男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

7・10ガンバレ☆プロレス大田区大会「まなせゆうなvsウナギ・サヤカ」

7・10大田区・まなせゆうなvsウナギ・サヤカ、決定までの経緯

7月10日に行われるガンバレ☆プロレスの乾坤一擲ビッグイベント大田区体育館大会「WRESTLE SEKIGAHARA」。そこでまなせゆうなとウナギ・サヤカの一騎打ちが決定しています。まずどういう経緯でこの試合が決まったのかを振り返っていきます。

 

 

ツイッターでのやり取りからの乱入劇

おそらくきっかけになったツイートは5月7日。まなせのツイートにウナギが噛みついてきたのが最初でした。アイスリボンでトトロさつきと共にインターナショナルタッグ選手権を奪取したまなせがガンプロへの想いを語るツイートからのやりとり。

そして次は5月25日。ガンバレ☆プロレス新木場大会前日のやりとりでした。ここでもウナギが仕掛ける形。もともとスターダムの「査定役」を自認し、各方面にツイートでバトルをしているウナギですが、東京女子プロレス時代の先輩であるまなせゆうなに対してはあくまで敬語で仕掛けています。

 

 

そんなやりとりがあった翌日、ガンバレ☆プロレス新木場大会。私生観戦してましたが、そのときの驚きツイートをしてましたので貼っておきます。

 

その時の様子はYOUTUBEにアップされてます。こちらから。

www.youtube.com

ちなみにこのときの様子はブログにまとめてますのでよろしかったらお読みください。ただ、興行のラストに大家健が坂口征夫らEruptionの面々に拉致られ、すまきにされるいわゆる「大家健すまき事変」が起きたためにインパクトがそっちに持っていかれた感はありました。

otokoman.hatenablog.com

すまき動画。私が大好きなので何度でも貼ります

 

ちゃんと大家健にも絡んでるウナギ・サヤカさすがです。

そして翌日にはシングルマッチが決定。こうして7・10での一騎打ちが決定しました。そしてここからもSNSでのやり取りが続きます。

 

 

煽りと尊敬と想い。第2ラウンドは再びSNSで

そしてその直後から煽り合戦がスタート。ウナギがまず大家健とやりあい(それにしてもSNSでもそのトーンが全く変わらない大家代表はさすがですが。

そして最初に噛みついていたYuuRIとも煽り合戦に。YuuRIとまなせとの扱いにくっきりと差をつけて関係性をわからせるウナギ・サヤカ、さすがです。そこにまなせが入ってきてからのやりとりも。ここからはどちらかというと互いへの敬意を確認するようなものになっていっていて、読んでいてちょっとぐっとくるものがありました。

全方位にSNSでケンカ売ってるウナギ・サヤカが煽っていき、天然っぽいまなせゆうなが熱い感情をこめてツイートを返していく。そこにはただの試合の煽り以上のなにかが見えたように思います。私はウナギ・サヤカのツイートを全部追っているわけではありませんが、互いの人間性と関係性が透けて見えるというか。確実にプロレスの一部としての煽り合戦。

 

 

流れ流れて辿り着いた今。まなせゆうなとウナギ・サヤカの現在地

そしてこの時期、奇しくも二人共Webスポルティーバ連載「今こそ女子プロレス」のインタビューを受けています。インタビュアーは数々のプロレスラーインタビューをしている尾崎ムギ子さん。それぞれに寄り添ったインタビューになっています。

まなせゆうなインタビューはこちら。

sportiva.shueisha.co.jp

sportiva.shueisha.co.jp

グラビアアイドルからスターダム、アクトレスガールズ、東京女子プロレスを経て現在ガンバレ☆プロレス所属。ぽっちゃり女子プロレス、ガンバレ☆女子プロレスでエースとして闘った経験を経て自らをさらけ出し、感情を叫び、肉体を叩きつけられるようになったことで現在はアイスリボンのタッグチャンピオンとなり、先日の大谷晋二郎エイドでは橋本千紘とのド迫力のぶつかりあいを披露。

今確実に「主役」として花咲きつつあるまなせゆうなを感じます。

 

 

そしてこちらがウナギ・サヤカインタビュー。

sportiva.shueisha.co.jp

sportiva.shueisha.co.jp

アイドル活動などを経て東京女子プロレス入団、2020年11月からスターダムに参戦、すると各団体から参戦する選手たちに「査定」としてかたっぱしからケンカを売っていくスタイル、SNS上での煽りスキルの高さもありコズミック・エンジェルズとしてアーティスト・オブ・スターダム王座、フューチャー・オブ・スターダム王座を獲得。確実に注目されるレスラーとなっているウナギ・サヤカ。順調に傾いています。

まさかの花の慶次コラボグッズも登場。さすが傾奇者。

 

このように、東京女子プロレスを卒業してから大きく花咲いた印象のある二人のシングルマッチが行われるのは7月10日。どこか生き方も似ているように感じる二人。感情をぶつけ合う闘いから何が生まれるか。ちなみに前回のシングルマッチを貼っておきます。うなぎひまわり時代ですが。

www.youtube.com

まなせゆうながどうこうはともかく、ウナギの今のファイトからしてみたら「黒歴史」としたい気持ちはわからなくはない。それくらい今のウナギ・サヤカはうなぎひまわり時代からは進化していると思います。しかしまなせもここからは確実に進化している。東京女子プロレスから卒業してから二人がそれぞれ歩んだプロレス人生、互いにそれを証明するような試合になってほしいと心から思います。

 

 

そんな一戦が行われるガンバレ☆プロレス7・10大田区体育館大会。チケット情報貼っておきますのでご参照ください。

ちなみに二人をインタビューした尾崎ムギ子さんの最新著書はこちら。対象に共感しまくるスタイルに引き込まれます。