男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

今成夢人、大谷晋二郎に激勝!7・5 ZERO1「第17回 天下一Jrトーナメント2020」開幕戦観戦記

f:id:otokoman:20200729010736p:plain

世の中まだまだコロナ渦で自粛ムードの7月5日、私は新木場1st RINGに向かっていました。その目的は、ガンバレ☆プロレス今成夢人の天下一Jrトーナメント参戦を見届けるため。そして、それを知ったのはtwitterで見たこの動画でした。

www.youtube.com

 この凝ったムービーで参加決定した今成夢人。そして一回戦の相手は大谷晋二郎!これは行くしかない!ちなみに、大谷と今成の対戦は、去年の2月、ガンバレ☆プロレスでシングルマッチが実現してます。動画はこちらから。大谷晋二郎が今成夢人を認めたものの、この時点では純然たるチャレンジマッチ、と言われても仕方ない試合でした。

www.youtube.com

でもあれから一年半経っていて、今成の身体もかなり厚みを増している。今度こそ!と思っていたんですが、ゼロワン自体に不吉すぎるニュースが駆け巡ります。それがこちら、日高郁人、佐藤耕平、高岩竜一という主力三選手の脱退が発表されました。大丈夫かゼロワン!

www.tokyo-sports.co.jp

 

というわけで会場に。新木場1st RINGはコロナ対応で厳戒態勢。チケットには連絡先を記入、入場列もソーシャル・ディスタンスを守っての入場。客席も間を空け、休憩時間にはシャッターを開けて換気するなど万全の対策をとっての開催となりました。

f:id:otokoman:20200705115555j:plain

そして、会場に入るとリング上には天下一ジュニアのトロフィーが鎮座。スポットで照らされたトロフィーがリング上に浮かび上がる。いやがおうでもテンションが上がろうというものです。

f:id:otokoman:20200705115956j:plain

そしてオッキー沖田の注意事項、前説からまずは天下一ジュニアの入場式。もちろん我らが今成夢人も参加します。後ろの方だったんであんまりちゃんと撮れませんでしたがかなりの緊張っぷりが伺える表情。f:id:otokoman:20200705120955j:plain

そして興行開始。何試合か行われて休憩に。休憩時は新木場1st RINGのシャッターが開くというレアな光景も見れたりしました。

f:id:otokoman:20200705132922j:plain

 

そして休憩後にいよいよ待望の今成夢人VS大谷晋二郎の一戦が開始!まずは今成夢人入場!深々と一礼してからコーナーに向かう時のこの表情。この緊張感! 

f:id:otokoman:20200705134119j:plain

 そして大谷晋二郎入場!この貫禄!さすがミスターゼロワン。互いに球を持って入場。勝者に敗者が球を渡していき、優勝者がすべての球を手にする、というあからさまにドラゴンボール的なシステム。これを大真面目にやるところがゼロワンの魅力、と言っていいでしょう。

f:id:otokoman:20200705134254j:plain

スポンサードリンク

   

試合開始とともに睨み合い、静かにしばらく睨み合ってからガッチリと組み合う二人。力のこもったロックアップ。組む時の「ぐわし」という音が聞こえてくるようで、観る方も思わず力が入ります。今成夢人に対して真っ向勝負を挑む大谷晋二郎。二人の熱さが伝わってくるロックアップ。

f:id:otokoman:20200705134411j:plain

 そこからフェイスロック、首4の字と繋げてペースを握っていく大谷。一つ一つの技への気合を感じる表情。しっかりと今成に何かを叩き込んでいくような気合を感じます。

f:id:otokoman:20200705134511j:plain

しかしそこから首4の字を反転して返し、ヘッドロックに捉える今成。しかしすかさず返されて慌ててロープエスケープ。盤石の大谷晋二郎。しかしすかさず足を極めていく今成。逆にロープエスケープを奪って吠える!ただでは転ばない。やられっぱなしでは終わらないという気合。この試合にかける並々ならぬ気持ちが伝わってきます。

f:id:otokoman:20200705134859j:plain

そしてエルボーの撃ち合い、場外戦とにわかに試合は荒れ模様に。 そこから大谷が今成の足にターゲットを絞りロープを利してのレッグロックからの足4の字に。苦悶する今成。しかしすぐにまた殴り合う二人。戦略というより互いをぶつけ合う展開になってしまうのがこの試合でした。

そして何が凄いって、大谷晋二郎が今成夢人を「夢人」と叫びながらエルボーを叩き込んでいくこと。あの大谷晋二郎に!

f:id:otokoman:20200705135621j:plain

そしてこの流れから大谷得意の顔面ウォッシュに!久々に見た!さすがにテンション上がる!ガンバレ☆プロレスの今成夢人がこれを受けてるのにもグッときてしまう私。もはや見る側もエモくなっている・・・。

f:id:otokoman:20200705135724j:plain

しかし、この試合は天下一ジュニアトーナメントの一回戦。本戦が20分一本勝負、これで決着がつかなければ2カウントの延長戦に突入します。残り時間わずかながらも大谷の大技ラッシュ、エグい角度のバックドロップからジャーマン・スープレックスもカウント2!そして無常の時間切れ引き分けのゴング!

f:id:otokoman:20200705135522j:plain

そしてすかさず延長戦開始!いきなり今成が丸め込みを狙いこれはカウント1!すかさずエルボーを叩き込んでいく今成ですが大谷が逆襲、試合を極めに行く袈裟斬りチョップ!しかりこれはカウント1!カウント2で決着です!

f:id:otokoman:20200705135705j:plain

そしてドラゴンスープレックス狙いのところをスルっと抜け出した今成がサムソンクラッチで丸め込むとカウント2!今成夢人勝利!

f:id:otokoman:20200705135725j:plain

大喜びのセコンド陣と放心状態の今成、そして悔しがる大谷。信じられない光景が繰り広げられている・・・。思わずこちらも放心状態、おお・・・・。という感じです

f:id:otokoman:20200705135744j:plain

f:id:otokoman:20200705135800j:plain

そして大谷から球を受け取り感極まる今成。おお・・・・。

f:id:otokoman:20200705135850j:plain

f:id:otokoman:20200705135920j:plain

f:id:otokoman:20200705135940j:plain

スポンサードリンク

   

思えば、前回の一騎打ち後、大谷は「プロレスの教科書」を引用し、今なりにこうエールを贈りました。

プロレスの教科書165ページ!

強くても弱くてもいい!

かっこよくても、かっこ悪くてもいい!

プロレスラーであるならば!試合で自分自身の生き様を見せるんだ!

それが、本当のプロレスラーだ!

思えば、映像班兼ガンバレ☆プロレスでは大家健の右腕として闘ってきた今成。2018年に「今成革命」をブチ上げ、こう宣言します

もう二番手の人生は過ごさない!

映像班だからとかそういうのじゃない!

映像班でもトップを狙う!

大家さんはカリスマ、でも今は誰でもカリスマになれる時代です!

俺も大家さんに追いつけるようなカリスマになります! 

otokoman.hatenablog.com 

そして、その12月、満員にならなかったガンバレ☆プロレス後楽園大会後に藤田ミノルにその悔しさを叩きつけます

僕らは!もう弱いことを見せるとか、そういうことがしたいんじゃないんですよ!

生き続けてるってことを見せたいんですよ!

お前どうなんだよ?!お前も!弱いってなんなんだよ!

弱いってことを見せ続けてナメられて!そんなんじゃいけねぇだろ!

俺たち強くなっていいですかぁ?!強くなるんですよ!!ヴァーーッ!!絶対また後楽園ホール戻って来たいです!!絶対ガンバレ☆プロレス戻ってくるから!

俺がガンバレ☆プロレス引っ張ります!!  

otokoman.hatenablog.com

そして今年の初め、ガンバレ☆プロレス板橋大会ではその苛立ちをマイクにぶつけます

悔しいだろ!

他の団体に全部話題持って行かれて!

他の団体は後楽園満杯にして!

俺はスタッフとしてただ見てるだけなんだよ!

あぁ?俺だってプロレスやりてぇんだよ!(会場大歓声)

悔しいと思わねぇのかよ!

なあ!悔しいと思わねぇのかよ!

俺たちの番だろうが!

俺たちの番なんだよ、俺の番なんだよ!

だから、ガンバレ☆プロレス、2020年!そういう悔しさを全部、ぶつけていくから!ついて来てくれ!

otokoman.hatenablog.com

今成夢人が抱えてきた苛立ち、ガンバレ☆プロレスが抱えていた苛立ち、思うように行かない団体、しかしそのすべてを叩きつけた結果、今成夢人は大谷晋二郎に勝利したんです。ガンバレ☆プロレスを見続けてきてよかった、と思えるこの結果。素晴らしい試合、素晴らしい結果でした。プロレスラー今成夢人は、強いんです!

スポンサードリンク

   

そしてこの試合の他にも日高郁人送別試合、メインを飾った北村彰基vsドリュー・パーカーなどいい試合が続出だったZERO1。やはり逆境で光るのか。しかしこの日は今成夢人に尽きました。天下一Jr自体は二回戦敗退してしまった今成ですが、「大谷晋二郎に勝った男」となったのは確か。これからの飛躍、本当に期待してます。いや、いいもの見ました。つきなみですが生きる勇気をもらいました。ありがとうございました!