにかくベタというか、みんなが予想してたような乱入!乱入!また乱入の展開になりました。

 

前日BULLET CLUB入りしたSHO、東郷、裕二郎がセコンドにつき、試合開始早々にSHOが鷹木の足をすくって場外に落としてEVILが鉄柵に振るという定番ムーブ。今回は乱入に加え、本部席からベルトを奪おうとするEVIL、守る阿部リングアナ、という構図も追加。ますますワールドが広がっていきます。

f:id:otokoman:20210912083350j:plain

EVILもイスをフルスイング、3人がかりで場外ストンピング。ノリノリの悪役ムーブが続きます。

海野レフェリーが時々気が向いたら注意するのでそのときは鷹木が反撃しますが、その時間以外はBULLET CLUBペース。やりたい放題が加速していきます

一度は本部席で阿部リングアナと揉み合うEVIL、東郷に対して鷹木がSHO、裕二郎を抱えて叩きつけて吹っ飛ばす見せ場も。海野レフェリーがセコンドに退去を命じますが、ヌルっと戻ってきたセコンド陣。海野レフェリーを利用してEVILと海野レフェリーのマジックキラーという目玉もありました。

f:id:otokoman:20210912083345j:plain

散々BULET CLUBが暴れたところでまずBUSHIが救出に出てセコンドを蹴散らし、反撃を食らったところで内藤、SANADAが乱入。毎回思いますが、ロスインゴ勢は控室一緒だろうに相談して一緒に来ればいいのに、と思うんですが...。

最後のあがきでベルトで殴打しようとしたEVILですが見事にスカされ、急所攻撃も防がれて万事休す。ラリアット三連発からパンピングボンバー、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンとつないでカウント3を奪った鷹木。見事防衛を果たしました。

f:id:otokoman:20210912083348j:plain

セコンドやりたい放題からのロスインゴ救出劇からのフィニッシュ、ということで内藤がチャンピオンだった去年の神宮球場大会をなぞったような展開ではありましたが、今回はかなりのカタルシスを感じたように思います。

前回の神宮大会はこちら。
内藤哲也の課題が浮き彫りになった大会だったように思います。

otokoman.hatenablog.com

   

試合後のマイク&今、鷹木信悟が必要とされている理由について

試合後、ロスインゴメンバーを迎え入れての鷹木のマイクはこちら。新日本プロレス公式ページから引用させていただきます(改行等はこちらで行いました)

鷹木「(※ひざまずき)しんどかったよ…(※大拍手)。

今日だけじゃない。この3週間、いろんな意味で、しんどかったよ(※大拍手)。

だが、改めてこのメットライフドームに集まったファンと、(新日本プロレス)ワールドを見てるファンに報告したい。鷹木信悟、無事、ベルトを持ったまま、新日本のリングに帰ってきたぞ!!(※大拍手のなか、立ち上がり)。

いや~、まさかの、コロナウィルスに感染しちまってな。試合するのは3週間ぶりだよ。不安がないと言ったらウソになるかもしれない。だけど俺は、その不安を消し去るために、やれるかぎりのことはやってきた(※大拍手)。

このご時世だよ。決してウィルスを俺はナメてない。だがよ! 俺はプロレスラーだ。リングに上がれば、病み上がりとか後遺症なんて関係ねぇんだよ(※大拍手)。

俺は今日、プロレスラーとして、1人のプロレスラーとして、意地とプライド、そして信念を背負って、ここに上がった(※大拍手)。今日の結果をもって、鷹木信悟の大復活だ!(※大拍手)

大復活と言えば…ヒロム。ヒロムちゃんよ! おかえり(※大拍手のなか、ヒロムの脚を指さし)。帰ったきて早々、ケガしたのか!? え? 痛いんか!? まさか明日から欠場じゃないだろうな!? (※ヒロムが『んなワケないだろ!』と答え)んなワケない! (※ヒロムが『面白くねぇこと言うなよ』と続け)ハッハッ…面白れぇじゃねぇかよ。ということは…!

見てのとおり、LOS INGOBERNABLES de JAPON、久々の大集合だよ、オイ(※大拍手)。もっともっともっともっと! 盛大な拍手!(※さらに大きな拍手を受け)きたきたきたー! どうも…。まあそれと、俺はチャンピオンとして、まだまだやることがたくさんあるんだ。
これからも、ランペイジドラゴン、暴れ龍として、とことん暴れ狂ってやるぜ(※大拍手)。ということで、俺の…言いたいことは……以上だ(※マイクを投げ捨てる)」

勝った後にクールな姿勢を崩さなかった内藤に対して、助けてくれた仲間への感謝、観客への感謝をしっかりと言葉にしてくれる鷹木。それに加え、表情でもきっちりと「みんなが応援してくれたおかげで勝てた!ありがとう!」と表現してくれる。このあからさまに感情をデフォルメして表現してくれるところは最近の新日本のチャンピオン、オカダ、内藤、飯伏らにはなかった要素。その鷹木の表現力が、「反則、乱入を繰り返されたけど仲間に助けられて勝つ、というベタな展開の試合」に向いていたからこそ、この試合の盛り上がりがあったんじゃないでしょうか。

コロナ禍で苦しみを感じる人々が増えている中、このわかりやすさは鷹木の大きな武器だし、今鷹木がチャンピオンでいる理由になっていると私は思います。

f:id:otokoman:20210912083344j:plain

そして試合後、鷹木を見つめる内藤の視線。これはこれからのロスインゴ内戦の火種になるか?その伏線が撒かれたメインイベントだったように思います。観客動員では苦戦を報じられましたが、2日ともメインイベントは素晴らしかった新日本プロレスメットライフドーム2連戦。両方ともベタな試合ではありましたが、改めて新日本の底力を堪能しました!面白かった!

1日目のメインについてのエントリはこちら。棚橋人情劇場でした。

otokoman.hatenablog.com