男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

いよいよ今週末。「マッスルマニア2019」マッスルとは何なのか?

f:id:otokoman:20190212224033p:plain

 いよいよ今週末2月16日に迫ったマッスルマニア。もちろんチケットをゲットした私。なぜかというと、しばらくプロレスから遠ざかっていた私がプロレスに戻るきっかけをくれたのがこのマッスルだったから。

全日本プロレスの四天王時代からプロレスに入り、新日本、全日本女子と見てからのUWF、リングス、パンクラス、Uインターに転んで格闘技、PRIDEに・・・。とどんどん転んでいって、あまりプロレスを見ない生活を送っていた私。そんな私の頭をパッカーンと開いてくれたのが「マッスル」だったのです。

 

何をやるのかわからないまま始まる試合、悪ふざけが転がっていく展開、どんどん変わっていくゴール。そして爆笑しているうちにいつのまにか感動している興行。天才、マッスル坂井が作り上げる世界。試合と寸劇の境目すらも曖昧になっていくカオス。プロレスという興行形式を借りた悪ふざけの塊、それがマッスル。というわけで、とりあえず現状でわかっている情報をあげていきます。

 

マッスルマニア2019 興行情報

マッスルマニア 2019 in 両国~俺たちのセカンドキャリア~

日時:2019年2月16日(土) 開場16:00 開始17:00

 

参戦決定選手
マッスル坂井、男色ディーノ、アントーニオ本多、ペドロ高石、趙雲子龍、ヤス・ウラノ、大石真翔、大家健、藤岡典一、鶴見亜門、アンドレザ・ジャイアントパンダ


出演決定ゲスト
山里亮太、クロちゃん、純烈、宇多丸(乾杯のご発声こと開会宣言)

 

決定対戦カード
○ペドロ高石引退試合
※対戦カード未定。

 以上!少ない!まあ、マッスルの性格上、カードが全部決まって試合が始まる、というようなものではないので発表できる事柄が少ないのはしょうがない。

 そのかわりといってはなんですが、「マッスルマニア2019特別サイト」が制作され、日々更新されています。リンクは↓のロゴマークをクリックしてください。http://sports.geocities.jp/ddtpro_peter/logo.png

 マッスルマニア2019 in 両国~俺たちのセカンドキャリア

いにしえのHP(まさに、リアルタイムでマッスルが行われていたときのような)に選手紹介、掲示板、日替わりコラムがあるだけのシンプルなサイト。そのコラムに、選手たちやマッスルに思い入れのある記者(三田佐代子さん、鈴木健.txtさん)が文章をよせています。ちなみに三田さんのコラムは掲示板の中にありますので是非一読をオススメします。一部引用しますが、個々に少しでも刺さった方はぜひ全文をお読みください。(改行は私が入れています)

余白の少ない青春時代を過ごしてきた自分にとって、マッスルは男の子たちの放課後を垣間見ているような楽しさがあった。みんな同じマンガを読み、同じようなお笑い番組を見て、競い合うようにアイデアを出し合っている、そのわちゃわちゃした関係を見るのが楽しかった。

「こんなことしたら面白いんじゃない?」のアイデアが、そこには無数にあった。スラムダンク、WCW、仮装大賞、笑点。そしてそこにはプロレスがなければならなかった。

アントンと東郷さんの拳の交わし合い、726の絞り出すような叫び、そして誰より、マッスル坂井がプロレスを欲していた。マッスルが世の中の感度の高い人たちの間で教養のように語られ、マッスル坂井自身が時代の寵児となり、興行がどんどん先鋭化していってもそれでも繰り返しマッスル坂井は「プロレスがしたいんです」と語っていた。

でも限界だった。青春は終わり、マッスル坂井は父となり、マッスルは終わったのだ。 

 そんな青春の続きなのか。おじさんたちの回顧録になるのか。そんな「マッスル」が両国でやる、というだけでマッスルを見ていた私達は行かざるを得ないわけですが、しかしこの感情はなかなか見ていない人たちと共有しづらいし、なかなかその面白さ、凄さを伝えられないもの。それでもやはりこの面白さを広く共有していきたいもの。手元にDVDがあったので、2008年、1月3日に行われた「マッスルハウス5」から面白場面をピックアップしてみます。

 

マッスルハウス5を超ざっくり振り返る

f:id:otokoman:20190212031258p:plain

後楽園ホールにリングを2つ設置して、ベビーフェイス軍とヒール軍で全く同じ動きを再現してみたり

f:id:otokoman:20190212031535p:plain

そこから、「サムライで中継してるので、ネットでバズる試合をしなきゃいけない」と、ネットで流行りの要素を試合に取り入れてみたり

f:id:otokoman:20190212031629p:plain

休憩時間が終わったらステージが学園モノになっていて、GURENTAIの面々とプロレスについての授業を繰り広げてみたり。

 

数々のバカバカしい仕掛けが対戦カードと関係なく(仕掛けによって対戦カードがどんどん変わっていくので、全くカードが意味をなさない・・・。)繰り広げられる「マッスル」ワールド。

 

しかし、ここで終わらないのがマッスル。ここからメインのシリアス展開。とにかくジェットコースターのように流れていき、そして「あること」が発表される。そしてそのことにより、あるレスラーが頑張りを見せ、そして涙、涙のエンディングに。

f:id:otokoman:20190212032804p:plain

f:id:otokoman:20190212032816p:plain

この展開は本当に凄かったので、なんとかしてどこかで放送してほしい・・・。と思ってたらサムライで再放送しててしかももう終わってた。悲しみ・・・。

 

しかし、今週もサムライTVでは過去のマッスルを放送予定。そのラインナップは

2月12日 13:00~マッスルハウス6

2月12日 15:00~マッスルハウス7

2月13日 15:00~マッスルハウス8

2月14日 15:00~マッスルハウス9

2月15日 15:00~マッスルハウス10

となってますので、ぜひ見ていただきたい。もう10年近く前のコンテンツですが、今見ても充分面白いし衝撃的だと思います。

www.samurai-tv.com

スカパー・オンデマンドならアンテナ工事なくても大丈夫!月1900円! 

 マッスル再び、#大家帝国興行

そして、近年行われた「マッスル」といえば、「#大家帝国」興行。2015年、DDTの「両国ピーターパン」での棚橋弘至vsHARASHIMAでの棚橋発言「横並びに見てもらったら困る」発言に端を発し、DDT総選挙で一位になったササダンゴマシン、ディーノ、大家の「#大家帝国」がユニット一位となり、自主興行の権利を獲得。

otokoman.hatenablog.com

otokoman.hatenablog.com

そして、DDTも新日本プロレスと団体間交渉を行い、棚橋弘至の出場にこぎつけることに。いよいよ2015年11月17日、後楽園ホールでHARASHIMA&大家健VS棚橋弘至&小松洋平が決定しました。

otokoman.hatenablog.com

南海キャンディーズの山里亮太による「手相撲」。そこそこスベらされた山里ですが、今回クロちゃんとともに出演決定しています。今回もスベらされるのか・・・。

otokoman.hatenablog.com

そしてセミファイナルはマッスル坂井VS竹下幸之介のシリアスなシングルマッチ。とおもいきやまさかのスローモーションに。最後にマッスル坂井が竹下にエールを贈って終わる、という美しい締めに。

otokoman.hatenablog.com

そしていよいよメインに。大家健が頑張り、四者がぶつかりあういい試合となりましたが、見てほしいのはなんといってもエンディング。驚愕のエンドを迎えてまさかのハッピーエンド。いや凄かった。凄いもの見た。凄かった・・・天才としかいいようがないです。

otokoman.hatenablog.com

 #大家帝国興行はDVD化されてます。もちろん私は即買いしましたが、プレミア価格で出てるのもあるのでご確認の上ご購入ください。

 そしてDDTの映画第二弾のネタにも。爽やかにまとまってます。

www.youtube.com

DVDはこちら。

www.ddt-shop.com

 

まとめ

と、少しでも伝わったかどうかわかりませんが、このような凄い興行をやってきた「マッスル」が今回復活。今回、どのような物を見せてくれるか全くわかりませんが、しかしできるだけ「マッスルというすごいものがあって、今回それが両国で見れる!」ってことを言いたくてこのエントリを作成しました。

チケット、興行の情報はこちらのページから。2・12時点でまだチケット全然あるはず!さあ、両国国技館でボクと握手!