男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

KOPW2020に採用して欲しかったプロレス特殊ルール5選。怪談、球場、蛍光灯まで!

f:id:otokoman:20200827052302p:plain

7月28日、オンライン会見を開いたオカダ・カズチカは「KOPW」というタイトル設立を発表。変則ルールの試合を8月26日後楽園ホールで行い、勝ち抜いた者が8月29日の神宮球場大会で4WAYマッチで対戦。勝者がチャンピオンとなる形式。

新日本としては珍しい変則ルールでのタイトル。NUMBERで原悦生さんに企画自体酷評されたりしましたが、オカダ(というか新日)としても目先を変えたいという意図があったんでしょう。ただ、私としても一つ物申したいことが。ちなみにNUMBERのコラムはこちらです。

number.bunshun.jp  

週刊プロレス 2020年 9/9 号 [雑誌]

週刊プロレス 2020年 9/9 号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/08/26
  • メディア: 雑誌
 

 私が物申したいのは、それぞれの試合のルールについて。選手が提案し、観客投票でルールが決まる形式でしたが、結果以下の通りとなりました。

小島聡vsエル・デスペラード:必殺技禁止マッチ

矢野通vsBUSHI:ピンフォール2カウントマッチ

SHOvsSANADA:サブミッションマッチ

オカダ・カズチカvs高橋裕二郎:1vs3マッチ 

 結果、先日の後楽園大会でデスペ、矢野、SANADA、オカダが勝利、神宮では4人の4WAYとなりましたが、このルールに私は物申したい。ハッキリ言ってどれも古いというか。思わず「昭和か!」と言いそうになりました。今や令和の今、平成の間もいろんな団体がいろんなルールを生み出してきたというのにどれも古典的なルール過ぎないか。

特にDDTは「EXTREME級」という、各選手がルールを指定できるベルトがあり、様々なルールが生み出されてきた歴史があります。それに海外団体でもいろんなルールの試合が生まれている昨今。いつまで2カウントマッチとか言ってるのかと。

というわけで、今回私が「KOPW2020」で採用して欲しかったルールを上げていきます。一部ルールじゃないのもありますがそれも大目に見ていただきたい。

スポンサードリンク

   

蛍光灯IPPONデスマッチ

www.youtube.com

ネットプロレス大賞でも高い評価を受けた「蛍光灯IPPONデスマッチ」

動画は朱崇花との大田区でのタイトルマッチですが、彰人と葛西純との間にも2017年に行われています。この試合形式は一般的な蛍光灯デスマッチと違い、一本の蛍光灯が用意され、その蛍光灯を自ら割ってしまったほうが負け。

互いに蛍光灯を避け合い、相手の攻撃を蛍光灯を使って防いだり、蛍光灯をフェイントとして攻撃を仕掛けたりと頭を使った攻防が繰り広げられる。ある意味デスマッチと正反対の頭脳戦が味わえるのが醍醐味でした。 

IPPONグランプリ18 [DVD]

IPPONグランプリ18 [DVD]

  • 発売日: 2019/12/11
  • メディア: DVD
 

 パンティ☆ハント虎の子ロープデスマッチ

www.youtube.com

この試合は、公認狂気として虎の子ロープ(あの工事中とかに使われるアレです)が認められ、それを互いの腕に巻き付けた状態で試合。通常のプロレスルールに加え、互いが(コスチュームの上からですが)履いているパンティを奪うことでも勝ちとなる特別ルールです。

レスラーが下着を脱がすというシチュエーション、そこにチェーンデスマッチの要素も加わってます。この試合では、アントーニオ本多の履いたパンティが紐パン可と思いきやしっかりとゴムでつながっているという裏切りも。レスラーの夜の顔も伺えつつ駆け引きを楽しめる試合。オカダVS裕二郎とかでやって欲しかった。

スポンサードリンク

   

 3カウント取られたほうが勝ちマッチ

www.youtube.com

そして3つ目は2019年3月21日、HARASHIMAとマッスル坂井の間で行われた「3カウント取られたほうが勝ち」マッチ。この試合は3本勝負で、このルールは最後に採用されましたが面白かったんで上げてみました。

従来のプロレスとは全く真逆でありながら、実は結末を見ると従来のプロレスと同じになるというコペルニクス的転回を見せてくれた試合でした。なんというか、フォールってこういうことなんだな、とちょっと思わせてくれたというか。「気づき」のある試合でした。そんな偉そうなもんでもないですが。  

時限爆破!怪談新沼袋デスマッチ

そして今回の神宮大会、「夏」といえば「怪談」というわけでこの試合。リング状に今林久弥氏が選手とともに上がり、一定時間が過ぎると強制的に怪談が読まれる、という怖い話が苦手な人にとっては最悪の試合形式。今年はコロナ禍の中、夏らしいことの出来なかった人も多い中、夏らしさを演出できるんじゃないでしょうか。

ちなみにこの試合、怪談から猥談、そして「デスマッチ」という流れが秀逸すぎて個人的にかなり好きな試合です。ハッキリ言ってこのためにWrestleUniverseに加入してもいいくらいの名勝負。ズバリ言って、公開しても一切責任は負いません!

スポンサードリンク

   

球場全体使用!スタジアムマッチ

www.youtube.com

そして最後は今年の5月、アメフト用スタジアムを貸し切って行われたAEWのスタジアム・スタンピードマッチ。AEWとINNER CIRCLEの対抗戦として行われたこの試合、無観客なのをいいことにやりたい放題やってます。フィニッシュも凄い!詳細は以前エントリにしたのでこちらを参照してください。せっかく球場使うんだからこれくらい好き勝手やっていただきたい。神宮は期待してます! 

otokoman.hatenablog.com

 

というわけで5つルールを上げてみました。KOPWの詳細を見たときに、オカダもまだ若いのにルールは保守的だな・・・。と思ってしまったのでこのエントリ書いてみました。もっといろんなプロレスを味わい尽くしたい。そんなレスラー、団体がいろんなルールを作り、いろんな試合形式を試し、成功したり失敗したりしている。新日本プロレスももっといろんなルールを考えて、もっとプロレスを広げてほしい。ついそんなことを思ってしまいました。というわけで今回は以上です! 

レッスルキングダム14 2020.1.4&1.5 TOKYO DOME [DVD]

レッスルキングダム14 2020.1.4&1.5 TOKYO DOME [DVD]

  • 発売日: 2020/05/27
  • メディア: DVD
 

 私このたび拙いながらYOUTUBE始めました。お暇なら御覧ください!

youtu.be

参考エントリはこちら。聴きにくい!という方はこちらをご参照ください 

otokoman.hatenablog.com