男マンの日記

マンガ、落語、お笑い、プロレス、格闘技を愛するCG屋の日記。

LINEスタンプ制作しました! 絶賛発売中!

store.line.me

6・6さいたまスーパーアリーナ「CyberFight Festival 2021」開催!見たいカードを考える。

f:id:otokoman:20210228013748p:plain

2月26日、サイバーファイトがYOUTUBE会見を行い、2021年6月6日にさいたまスーパーアリーナ・メインアリーナでサイバーファイト4団体(DDTプロレスリング、プロレスリング・ノア、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレス)が一同に会したイベント「CyberFight Festival 2021」を開催すると発表しました。記者会見動画はこちら。

www.youtube.com

会見全文はこちらです。マイペースでモーニング娘に東京女子を例える甲田代表、そしてガンバレ☆プロレス集会を始める大家健代表が印象的。

battle-news.com

高木大社長は、「基本的には各団体内の試合が中心」と語っていて、団体交流戦については未だノーコメントですが、どうせ集まるんなら普段見れないカードを見たい、というのが人情というもの。このご時世、6月にどこまで観客を入れられるようになっているかはわかりませんが、それでもこの時期にビッグイベントをやるということで各団体のショーケース的な役割になるはず。というわけで、個人的に見たいカードについて考えてみました。

   

総合格闘家3WAYマッチ 桜庭和志VS坂口征夫VS勝村周一朗

総合格闘技で活躍し、プロレスに活躍の場を移し、コンスタントに試合しているレスラーを集めた3WAYマッチ。とはいえ、桜庭は現状でもかなり関節技中心のスタイルで戦っていますし、坂口は蹴り技中心、というか気合で闘うファイトスタイル。そして勝村はぐっとプロレスに踏み込んでルチャなどもこなす器用さを持っています。この3人のプロレススタイルの違いを見てみたい、というのがこのカードを考えた理由です。

 

桜庭VS拳王ダイジェスト。今でもかなり総合寄りのスタイルであることがわかります。特に独特の関節技にはノア参戦後もさらにバリエーションが増えている印象。凄い。

www.youtube.com

ノーチラスVSイラプションのタッグタイトルマッチ。毎回殺気で相手を圧倒にかかる坂口征夫。カミソリのような切れ味。

www.youtube.com

そして勝村周一朗。現在放送中「俺の家の話」でもおなじみですが、関節技のバリエーションに加え、プロレス技の多彩さも特徴。ガンプロ以外にもフリーダムス、毒人興行などにも参戦。プロレスラーとしてしっかりと地位を築いています。

www.youtube.com

   

otokoman.hatenablog.com 

クリス・ブルックス&伊藤麻希VS今成夢人&まなせゆうな

やはりDDT系のビッグマッチといえば男女混合マッチ、というか、すっかり常連になっているNEO伊藤リスペクト軍は必須じゃないかと。このあいだのDDTカルッツかわさき大会でも、伊藤リスペクト軍の試合でWrestleUniverseのサーバーが落ちる、という人気っぷり。名古屋大会にも出場し、すっかりDDTビッグマッチの常連となりつつあります。

そして、そんな「男女ユニット」が他にあるか?というとひとつ、ガンバレ☆プロレスの今成夢人&まなせゆうなの「ぽちゃじょ」タッグしかないでしょう!

今成夢人が主催したぽちゃじょこと「ぽっちゃり女子プロレス」初回大会のメインに抜擢されたまなせゆうな。第二回でも重要な役どころで登場するなどまなせ=ぽちゃじょのエース、という存在でした。

まなせゆうながガンプロ入りしたことで同僚になった二人。タッグを組む機会も多く、息のあったコンビネーションもあり、なにしろ今成、大家に引っ張られたかまなせゆうなの試合中のテンションも高くなっていて、テンションで伊藤麻希を圧倒できるのはこの二人しかない!ということでこのカードを考えました。

 

DDTカルッツかわさき大会での6人タッグマッチ。NEO伊藤リスペクト軍、サーバーが落ちたでおなじみの大人気っぷりを発揮していました。

www.youtube.com

ぽっちゃり女子プロレス旗揚げ戦のメイン。まなせゆうなの秘めた力と投資が発揮された一戦でした。そしてぜひ興行の頭からWrestleUniverseで見ていただきたい。感動的なエンディングを迎えています。

www.youtube.com

   

otokoman.hatenablog.com  

otokoman.hatenablog.com 

拳王&マサ北宮&覇王&仁王VS竹下幸之介&MAO&上野勇希&勝俣瞬馬

シンプルに「金剛」VS「DDTサウナ部」の対決を見てみたいカード。ガチガチに作り込んでいるヒールユニット「金剛」と、DDTらしい「ユルさ」の象徴、同好会的なユニット「DDTサウナ部」の対決。DDT側もユルいとはいえ選手は若手のトップどころなので、ノア勢とのぶつかりあいを見てみたいところでもあります(中嶋勝彦はシングルのほうが光りそうなので除外)

もっと言うならば、「ひらがなまっする」のユニット、「必殺技男子」VS「金剛」も見てみたい組み合わせでもあります。そこまで振り切ってこそイベントの意味があるようにも思いますがさすがに攻め過ぎか。でもちょっと見てみたい。「プロレスの向こう側」とゴリゴリのヒールユニット金剛の邂逅。なにか新しいものが生まれそうな気がしてきました。

   

まとめ

あと3ヶ月後のこのビッグイベント。GHCヘビー、KO-D無差別級、プリンセス・オブ・プリンセスの3大タイトルマッチはやる予定とのことなので、それ抜きに見たいカードを考えてみました。また思いついたら追記していきますので、これ読んだ方も考えてみてください。今から楽しみ!